2010-08-18

真夏の納涼動画番外編(稔のお宝ボイスおまけ付き)


この記事の一つ前に出した真夏の納涼動画三本立てという記事、ご覧いただけたでしょうか。
まだという方はそちらの記事に先に目を通してからこれを見てもらえると流れがわかりやすいかと思います。

8月も下旬になると少しずつ秋の気配を感じたりするものなんですが、まだ暑い!とにかく暑い!!
まだまだ残暑は厳しいざんしょ?

ヒュウウウゥゥゥゥ~~~~ 台風


・・・またまた寒くなったところで前回紹介できなかった動画を見ていただきましょう。
お気に入りに入れてあったままのものを久しぶりに見たのですが、なんとコレ、ブライアン・オーサーのTVスペシャルの中の企画でした!!
全然覚えてなかった!ネタの神様が降りてきてくれたのかしら。ふふふ^^
もちろんトーラー・クランストンの方が大先輩であるのですが。
冒頭にドーラン塗りたくった感バッチリのオーサーがこちらをじっと見つめてくれます。
じっとあなたを・・・

Toller Cranston - 1989 :"Tales From The Vienna Woods"

「Tales from the Vienna Woods Op. 325(ウィーンの森の物語)」 
Johann Strauss II 

トーラー・クランストンをご存じない方に簡潔に説明しますと、カナダ出身の1976年インスブルック五輪の銅メダリストで、金メダリストのジョン・カリーとともに男子フィギュア界の芸術性を一気に高めたと言われる選手です。
振付師としても著名な方で、もう15年くらい前になりますが、中国のルー・チェン(陳露)が世界選手権で優勝した時に滑っていた「ラスト・エンペラー」、これは彼による振り付けなんです。
荒川静香さんがまだ16才の時に出場した長野五輪、この時の演技も彼の振り付けです。
現在は振り付けのお仕事もたぶんされてないと思います。
現役時代から絵を描くのが趣味で、数年前から芸術家の活動をされてます。
みどりやカートが活躍していた頃のカナダ放送の動画には解説者としてよく出ていました。

では動画の方に話を移しましょう。
王様の前で演技を披露してます。
  090917tt_bigger.gif ・・・え!?

どういうシチュエーションなんだかよくわかりませんが、「そちのスケートで余を満足させてみよ」てな感じでしょうか。
王様も女王様も寒いなかご苦労様です。
それはともかく、このキャメルスピンのポジション、見てくださいよ!!
本当にこの時代の選手はスケーティングが美しい。無駄がない。

トーラー様の演技は一度見たら忘れられないくらいとても個性的で濃いんです。
全然古臭くないんです。
いつか必ずこの方を取り上げたいと思っていましたが最初がコレになるとは思ってませんでした。
またじっくり特集します。




さて、こちらはトーラー・クランストン、ジョン・カリーがメダルを獲得したインスブルック五輪に日本代表として氷上土俵入り演技を披露した(マジなんです!しかも雲竜型)われらが稔の歌手デビューシングル。(のはず)
A面B面の音源に映像部分は私なりの解釈で勝手に仕上げたものであります。
・・・え、なんでここで稔が出てくるかって?
ここまでの流れ、覚えていますか?

ニッキ → オーサー → 加山雄三

これを頭に入れた上で次の動画をご覧ください。
デュエット相手の渡辺さん(初期のビバ!アイスワールドにも参加)の破壊力ある歌声もひとつの個性です。
決して途中で聴くのをやめないでください。
(ニコ動に出した同じ動画はコメントが最初に集中していて、きっと最後まで聴いてない人がほとんどだと思われる)
そう、この動画は中頃からが本番なのです。
最後の最後まで見てね。

君がいるから c/w 星空のバラード(素晴しき稔の世界)


・・・・・
いかがだったでしょう。
なぜこの動画がこの記事に入っているのか理解できたでしょうか。

この動画はもう少し後で取り上げることになると思ってました。自分でもまさかの展開。
これがブログの面白さってやつなのかもしれないなぁ。はは。
イケメンですねぇ。若い頃は。超イケメン。
誰の話?どっちもです^^

これ以上はネタバレになるので動画を見た後でご感想お待ちしております。
バカっぽいですねー。こういうの大好きなんでごめんなさいね。


それからこの稔レコードの音源は、つべで主に昭和歌謡を沢山アップされている方にわざわざ探しだしていただいた大変貴重なものであります。
昨年、これとは別のシングル曲、「さよなら そしてアゲイン」をあげてくださって、それを王様情報で知り、私が図々しく問い合わせたところ、快くこのシングル及びアゲインのB面までアップしていただきました。
現在はページを再構築されてるので以前よりはまだ少なめですが(それでもすごい数!)、昭和歌謡のヨダレモンのマニアックな音楽がジュークボックスのように楽しめます。
あなたが探していたあの頃の音と風景に出会えるかもしれませんよ。

アップ主様、この場を借りてお礼申し上げます。
この方なくしては稔動画は作れませんでした。
沢山ネタに使用させていただきました。ありがとうございます。




さらにおまけ。大ちゃん外回りCM。


横浜の赤レンガ倉庫の前に特設リンクを作って撮影されたとか。
納涼動画の天然リンクとは違いますが、屋外リンク繋がりで話題に出たついでに。
東京世界選手権で銀メダル獲った大ちゃんに上戸彩が「オロナミンC型ケーキ」を宣伝絡みで送ってましたねぇ。



2010年8月19日追記

またまたニッキ風王子様時代のオーサー。

fame_15_f.jpg

本当に王子様みたいで・・・ねぇ。
それが今では

とぼけた顔してババンバン~

yuzo 10_R.jpgjun 2_R.jpgorser 3_R.jpgjun 4_R.jpgorser 10_R.jpg
yuzo 7_R.jpgorser 4_R.jpgjun 5_R.jpgorser 9_R.jpgyuzo 4_R.jpg
orser 1_R.jpgyuzo 8_R.jpgorser2_R.jpgyuzo 2_R.jpgjun 6_R.jpg

どうしてこうなった・・・



2010年8月20日追記

今回は雄三さんでも順さんでもありません。
稔レコードアップ主様から貴重な情報を提供いただきました。

「君がいるから c/w 星空のバラード」 発売日 1978年2月5日
渡辺しのぶさん略歴
昭和34年10月18日生れ
 1975年/全日本フリー選手権大会優勝
 1976年/世界選手権ジュニアフリーメダリスト

全日本での成績は3位→3位→2位→3位、となっています。
渡部絵美さんバリバリの全盛期ですからなかなか大変ではあったでしょう。
現在はアメリカでコーチ業をされているそうです。
稔と関わったばかりに30年も経ってこんなところでネタにしちゃってごめんなさい。


 真夏の納涼動画三本立て
 真夏の納涼動画番外編(稔のお宝ボイスおまけ付き)


8 件のコメント :
  1. えっ! えっ!? えっっっ???
    この動画、中盤以降にこんなことが!?!?
    知らなかった知らなかった知らなかったよ~。
    みみみみ、稔!
    必ずオチに来る鉄板な男。
    ミスター・フィギャー。
    外さない! 稔は外さないな~。
    驚異の打率\(◎o◎)/!

    返信削除
  2. ��みどろ様
    レコードジャケットをずっと映してるだけでは元のアップ主様と同じ動画になってしまうのでこうなったわけです。
    ネタバレを最初から書くとつまんないなーと思って説明文にあえて書かなかったのは失敗だったかなー(最初の一曲はあえて変化なしにしたのも)と思ったりもしたのですが、これがRQ流なのでw
    でも、この動画アップした直後にアシュリーから例のメールが来たのですよ。
    こんなアホアホ動画を出したすぐ後。
    もちろん驚きと共にうれしかったんだけど、こんな動画作るような人間で申し訳ないっていたたまれない気持ちにもなりました・・・

    返信削除
  3. うわー、実はクランストン氏はちょっと見るのが恐ろしい、「男なのにクネクネしていて驚いた」みたいな古参フィギュアファンのブログ読んでから、変な先入観があって、見たことなかったんです!あとあのいかにも70年代な立派なモミも気になって・・・。でも見てみたら、いいじゃないですか~!ちょっとウィアーっぽい?でも動きはクランストンさんのほうが良いかも・・・。荒川さんとは直接一緒に仕事をしたわけですけど、クランストンがオーサーなどに影響を与えているのだとすれば、日本人のメジャーどころだとオーサーと同門だった本田武史さんや、後輩の織田君にも脈々と受け継がれていることになりますね。
    ��オーサー
    寒冷地で顔色が白くなっているのにこのドーランと濃いチーク!なんだかあんたはデュランデュラン(イギリスのビジュアル系バンド)の一員か、思いました。
    まあ~あんなことやこんなことがあって今に至るわけですが、栄養が良いのはよい事ではないでしょうか!
    ��雄三
    佐野さんの歌、雄三風なんですね。この時期で雄三風というのはどうだったんでしょうか・・。そういえば佐野さんより後に出してると思うんですが、原辰徳のシングルも雄三風でした。イケメンさわやかスポーツマン=雄三路線で!という感じだったんでしょうか(パンチパーマ系野球選手や相撲取りは演歌で)。

    返信削除
  4. オーサーのエンディングにホレボレ☆
    絵本になりそうな構図が、確かに現実だと女王様も寒いでしょうね~。でもやはり…実写のリンクはカッコイイなぁ。
    って…オーサー!!若大将!! バンバンババ~

    返信削除
  5. ��Canary様
    その古参ファンがどういった方かは知りませんが、趣味感じ方は人それぞれですからねぇ。
    そして「あの人がああ言ってるんだからそうなんだろうなぁ」と思ってしまいがちなのもまた人間。
    だけど今はありがたい事に昔の動画も見ようと思えば案外見つかるんです。
    先入観を破ってトーラー様を見るきっかけを作れてうれしいです。
    でもこの動画なんかはまだまだライト級ですね。
    今度ヘビーなやつを用意しましょう。きっとノックダウンされますよw
    カナダの後輩男子選手はほぼ間違いなくこの方の影響を受けていると思われますよ。
    特にエマニュエル・サンデュあたりは。
    あまたつーっ!じゃなかった、原辰さんも「ジャイアンツの若大将」と呼ばれていた記憶がありますが、マスコミが勝手に名付けただけかもしれませんね。
    原辰さんのレコードは知りませんが、原辰アイスっていうのは発売されてました。
    そういえば70年~80年代のスポーツ選手はやたらレコード出してた気がします。売れもしないのにw
    でも私は30年後にフル活用。
    実質何枚ぐらいの売れ行きだったんだろう・・・アイスショー会場で売ってたのかもしれないなぁ。

    返信削除
  6. ��あんドーナツ様
    どうです?ランビと愉快な仲間たちに負けないカオスな画像でしょ?w
    王子様オーサーの腰周り見てくださいよ!
    今じゃ二倍二倍~・・・とほほ。
    北海道は暑さの方はどうですか?
    ちょっと前、沖縄より気温が上って言ってて冗談かと思いました!
    道産子はみんなスケート滑れて当たり前!てな事もないでしょうがそれなりに滑れる人の比率は高そうですね。
    どこかでゴジラ対若大将見られないかなー。

    返信削除
  7. みやすけ2010/08/21 14:03

    結局オーサー⇒井上順⇒加山雄三に全部持ってかれちゃってる私の感想・・・稔をも上回るって!!
    ここに井上順が入っても何のの違和感もないんだ~。
    カックラキン大放送ですねぇ~(?)
    マッチのスリッパ刑事とかありましたね(笑)
    で最後の外回り大ちゃん。
    営業マンにしてあのフリフリブラウスって!?
    でも似合う。ってか、大ちゃんだから許される。
    あのジャンプはやっぱりフリップかなー。(入りがよく見えないんだよねー。)
    ��・・確かに蟹江敬三⇒ランビに匹敵してるかも。

    返信削除
  8. ��みやすけ様
    納涼動画も本当はカート&タノ様メインで見てもらうつもりだったんですが、なんでこんな事になってしまったんでしょう。
    あ、ニッキ→仮面ライダーの仮面舞踏会って私が書いたからかw
    大ちゃんCM、最初のは4Tかな?って思ってたんだけどどうなんでしょう?
    約3年半前のCMですね。フリフリ王子。
    オーサーと愉快な仲間たち画像、みんな元はイケメンなんです。元は。区別つきません。年齢を重ねるとなぜみんな鼻の頭と頬が赤くテカるんでしょう。
    稔のレコードはこの後に出したものがもう二曲あるのですが、これよりはうまいです。
    渡辺さんに引きずられたんでしょうねぇ・・・なぜデュエットで出さなければならなかったんでしょう。
    今はこの二曲が頭の中をグルグル駆け巡ってます。
    ♪さっびしっいあっさは~~

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...