2011-09-08

クリスタルアイスの仮面 第18話「氷上あらし 3」








ゴロン・・・

(イメージ画像)



その瞬間、ミドリはあの日見たあの光景を思い浮かべていた。

(笑顔で堂々と中の人をさらけ出したあのスケーター。
 あの勇気。あの笑顔。あれよ、あれだわ!!)

1992PIW ゆるフィギュ フィナーレ中の人 1_R.jpg


ミドリは氷上に転がり落ちた頭を拾い上げ氷カスを払い、
ネズミーマウスのテーブルにそっと置いた。

「おじさん、10数えた?
 もういいよ、そっと目を開けて!」



(…? うわあああぁぁぁぁぁ!!)  
ドスンッ!!
台本とはまるで違う事態に
ネズミーマウスの中の人が椅子からズリ落ちて尻餅をついた。



 …プッ! クスクス

まさかの展開に思わず観客が笑い出した。



「ほんに中の人も楽でねぇ。
 はい、おじさん、

 本当にあげたかったのはコレ。
 観客のみんなー、

 今日の出来事はナイショだよ、シー!」


* ´ 3`)b



……ぷっ!

  わはははははははー 

「いいぞー、チビネズミー!!
 ヒューヒュー!!」


観客は中の人ミドリが丸見えになったミドリーマウスを
スタンディングオベーションで称えた。




「な、なんて子だ!!
 業界最大のタブーを逆手にとって観客の心を鷲掴みにしてしまった!」

「むしろ最初からこんなストーリーだったかのように演じてしまったわ」

「なんて舞台度胸… やはりあの子只者じゃないわ…」






ぐ、ぐ、ぐやじぃ~~~~!
なんでこうなるのよぉー!




(つづく)



この物語はフィクションです。 
実在の人物、地名、団体名等と似てる気がしても気のせいです。



連載はじめます、夏。
第1話「運命の出会い」
第2話「運命の鍵 1」
第3話「運命の鍵 2」
第4話「運命の扉 1」
第5話「運命の扉 2」
第6話「千の技を持つ少女」
第7話「見えない翼 1」
第8話「見えない翼 2」
第9話「きっかけ 1」
第10話「きっかけ 2」
第11話「きっかけ 3」
第12話「炎の階段 1」
第13話「炎の階段 2」
第14話「試練 1」
第15話「試練 2」
第16話「氷上あらし 1」
第17話「氷上あらし 2」
第18話「氷上あらし 3」
第19話「氷上あらし 4」
第20話「試練 番外編」



2 件のコメント :
  1. 本文に書けないのでココで補足を。
    なんと7ヶ月ぶりのクリカメです。
    試合記事の合間に出していたのが徐々に重要な試合の記事優先になり、その内出すタイミングを逃したままになってました。
    これまでのあらすじでも書こうかとも考えていたのですが、今それをする余裕もなく、やっても中途半端になってしまうので、以前の話をすっかり忘れてしまったという方は(ほとんどの方はそうだと思いますが[Em163])記事下にある【クリスタルアイスの仮面の最新記事】、クリスタルアイスの仮面タグから過去記事を辿ってみてください。
    あと数回書き溜めてあったものがありますが、それ以降はまだ未定です。
    このまま放置はしない(予定)つもりですので気長にお待ちくださいませ。
    ・・・ってこれ楽しみにしてくれる人ってどれぐらいいるんだか?
    でもあたしやるわ!きっとやってみせます!
    見ていてください、村さ来のバラのひと・・・!
    今データがなくならないように慎重にあれこれやってるので、もうちょっと時間ください。

    返信削除
  2. お~、久しぶりに続きが出てうれしいです。そんなところも本歌取りだったりして^^(国文科出身です)
    このあとどんな風に周りや観客を考えられるスケーターになるのか楽しみです。
    ��Cの問題が早く解決しますように・・・

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...