2011-11-19

2011年 エリック・ボンパール杯 女子日記帳


これから2011年エリック・ボンパール杯を増殖記事にしていきます。
男子 ペア/アイスダンス 女子 エキシビション

 タイムスケジュール
 sportsnavi 主要大会・日程・結果
 オンラインリザルト
 INFOS BOMPARD 2011  

 【まとめ】グランプリシリーズ第5戦:エリック・ボンパール杯(スポナビ編集部セレクト)


女子SP  リザルト プロトコル

SP1位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 62.04
SP2位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 59.70
SP3位 アリッサ・シズニー(アメリカ) 57.25
SP4位 村上佳菜子(日本) 55.77
SP5位 ビクトリア・ヘルゲション(スウェーデン) 54.16
SP6位 マエ・ベレニス・メイテ(フランス) 50.49
SP7位 ソニア・ラフエンテ(スペイン) 49.51
SP8位 イリサ・シリテ(フランス) 48.25
SP9位 レナ・マロコ(フランス) 43.95

1位エリザベータ・トゥクタミシェワロシア62.04
2位カロリーナ・コストナーイタリア59.70
3位アリッサ・シズニー米国57.25
4位村上佳菜子日本55.77
5位ビクトリア・ヘルゲションスウェーデン54.16
6位マエ・ベレニス・メイテフランス50.49
7位ソニア・ラフエンテスペイン49.51
8位イリサ・シリテフランス48.25
9位レナ・マロコフランス43.95
実況 | スポーツナビ 


女子フリー  リザルト プロトコル 最終結果

1位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 62.04(1) 120.85(2) 182.89
14歳GPS初参戦でいきなり2連続優勝!!おそろしあ~。
でもソチ五輪までが一番体型変化の気になるお年頃。
そういう選手も多々見てはきたけど、確かにリーザには特別な何かを感じる。
ずんこがよく言う「降りた後に流れがあります」って、この子になら何度でも言っていいよって思ったわ。
あ、やっぱりうるさいかなw
今は「14歳の今しかできない事」をやってほしい。

2位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 59.70(2) 119.62(3) 179.32
3位 アリッサ・シズニー(アメリカ) 57.25(3) 121.90(1) 179.15
4位 村上佳菜子(日本) 55.77(4) 105.54(4) 161.31
「プログラムを変更するかもしれない」って報道を見たけど、変えるのならこのフリーは残してほしい。
ちょっとあのSPとではバランスが取れてない感じがする。
3Lo、跳ぶ直前にクッと腰を落とす、あの微妙な感覚が自分で掴めれば大丈夫。いい3Loでした。

5位 ビクトリア・ヘルゲション(スウェーデン) 54.16(5) 100.74(5) 154.90
6位 マエ・ベレニス・メイテ(フランス) 50.49(6) 94.95(6) 145.44
7位 ソニア・ラフエンテ(スペイン) 49.51(7) 86.81(8) 136.32
8位 イリサ・シリテ(フランス) 48.25(8) 87.65 (7) 135.90
9位 レナ・マロコ(フランス) 43.95(9) 83.02(9) 126.97

1位エリザベータ・トゥクタミシェワロシア182.89
2位カロリーナ・コストナーイタリア179.32
3位アリッサ・シズニー米国179.15
4位村上佳菜子日本161.31
5位ビクトリア・ヘルゲションスウェーデン154.90
6位マエ・ベレニス・メイテフランス145.44
7位ソニア・ラフエンテスペイン136.32
8位イリサ・シリテフランス135.90
9位レナ・マロコフランス126.97

FPl.NameNationPointsSPFS
1Elizaveta TUKTAMISHEVA
RUS
182.8912
2Carolina KOSTNER
ITA
179.3223
3Alissa CZISNY
USA
179.1531
4Kanako MURAKAMI
JPN
161.3144
5Viktoria HELGESSON
SWE
154.9055
6Mae Berenice MEITE
FRA
145.4466
7Sonia LAFUENTE
ESP
136.3278
8Yretha SILETE
FRA
135.9087
9Lena MARROCCO
FRA
126.9799
実況 | スポーツナビ
  

6 件のコメント :
  1. シリテの衣装になぜかボナリーを思い出しました
    http://www.youtube.com/watch?v=KGNrXT6NRdg
    ��93ラリックトロフィー。場内で演技中に解説のアナウンスが入るのが印象的。客席の印象は今と変わらない(今年よりは客が入ってるが…)、けれどもフェンスの色が白い)

    返信削除
  2. ��Canary様
    イリサ・シリテ、これから伸びてほしいですね。
    マエちゃんとか最近見る黒人選手は大体フランス国籍ですね。
    共にもうちょっとウエストをキュッと引き締めていただいて姿勢をよくすればダイナミックで見栄えがしてくると思うのですが。
    これからに期待。
    ボナリーはクリスチャン・ラクロワに衣装のデザインを担当してもらっていて、衣装はいつも群を抜いて目立っていましたね。
    TEBはいつも会場の照明が薄暗いのが気になります。
    フェンス際の迫ってくるようなカメラワークもここ毎年同じような感じですが、国際カメラの担当って各大会で同じなんでしょうか。
    中国杯の天井カメラも去年同じようなアングルでブーブー言ってた記憶が。

    返信削除
  3. 放送権を持っている放送局が映像製作していると思います。
    ��天井カメラ
    素人が取ったジュニアの試合映像を見たら、影響されたのか、天井カメラカットワークがありました。おそらく最上段に移動したか、誰か協力者がいて2台体制で撮ったのか・・・
    http://www.youtube.com/watch?v=i5rxXNaONDI&feature=related
    音楽のせいもありなんとも不思議な映像

    返信削除
  4. ��Canary様
    うわあああ、なんですかこれ!昭和40~50年代の特撮みたいな。
    音楽も臨場感全くないし、まるで音声だけ別録りしたかのような。
    不自然にも程があるカメラの切り替わりに酔いそうでした。
    こんなに演技に集中できない動画って初めて(-_-;)
    本当に今の時代に撮られたものか疑わしいw
    この選手も数年後にはシニアで活躍するんでしょうか。
    ちゃんとした映像で記録してもらいたかっただろうに、
    数年後に「やだー、なにコレ・・・!」って絶句。
    でもある意味ネタになっておいしいかも。誰が得するんだか。

    返信削除
  5. そうそう、そ~なんですよ!!!(ロシア杯も終わったのに、どっから沸いた!?!)
    タクタミ…トゥクタミ…ドクダミ…
     
    ええとエリザベータちゃんね、ホント、年齢詐称疑惑とか個人的にはあるんですけど…5歳くらいサバ読んでンじゃないかッていう(笑)
     
    テレビ局的に美味しかったマオvsヨナバトルの全盛期、カタリナ・ビット様が「NHK杯100回記念」だかで呼ばれてまして、楽屋口インタビューみたいなので
    「今の10代のスケーターについての感想」を聞かれて
    ��ま~一般的な質問なんですけど、当時はやっぱりあの子とあの子ね、って感じの)
    「今しかできない演技もあるから、今しかできないことをやってほしい」と答えていたのが久々に頭に甦りました
     
    まぁ個人的には、あんまり日本チャチャチャ!!って感じのヒトでもないんで、
    佳菜子がまだ水玉水着で元気いっぱ~い3T‐3T跳んでてもいいんじゃないの、って思うんですけど、
    う~ん…下の世代にこんなコがいたのではノンキに「ヘイ!」とか言ってられないわよね~…
     
    なんか、今年は曲は好きなのにプログラムが好きになれないの、ゴメン
    たぶんコレで潰れないで乗り越えたら目指すものが見えてくるんだろうけど
     
     
    トクタミさんはちょこちょことしか放送では流れないけど、インタビューなどにも、「タダモンじゃなさ」を感じます。
    できたらタテ…ヨコにももうちょい伸びて欲しいんで、成長期のグダグダ…とかこれからあるんでしょうけど、
    憎々しいくらい無敵でちょっとアクのある選手に育って欲しいです(笑)
    ま~今さら水玉水着とかカリブの海賊でもないでしょうけど…
    音楽なんか天文学的数ありますからね、
    ミーシン先生が趣味でラフマニノフとかショスタコの変な小品引っ張り出してこないことを祈ります(ちょっと見てみたい気もするけど・笑)
     
     
    ………………
     
     
    小塚がファイナル行けねえええ!!!!!\(ToT)/号泣
    でもそれは、別のお話m(__)m
     
    ��PS・ケビン君情報ありがとうございました…チャンも病み上がりだったみたいだし、お腹の風邪でも流行ってたのかしら…我々も気をつけましょう(-.-;)

    返信削除
  6. ��ながすくじら様
    カナちゃんは昨シーズンはわかりやすいほどの元気いっぱい水玉カナコ、それでよかったんです。
    今の時期しかできないんですから。
    今シーズン、あえてそのイメージ脱却を図ろうかとガラリとしっとりしたプログラムに変えてきましたが、どれもこれも急激に変えてもやり過ぎに感じるというか。
    EXも含めて、そんなに急に背伸びしなくてもいいんだよって言いたいですけど、それを決めたのは本人だけの意志ではないし。
    「苦手なものから逃げずに今ちゃんと正面から向き合っていかないと」という姿勢は買いたいです。ぎゃ、偉そうに何様なんでしょうw
    リーザちゃんは今後どうなっていくんでしょう。
    外二個輪は今成長期と周囲の過剰な期待が一気に押し寄せてる感じですが。
    マスコミの手のひら返しがわかりやすくて。
    14歳15歳の天才少女。こういうの大好きですもんね。
    そしてちょっとスランプになったり成績が伸び悩んだりすると違うターゲットへ。
    ゆづは初優勝初ファイナル進出。
    こづは出られない分全日本に向けて修正点を見直す貴重な時期だと割り切ってきっと仕上げてきてくれる事でしょう。
    織田君が多分出場しない事になるのでしょうが、だからといって蓋を開けないと勝負は何が起こるかわかりませんからね。
    ファイナル、全日本とまだまだ楽しみは尽きません。見てる我々も体持ちましぇーん![Em162]

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...