2012-01-15

日本人による純和風プロが見たかったのであります!


昨年末の全日本、佐々木彰生選手がSPでやった忍者プロ、
エキシビションでやってもいいくらいのとても楽しい演技でした。


曲は「タイプライター」の忍者編曲バージョン?ってあれから調べたら、これらは
杉ちゃん&鉄平というデュオが演奏する曲でした。

「日本舞曲第5番」 (ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」)
「指打鍵盤切捨御免 ~タイプライター侍~ 」 (アンダーソン「タイプライター」)

 コチラで視聴できます。
 楽曲解説

基礎技術と知識とセンスを持ち合わせていないとここまでには到達しない。
尚且つ笑わせて楽しませてくれる。
こういった冗談クラシックの特集記事はいずれ機会があれば別の記事にします。
いろいろと奥が深そうなジャンルであります。

んで、ぴかぴか(新しい)今回のこの記事の主役はまっちー!ぴかぴか(新しい)
そう、町田樹選手なのであります。

当初、ジャパンスーパーチャレンジ(対抗戦)スターズオンアイス(SOI)
これらを記事にするつもりはありませんでした。

まっちーの自己主張が激しすぎるので
まっちーのために記事にしました!!

まぁそういうこともありますわね。勢いでやっちゃえ!みたいな。
フィギュアスケート万歳 \(^o^)/ イヤッッホォォォオオォオウ!

後で疲れがドットエルドリッジなんだぜ




まっちーが使用している音源はハーブ・アルパートの「アランフェス」です。
オールナイトニッポンのテーマ曲「ビター・スウィート・サンバ」や「ライズ」なんかはよく知られていますね。
ハーブ・アルパート、癒されるわぁ。
佐々木君のは冗談クラシックとはいえ曲は和風。
まっちーのはあえて和風から外したもの。
すべてをコテコテに固めるよりはコチラのほうがカッコイイ。
外国人にわかりやすいような固定観念フジヤマハラキリゲイシャってんじゃなくて。
日本人による日本人の感性で作られたプログラム。
これ、もっともっと世界中の人に見てもらうべき演技です!!
正直、もっとふざけた内容かなって思ってたのね。
目の周りアイラインだしチョンマゲだしw 笑わせる方向の。
技術も中身もしっかりしてるから飽きない。イイヨイイヨー 何度でもリピートしちゃうぞ。
しかもビーチク出血大サービスだし



例えばここ数年女子でよく使用される事の多いSAYURI。
ゆかりんも美姫ちゃんもやったけど、海外選手がやるとヘンテコジャパニーズ解釈プロになりがちなわけよ。
クリスティのコレなんかは「うーん・・・微妙」って首かしげちゃったりするわけよ。
あ、荒川さんの「夕顔」はベリィベリィビューチホーでした。

まっちー、よくぞここまでやってくれたよ!!必殺仕事人樹之丞だよ。(イメージ)
こういうのを待っていたんだよ!! ダッシュ(走り出すさま)
四大陸しっかりやるのよ。期待してるから!!

しつこいけど、トオル兄さんも応援してるから。



2012年01月25日 追記

この記事を書いた後でこのまっちーの演技とハーブ・アルパートの曲を何度か聴いていて、
「ん?よく聴けば必殺仕事人のあのテーマ曲とアランフェス、
 フレーズが似てるなぁ・・・ ああ、そういう着眼点かぁ」

なんて思ってたんですが、ちょっとググったらまぁ以前からそう感じてる人はいたようで。
大至急回答お願いします。本当に急いでます。アランフェス協奏曲を聞いた感想を教... - Yahoo!知恵袋
ここに書かれている内容では京本政樹があの曲を作ったことになってますが、
コチラの詳細なサイトによれば元になってるのは「荒野の果てに」という曲で
作曲は平尾昌晃のようですね。
 殺しのテーマ曲

いずれにせよ、ロドリーゴがギターの旋律で知られるアランフェスを作曲したのは約70年前、
ハーブ・アルパートのトランベット版アレンジのアランフェスが入っている「RISE」がリリースされたのは1979年です。
Herb Alpert - Rise CD Album(視聴)

ハーブ・アルパートはA&Mレコードの創始者のひとりでポップス・ジャズトランペッターの第一人者。
「Herb Alpert」で検索すれば、どこかで耳にした心地良い曲がたくさん見つかります。

演技をきっかけにして素晴らしい曲に出逢えるのもフィギュアスケートの魅力。


・・・・・・ どんっ(衝撃)
すっかりこの方を忘れていました。
(美姫ちゃんにとっての)“美樹ネェ”こと曾根美樹選手の「大奥」です。

・・・真面目系!? 真面目系なの・・・?
確かに「今までになかった新しい風」だ。いろんな意味で。
稔のコメントがもうねw 「嫌ですね」ってw

おばあ様の着物ジョキジョキやってここまで作ったっていうのは誰にも真似できないなぁ。
ただ、この衣装では動きはどうしても制限されるしジャンプも跳べない。
・・・跳ばなくてもいっかー!(稔風)

余談ですが、お父様はこういう方。

ずっと織田君に殿様風のプログラムで滑って欲しいと密かに思ってたんだけど・・・
無理っすか? 昨シーズンは吉田兄弟の三味線曲のSPでした。
ガチ末裔なんで。いつかやってくれるのを期待。




以下、他選手のジャパンスーパーチャレンジの演技と、同時期に放映されたSOI、スターズ・オン・アイス ジャパンツアー2012を。


ゆづの3A-3AのSEQ!!!これ、試合で見たいんですけど!!!

カート振り付けの昨シーズンのEXですね。
毎年「え、こんな事できるようになったの」って思わされるところがあって(って偉そうですけど)
特集番組で変に強調されるような「表現力」なんてのは抽象的なもんだから。
まぁちょっと前までは「もっとナルシストに、なりきって出来ないもんかなぁ」
なんて思う事もありましたが・・・まだちょっとはありますが・・・
こづはこづでいいんだよ。どんどん頼もしくたくましくなってくるなぁ。
なんだこれ、どうなってんのこのステップ!

SOIでのカートとのコラボ。
カートはやっぱりスゲェや。稀代のエンターテイナー。
ショーは生モノ、観客の反応・呼吸を感じながら自分自身も楽しみながら滑る。
選ばれたこづは幸せもんだ。後は本人の努力次第でまだまだ進化するよ。
楽しみ楽しみ (*´∀`*)

SOIでのカート・ブラウニング&サーシャ・コーエン&トッド・エルドリッジ競演。
観客の目を意識してるのが感じられます。こういうのが「アイスショー」
PIWでも、もっとこういう感じのを見せてくれると嬉しいんだけど。
どうっすか、座長・解説のじゅんじゅん?
ソロで滑ってた時のサーシャのあの胸はやっぱりあのーそのー・・・
昔は板だったのに

美姫ちゃんのブラックスワン。
解説はいらないな。入れちゃだめ。
いちいちジャンプの種類なんか言わんでもええねん。黙って見てろ。
突き抜けてるよ。ぶらぼおおおおおおおおお!!!ずんこ黙れ
※ JSC、SOIどちらも動画が消えているようなので、COI2011の演技に差し替えました

マオが跳んだ!3-3を跳んだ!うわああああん、おじいさーん!
3F-3Loを久しぶりに跳んだというのに演技中それに触れずに終わってしまいました・・・
(他はペチャクチャうるさいのにどーゆうこと!?)
やっぱり3-3はいいよぉ!興奮するよぉ!

コチラはSOIで6年前のプロ「ロクサーヌ」で滑った大ちゃん。
同時期に滑ってたラフマニノフ動画なんかを今見て
「ああ、コレ今の大ちゃんで滑ったら全然違うんだろうなぁ、でも今更だしなぁ」
なんて思うことはあったのですが、
こうして見ると当たり前っちゃーそうなんですが随分進化したもんだなぁ、と。
スパイスっていうか味付けがね、濃いぃぃぃぃぃぃのぉぉぉぉぉ!!! ダッシュ(走り出すさま)
うなじゅううめぇろくせんえんん!
今日はこの辺でやめときましょうね、またルディが異常に興奮するから。はは。
6年の間に酸いも甘いも噛み分けた経験が凝縮されたような、グイグイ引き込まれる圧倒される演技でした。


ちなみにコレはレアな佐藤信夫・久美子夫妻解説の赤パンロクサーヌ。
チャラ男・・・




現役選手は(試合に影響がない程度に)ショーに参加させてもらえる機会があれば、
「アマチュアにはないモノ」を貪欲に吸収して自分の中に取り入れて感覚を磨いていってもらいたいです。

フィギュアスケートって年齢を問わないおもちゃ箱だね。
どんな角度からでも切り口でも何通りもの楽しみ方ができるんだもの。

今年も皆様と共にフィギュアスケートを楽しみましょう。



6 件のコメント :
  1. はじめまして、Mauriceと申します。
    私はフィギュアスケートの長年のファンでして、過去から現在までの楽しい記事を探していたらこちらに辿りつきました。
    最新の記事だけでも各スケーターへ愛が溢れていて読んでいて楽しかったです。
    トッドとカートはレギュラーキャストだけあって本当に見せどころを心得ているというか、観客をしっかり掴んでいますね!
    大ちゃんのロクサーヌ、改めて新旧両方見ることが出来て感慨深かったです。
    2つ目の動画、一風変わった編曲の動画紹介も楽しかったです。
    初コメントで長くなってしまい申し訳ありません。
    また遊びに来ます。
    宜しくお願い致します!

    返信削除
  2. ��Maurice様
    はじめまして、ようこそです(*´∀`*)
    大ちゃんの昔のロクサーヌ動画は他にもあったんですが、解説が佐藤夫妻の関大リンクお披露目演技であったのと、あえて照明がないもので見たかったので。
    最近は美しい凝った照明で滑るのが当たり前になっていて、選手たちを悪く言うわけではないのですが、照明の力に助けられてるような気もするのですよ。
    ・・・本当の事を言うと、記事中盤に貼った大奥動画(コレ、実は私が出してるんです)の関連動画になぜかこの関大赤パンロクサーヌが入っていたからなのでした。
    楽しんで読んでもらえたようで光栄です。
    サイドバーにも書いてあるとおり、真面目と変態ワールドが交錯するブログですので、人によっては受け付けないかも(-_-;)
    ウチはほとんど感情が先走るタイプなので、まぁとにかく好きなものは好き、楽しいものはみんなで楽しもうよ!てな感じですかね。
    長年見てこられたとの事、私が知らないようなマニアックなお話なんかもこれから教えて頂けると嬉しいです。
    こちらこそこれからもよろしくお願いします。

    返信削除
  3. 忍者プロはもう受けに受けましたね。ショーに呼んでもらえないかなぁ。
    コメしたいことはいっぱいあるんですが、まあ、私としては、やっぱり小塚選手について言わずにいられないです。「ナルシストになれ」そのと~~り!!まあ、でもそのうち一皮むけるでしょう。今季SPでは「男」をぐいぐい出していて、私は惚れ直してしまいましたよ。久しぶりにときめきました。
    SOIはクオリティが高かったわ。大人による大人のためのショーという感じでした。

    返信削除
  4. ��archer様
    レオノワ様記事に気を取られてコチラの記事へのコメント見落とすところでした[Em163]
    あきお忍者はまぁコテコテのジャパニーズサムライで、こういうのはきっと海外では大ウケしそうですよね。
    日本人の感覚では「なんでこんなのがウケてんの?」ってなニンジャタートルズってカメの忍者アニメもありました。
    SOI、ウチの地域はテレ東の系列局がないので見られなかったんです。
    それでもすぐにネットに上げてくださる方がいらっしゃるのでありがたーーーーく拝見させてもらえる。
    ネット時代って素晴らしい!
    ゲストの森泉(何かの番宣絡みですか?)の存在意義が感じられませんでしたが、それでもお台場やギロッポンよりは数十倍マシだと感じました。
    アイスショーと試合の違いもあるかとは思いますが、ゴールデンタイムに地上波でカーチャ!(ゴルデーワ)、トッド!
    他局ではなさそうな選択かなって感じました。
    だってわざわざ海外から呼んでおいてランビ放送しないんですもの、あの局は(* ̄m ̄)
    個人的には、こづの今シーズンのEXの直線イーグル、あれをカートと同時に見たかった!!!
    互いに対角線上に立ってね。面白そうでしょ?なんでそういうの考えてくれなかったんでしょう。
    次に期待!!

    返信削除
  5. みやすけ2012/01/24 12:07

    ��OIはアタケシんとこも見れずじまいなんスよー。
    ただ、来月BSジャパンで放送してくれるらしいの。
    今はうずうず待ってるところなんスよ(だから敢えてつべ子さんは見てないのよ)
    ってことでSOIについてはまたね。
    いやいや、まっちーさ、半裸出血サービスでやるねぇ!
    で、本題はさ、「必殺仕事人樹之丞」は誰のことかなってことなの。←ソコ!?
    飾り職人の秀@三田村邦彦ではなく?
    必殺仕事人は好きだったわー♪

    返信削除
  6. ��みやすけ様
    っつーことは、まだSOIのこづ演技見てないの?
    んまー、おみやさんたらなんて我慢強いんでしょう。
    忍耐強く待って待ち続けてやっと出会えた時に激しく燃えあがるってもんよね[Em136]
    ��あら、いやr )
    まっちーの演技についての説明・解釈は事前にまっちー側から解説のアナさんへ届いていたんでしょうね。
    ちょっと妙な芝居がかった説明が「うるせぇよ」って思いましたけど、言ってる内容ではまっちーは仕事人ではなく遊び人で、仕方なく刀を手にしたけどもうこれっきりでぃ!って事でよろしいのかしら?
    まっちーは今季グンと踏み出してきた感があるので、四大陸ぜひ上位に入ってEXでこのプログラムをより多くの世界中の人々に見せてもらいたいものであります。
    ハーブ・アルパート、好きでよく聴いていてたまたま知ってる曲だったものですから、急遽まっちー部分の後にあの曲についての追記を加えました。
    必殺仕事人は海外の人はわからないかな?まぁいっかw
    そちらの方もご覧くださいねん。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...