2012-02-10

2012年 四大陸選手権 男子日記帳


これから2012年四大陸選手権をそれぞれ増殖記事にしていきます。
男子 女子 ペア/アイスダンス エキシビション

 タイムスケジュール
 sportsnavi 主要大会・日程・結果
 オンラインリザルト

 【まとめ】四大陸選手権(スポナビ編集部セレクト)


昨年の四大陸は台湾で開催、しかも入場料が無料(!)ということで日本からも沢山のフィギュアスケートファンが観戦に行きました。
台湾ということでデイヴィッド・リュウをちょっとだけ書いたらそちらの方が盛り上がったり。
 2011年 四大陸選手権日記帳(EX)+デイヴィッド・リュウ
アーミン君、念願の真央ちゃんとのツーショットもありましたね。
今年は全米選手権で4位になったというのに、アボット欠場の第一補欠にすらなっていないという不遇・・・
来シーズン頑張れアーミン!
そんなこんなの台湾四大陸から一年・・・時の流れは早いわぁ。

2011-2012_4CC_DT.jpg
るんるん 一年前の高橋大輔はぁ~可朝師匠やったんやでぇ~えぇぇ~
  今年はパワーアップしとったんやでぇ~えぇぇえぇ~ るんるん

20120210_DT.jpg
るんるん 右のヒゲだけ直線なんやでぇ~えぇぇえぇ~
  鼻毛と違うのんやでぇ~えぇぇえぇ~
(SPからこんなに画像遊びで飛ばすと後で必ず息切れするんやでぇ~えぇぇえぇ~)


男子SP  リザルト プロトコル

4CC2012 / MEN - SP G5 Warm Up

SP1位 パトリック・チャン(カナダ) 87.95
クワド失敗(転倒ではないらしい・・・)に笑顔なし。でもやっぱりの流石のトップ。
(まぁいつもの事っす。逆にパーフェクトだったらどんだけ点出てたか見てみたかった)
P助、瞳孔開くんじゃねぇよ

SP2位 無良崇人(日本) 83.44
おお、やったよむらきゅん、SP2位だよ!!
ステップ途中で流れ止まったのがもったいなかった。3Aたけぇぇぇぇぇ!!!
国体見に行ったばっかりの人は特に意識して応援してるかな。
フリーが終わるまでが遠足なんだからねっ!
20120210-00000037-jijp-000-0-view.jpg
世界ふしぎむらきゅん
SP3位 高橋大輔(日本) 82.59
クワド失敗したけど今ちゃんとやっとかないとね。他は素晴らしかった。
2012_DT_SPK.jpg
「あれ、先生、手袋片方だけ・・・?」
「見てる人に“なんで?”って思わせて注目してもらうってわけよ。
 やっぱりキスクラに歌子バッグは手放せないわね。」

SP4位 町田樹(日本) 82.37
Pさんの後?そんなの関係ねぇ ダッシュ(走り出すさま)
キレキレドヤ顔まっちー、ブラボーブラボー!!!
「何度でも見たくなる演技はこういうのを言うんだよ」ってなもんですわ。
プロアクティブ塗り塗りしてあげる 揺れるハート
(計ったかのようにまっちーの演技後にプロアクティブのCM流すお台場)

SP5位 デニス・テン(カザフスタン) 77.73
テンくん、切れてなーい!
なんだか急に垢抜けちゃった感じが・・・
所々ハッとさせられる所作の美しさ。
ジャンプとのバランスが取れてくればまだまだ伸びしろはある。

SP6位 ロス・マイナー(アメリカ) 76.89
2012_4CC_RM.jpg
四大陸ロスさん使用前使用後

SP7位 アダム・リッポン(アメリカ) 74.92
いつも自信を持って跳んでいるりっぽんルッツで転倒。めずらしー。

SP8位 ナン・ソン 宋楠(中国) 69.34
SP9位 ケビン・レイノルズ(カナダ) 68.22
なんだかあっけらかんとサラッと跳んじゃったって感じに見えますが4S-3Tです!!

1位パトリック・チャンカナダ87.95
2位無良崇人日本83.44
3位高橋大輔日本82.59
4位町田樹日本82.37
5位デニス・テンカザフスタン77.73
6位ロス・マイナー米国76.89
7: アダム・リッポン (アメリカ) 74.92
8: ナン・ソン 宋楠 (中国) 69.34
9: ケビン・レイノルズ (カナダ) 68.22
10: ジンリン・グァン 関金林 (中国) 66.36
11: ミーシャ・ジー (ウズベキスタン) 64.49
12: ジェレミー・テン (カナダ) 61.37
13: リチャード・ドーンブッシュ (アメリカ) 61.34
14: クリストファー・カルザ (フィリピン) 58.02
15: ジャーリャン・ウー 呉家亮 (中国) 56.19
16: カム・カンチャン (韓国) 52.12
17: アブザル・ラキムガリエフ (カザフスタン) 52.10
18: マーク・ウェブスター (オーストラリア) 50.88
19: ルイス・マネッラ (ブラジル) 50.17
20: 朱育加 (台湾) 49.49
21: キム・ミンスク (韓国) 49.39
22: ケビン・アルベス (ブラジル) 47.96
23: ブレンダン・ケリー (オーストラリア) 47.01
24: ニコラス・フェルナンデス (オーストラリア) 44.57
<以上24選手がフリーへ進出>
25: 李厚賢 (香港) 42.00
26: マーべリック・エグィア (フィリピン) 41.63
27: 施文倡 (台湾) 37.27
28: キム・ファンジン (韓国) 36.95

実況 | スポーツナビ

お台場放送の陶酔煽りナレーションがどんどんどんどん聞くに耐えないものになっていく。
「どうやらまたアレが始まるらしい」(← んまー、いやらしい、フケツよっ!)
「浅田真央が、ガチでいく」(← 呼んだか?
「村上佳菜子も、ガチでいく」(← 遥ちゃんは・・・?)
胸焼け止まらんわ。ゲロゲーロ。

ところで、問題はフリーなのですよ。長い時間スタミナが持つかどうか。
酸素が薄いとされる高地のリンク、選手のみなさん、フリーで遭難ってな事にならないように頑張ってください。
(ったく、なんでこんなところで試合やるんだか・・・これもいい経験だろうけどさ)
(SPの感覚でフリー滑ると後で必ず息切れするんやでぇ~えぇぇえぇ~)


男子フリー  リザルト プロトコル 最終結果 

1位 パトリック・チャン(カナダ) 87.95(1) 185.99(1) 273.94
んー、やっぱり現時点ではPさんの技術力と安定感はずば抜けてる。
カナダ選手権の300点超えはやり過ぎとしても、それだけの力は確かに持ってる。うまい。
それに見合っただけの練習を積んで努力もしてるから。
自信がさらに彼を強くしているように感じる。
ほんの数年前までクワドを回避してた選手とは思えないね・・・
(それでも足がちょっと曲がったPさんのイーグルには萌えないんだぜ・・・)

2位 高橋大輔(日本) 82.59(3) 161.74(2) 244.33
3位 ロス・マイナー(アメリカ) 76.89(6) 146.34(4) 223.23
20124CC_RM&CM2_R.jpg
四大陸ロスさん使用後使用後使用後
(こんな広告が普通に表示される世の中じゃ・・・ぽいずん)
4位 アダム・リッポン(アメリカ) 74.92(7) 146.63(3) 221.55
5位 無良崇人(日本) 83.44(2) 133.72(6) 217.16
6位 デニス・テン(カザフスタン) 77.73(5) 132.30(7) 210.03
7位 町田樹(日本) 82.37(4) 125.67(10) 208.04 
残念なお知らせ;まっちーの侍アランフェスEXは今回はなさそうです・・・グスン
このランビプロ、来シーズン持ち越しで練り直し磨き上げ希望。

8位 ケビン・レイノルズ(カナダ) 68.22(9) 135.04(5) 203.26
9位 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン) 64.49(11) 132.04(8) 196.53
愛の戦士、ミーシャ・ジー、荒ぶる!!!

11位 ナン・ソン 宋楠(中国) 69.34(8) 121.17(11) 190.51

ナン・ソン、遭難・・・なんてシャレにならんわ・・・
キスクラで点数が出てもそれどころじゃない酸素吸入。
(その後はなんとか通常に戻ったようですが)
ISUよ、もうこんなところで試合なんかすんな。

1位パトリック・チャンカナダ273.94
2位高橋大輔日本244.33
3位ロス・マイナー米国223.23
4位アダム・リッポン米国221.55
5位無良崇人日本217.16
6位デニス・テンカザフスタン210.03
7位町田樹日本208.04
8: ケビン・レイノルズ (カナダ) 203.26
9: ミーシャ・ジー (ウズベキスタン) 196.53
10: ジンリン・グァン 関金林 (中国) 196.53
11: ナン・ソン 宋楠 (中国) 190.51
12: クリストファー・カルザ (フィリピン) 172.60
13: リチャード・ドーンブッシュ (アメリカ) 164.29
14: ジェレミー・テン (カナダ) 159.22
15: キム・ミンスク (韓国) 157.14
16: ジャーリャン・ウー 呉家亮 (中国) 156.62
17: カム・カンチャン (韓国) 154.07
18: アブザル・ラキムガリエフ (カザフスタン) 153.63  
19: ブレンダン・ケリー (オーストラリア) 144.26
20: マーク・ウェブスター (オーストラリア) 138.87
21: 朱育加 (台湾) 134.97
22: ルイス・マネッラ (ブラジル) 133.07
23: ケビン・アルベス (ブラジル) 132.94
24: ニコラス・フェルナンデス (オーストラリア) 131.76


FPl.NameNationPointsSPFS
1Patrick CHAN
CAN
273.9411
2Daisuke TAKAHASHI
JPN
244.3332
3Ross MINER
USA
223.2364
4Adam RIPPON
USA
221.5573
5Takahito MURA
JPN
217.1626
6Denis TEN
KAZ
210.0357
7Tatsuki MACHIDA
JPN
208.04410
8Kevin REYNOLDS
CAN
203.2695
9Misha GE
UZB
196.53118
10Jinlin GUAN
CHN
196.53109
11Nan SONG
CHN
190.51811
12Christopher CALUZA
PHI
172.601412
13Richard DORNBUSH
USA
164.291314
14Jeremy TEN
CAN
159.221218
15Min-Seok KIM
KOR
157.142113
16Jialiang WU
CHN
156.621517
17Alex Kang Chan KAM
KOR
154.071615
18Abzal RAKIMGALIEV
KAZ
153.631716
19Brendan KERRY
AUS
144.262319
20Mark WEBSTER
AUS
138.871820
21Jordan JU
TPE
134.972022
22Luiz MANELLA
BRA
133.071924
23Kevin ALVES
BRA
132.942223
24Nicholas FERNANDEZ
AUS
131.762421
25Harry Hau Yin LEE
HKG
FNR25
26Maverick EGUIA
PHI
FNR26
27Wun-Chang SHIH
TPE
FNR27
28Hwan-Jin KIM
KOR
FNR28
実況 | スポーツナビ


男子表彰式
Pさん、瞳孔瞳孔w



 4大陸フィギュア:チャンに敗れ高橋「刺激もらった」 (毎日新聞)

 酸素の薄い高地での演技に、息切れを懸念してペース配分を考えざるを得なくなり「動きが小さくなった」。豊かな表現力が持ち味の高橋よりも、コロラドスプリングズが練習拠点のチャンが伸びやかに滑り、演技点でも5点以上離された。
 前日のSPに続いて4回転ジャンプにも挑んだ。前日は転倒して回転不足となり、この日は両足の着氷で得点が伸びなかった。チャンは2日間で3回成功。高橋は「4回転は弱い部分」と認める。
 世界選手権では多くの選手が4回転ジャンプを跳んでくる。高橋は「焦ってしまいそうだけど、自分のペースでやっていきたい」と我慢。徐々に手応えが出てきた4回転ジャンプが今季成功しなくても「来季に生きてくる」ことを信じて練習する。


先を見据えて今すぐに結果を出そうと焦っているわけじゃない。
いや、「焦らないように」と自分に言い聞かせてるのかも。
それでもそれを決して言い訳にはせず。
素晴らしいアスリートに育ったなぁ・・・
(アホアホなネタにばっかりしてごめんね)

世界を驚かせた“伏兵”とソチを見据えるエース、それぞれの戦い|コラム|フィギュアスケート|スポーツナビ 

今大会は確かに過酷な環境だったかもしれないけど、選手は同じ条件同じラインで滑っている。
「Pさんがここで滑り慣れているから有利」というのはまた別問題。
それを言うのは言い訳になってしまう。
いかに今大会に向けて対策を練ってその場の環境に適応していくか。
今のPさんの強さの一端を垣間見たような、そんな大会でもあった。

大ちゃんの2位は上々。むらきゅん、まっちー、よく頑張った。
3位ロスさんと大ちゃんの間に存在する距離感。
Pさんと大ちゃんの間にも距離感はある。
でも、滑っているのは機械じゃなくて人間だから。
見ている我々も人間だもの。
そんな “心に響くもの” を感じながらこれからもフィギュアスケートを楽しみたい。

・・・って散々おフザケした後で真面目に語っても説得力ねえええええ!!!


2 件のコメント :
  1. とみぞう2012/02/12 1:04

    RQさまこんばんわ。
    Jスポが見られないので2日共ふて寝してましたww
    最初の月亭可朝に爆笑してしまいました。
    そういえば似ている!!!
    私のむらきゅん、まさかの大活躍(SPのみだけど)
    ここぞとばかりにむらむらしました!!
    まぁフリーは予想通りというか、通常運転というか、メダルが少し見えていただけに残念な結果になっちゃいましたが、、でも、いつもみたいにあきらめてる感がなくてよかった!体力も、まだまだ余ってる感じがしたし!前半心ここにあらずな感じだったけど頑張ったからいい!
    頑張って終われたからいいや。
    SPで「MURA」の名前は覚えてもらえただろうし、
    フリーも内容はアレだったけど、彼の独特の色気はご理解いただけたと思う。←ここ大事
    まっちーもだけど、むらきゅんも、村デーも、他国なら間違いなく代表レベルのこの層って、圧倒的に国際的な大きな試合の経験が足りないと思う。B級じゃなく、大きな試合にバンバン出て経験を積ませてやってほしいと思う。
    そうすればもっともっと伸びると思うし、世界と戦っていけると思う。
    しかし残念ながらその枠がない。。。
    そういう状況の中で、少ない枠をもぎ取らなければいけないのはちょっとかわいそうな気もするんだけど、こればっかりはどうしようもないんですよね~日本男子の層の厚さどんだけ・・・
    まっちーも、わたしのむらきゅんも、いい経験になったと思う。大事なのはこれを踏まえてのこれから!
    苦い思い、苦い経験をバネにして頑張ってほしい!

    返信削除
  2. ��とみぞう様
    いやぁ~、さすがはおとみさん!
    溺愛だけじゃスケヲタはやってられませんなぁ。愛ある叱咤激励。
    にしても、(女子はとりあえず置いといて)ここ数年の日本男子のレベルの高い争いは面白くもありシビアな現実でもあり。昔じゃ考えられない状況っす。
    でも今大会で結構名前覚えてもらったんじゃないかなぁ。「無良」「町田」は発音しづらそうでしたけど。まっちーなんかフルネームまともに言ってもらえなくて「誰のこと?」状態。
    むらきゅんのSPのTES、Pさんより高い点出ましたもんね!凄い!!
    ワタクシもやっぱりココにきて案の定スタミナが切れかかってきております・・・
    ユーロ全米から続いて、この男子記事では無駄な部分でテンション上がって遊びすぎました。
    「コイツは一体何をしたいんだ?何を伝えたいんだ?」って思われても今の感情のまま突っ走るだけだうおおおお盗んだバイクは盗まねぇぜ!ってなもんですわ。
    愛知国体記事、おみやさんとarcher様がたくさんレポ書いてくれましたけど、それとは別に何かおとみさんなりに見てきて感じたこと思い出すことあれば今からでもいいから書いてもらって構わないのよ?
    あの記事、今でも結構読んでもらえてるみたいだし。
    っつーわけでまだ四大陸終わってないけどあと数日は気合で頑張りまっす。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...