2012-11-23

2012年 NHK杯 女子日記帳


これから2012年GPSNHK杯をそれぞれ増殖記事にしていきます。
アイスダンス/ペア 男子 女子 エキシビション

 タイムスケジュール
 sportsnavi 主要大会・日程・結果
 オンラインリザルト
 スポーツナビ | フィギュアスケート | GPシリーズ獲得ポイント
 2012NHK杯国際フィギュアスケート|NHK
 2012NHK杯 | 大会概要 | 公益財団法人 日本スケート連盟


 2012NHK杯国際フィギュアスケート|NHK
  コチラで競技結果と動画が見られます。(期間限定) ぴかぴか(新しい)NHKはネ申ぴかぴか(新しい)


女子SP  リザルト プロトコル

20121122MAO.jpg 無理矢理人文字~w

SP1位 浅田真央(日本) 67.95
スパイラルからの2A、着氷と同時に両手をあげる、これだけでとてもいいアクセントがつきました。
男子が4回転必須なら女子は3-3必須の時代。しかし今の真央ちゃんには3-3はなく3Aも封印中。
3Aにこだわって演技全体にも影響があった頃よりはとても生き生き楽しそうにやれているのがいいのではないでしょうか。
そうやってスケーターは成長とともに演技も変わって自身も磨かれていくのです。

SP2位 長洲未来(アメリカ) 61.18
SP3位 李子君 ジジュン・リー(中国) 59.62
SP4位 クセニア・マカロワ(ロシア) 58.93
SP5位 鈴木明子(日本) 58.60
3T-3Tがバッチリ決まってこれで波に乗れるかと思いきやルッツの落とし穴が・・・
長久保先生にポカッと怒られてしまいました。
団子状態で点差はほとんどないのでフリーで巻き返しを。
スケカナのような経験も糧にして、きっと大丈夫。いける。

SP6位 エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア) 57.50
SP7位 アグネス・ザワツキー(アメリカ) 55.02
SP8位 ソフィア・ビリュコワ(ロシア) 49.31
SP9位 今井遥(日本) 48.10

1位浅田真央日本67.95
2位長洲未来米国61.18
3位李子君中国59.62
4位クセニア・マカロワロシア58.93
5位鈴木明子日本58.60
6位エレーネ・ゲデバニシビリグルジア57.50
7位アグネス・ザワツキー米国55.02
8位ソフィア・ビリュコワロシア49.31
9位今井遥日本48.10
スポーツナビ|実況


女子フリー  リザルト プロトコル 最終結果

1位 浅田真央(日本) 185.27
最初のループがダブルに。残り気を引き締めて!と思っていたらあれもこれもダブルやすっぽ抜け・・・
これでは優勝はおろか表彰台さえも難しいのでは?と思いきや、あっこちゃんと0.05の僅差で逃げ切り優勝となりました。
本人が一番意外だという顔をしていましたね。当然納得などしていない。笑顔はありませんでした。
真央ちゃんを見るために応援するために駆けつけたファンも多かっただろうけど、優勝の瞬間の会場の微妙な空気はハッキリと感じ取れた。
観客は自分の感動に正直。たとえ大好きな選手が勝ったとしても。
地元点と受け止められても仕方ないと思う。一人特に高い点出してるジャッジいますね。
盲目なファンにはなりたくない、でもこれで真央ちゃんを非難するのは筋違いですよ。
ロシア杯優勝のPさんの時にも書きました。
新採点方式になって10年近く経ちますが、やはり人間が採点する以上はこういうケースが出てくるのです。
真央ちゃん自身はもう気持ちを切り替えて先へ先へと見据えているでしょう。
運も実力のうち。悔しさをバネにプラスにできる選手なのです。
今度はきっと誰もが納得できるものを見せてくれるはず。浅田真央とはそういう選手。
昨年のGPF、「あの」特別な思いもあることでしょう。今年のGPFはソチ。堂々と胸を張って。
あなたへの「おめでとう」はもう少し後にとっておきます。

2位 鈴木明子(日本) 185.22
この人はどこまで進化するのでしょう。年齢を感じさせないとはいってもやはり裏ではそれなりに調整体力維持のケアには気をつかっているはずで。
女子選手の最年長記録を塗り替えてもらいたいものです。ぜひ。
フリーだけの成績は126.62でトップ、2位の真央ちゃんは117.32、SPのつまずきが響いた、というには納得できない部分もありますが、見る人をグイグイ明子ワールドに惹きつけて最後まで目が離せませんでした。
「嵐を耐え抜いて再び羽ばたく」という被災地の復興をイメージしたこのプログラム、深く熱く胸に染み渡り響いてきましたよ。
孔雀じゃなくてカワセミなのかーってどうみても孔雀だけどまぁいいか。
第二の故郷での強い思いもあったでしょう。GPF進出おめでとう。

3位 長洲未来(アメリカ) 176.68
4位 李子君 ジジュン・リー(中国) 174.11
5位 アグネス・ザワツキー(アメリカ) 160.37
6位 エレーネ・ゲデバニシビリ(グルジア) 156.96
7位 クセニア・マカロワ(ロシア) 156.52
8位 今井遥(日本) 145.42
9位 ソフィア・ビリュコワ(ロシア) 139.12

2012 NHK Trophy Ladies FS Fluff

1位浅田真央日本185.27
2位鈴木明子日本185.22
3位長洲未来米国176.68
4位李子君中国174.11
5位アグネス・ザワツキー米国160.37
6位エレーネ・ゲデバニシビリグルジア156.96
7位クセニア・マカロワロシア156.52
8位今井遥日本145.42
9位ソフィア・ビリュコワロシア139.12

FPl.NameNationPointsSPFS
1Mao ASADA
JPN
185.2712
2Akiko SUZUKI
JPN
185.2251
3Mirai NAGASU
USA
176.6823
4Zijun LI
CHN
174.1134
5Agnes ZAWADZKI
USA
160.3775
6Elene GEDEVANISHVILI
GEO
156.9666
7Ksenia MAKAROVA
RUS
156.5247
8Haruka IMAI
JPN
145.4298
9Sofia BIRYUKOVA
RUS
139.1289
スポーツナビ|実況


女子シングル表彰式

089.jpg


 スポーツナビ | フィギュアスケート | GPシリーズ獲得ポイント
女子シングル GPFエントリー
 アシュリー・ワグナー(アメリカ)
 浅田真央(日本)
 キーラ・コルピ(フィンランド)
 鈴木明子(日本)
 ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)

 

2012年11月25日(日)午前 追記

今朝のTBSサンデーモーニングにみどりちゃんが出演していました。
気が付いてテレビをつけたらフィギュアの話をまとめて終わる寸前で、確か
(真央ちゃんに対して)「激励の喝ですね」って言ってました。
さすがみどり様。(そこだけしか見てないけどw)
動画の神様、お願いします!!! 丸かったけど元気そうでよかった。
だって「どうせハリーが知りもしないで喝!カーツ!ってバカみたいに言うだけの酷い内容に決まってるもん」って思ってたんだよぉ(;ω;)
ずーっとコーナーやってんのに関口さんがまた「この大会にキムヨナさんは出てないんですか?」ってしれっと言うだけかと思ってたんだよぉ(;ω;)

今日明日と別の番組にも出てくれることを期待しましょう。

 

2012年11月30日 追記

グランプリファイナルに出場する予定だったロシアのユリア・リプニツカヤ選手が怪我のため出場を辞退、代わりにアメリカのクリスティーナ・ガオ選手が出場することになりました。

 ユリア・リプニツカヤはグランプリファイナルから撤退  
 ISU Grand Prix of Figure Skating Final Ladies
 【フィギュア】リプニツカヤが欠場 GPファイナル - MSN産経ニュース

「28日の練習中に転倒し、脳振とうを起こしたため」とありますが、年末のロシア選手権までには間に合うでしょうか。
現時点ではこれ以上の詳細はわかりません。
地元ロシア・ソチオリンピックが行われる会場での試合、さぞかし無念だったでしょうが、少しでも早く体調を整えて次の試合に向けて練習できるようになってもらいたいですね。

 
13 件のコメント :
  1. RQさん、こんばんは。
    NHK杯と言えば、みどりちゃんの演技に五十嵐文男さんの解説を必ず思い出す私。
    年がバレますね(笑)
    女子が3-3の時代になって、改めて、みどりちゃんの凄さを感じます。
    だって、あの3Tー3Tを軽々とフリー後半に跳んでいたみどりちゃん。
    エキシビションでも跳んでましたね。
    ��Tー3Tって、こんなに難しいんだと今の女子を見て痛感します。
    オリンピックシーズンには、3ルッツー3Tと3Aを跳んでいたなんて、本当に信じられないです。
    彼女が今、現役だったらどれだけの点数がつくのか・・・と、いかに天才だったかを思い知らされます。
    今日の真央ちゃんは、ジャンプにこだわらなくても、さすがの演技でしたが。
    その、みどりちゃん、もうちょっと世間は大切に扱ってほしいです。
    こんなに凄い人だったのですから。
    荒川さんがスケ連の理事になりましたが、みどりちゃんは?って思わず浮かんだ私でした。
    ��理事になることが彼女にとって良い事なのかどうかは別として)
    いつも長々とすみません(ペコリ)

    返信削除
  2. �� ゆり様
    NHK杯っていうとやはりみどりちゃんが思い出されますねぇ。
    すべてにおいてみどりが一番だとか昔はよかったみたいな事ばかり言うつもりはないですが、いかにあの時代において飛び抜けていたか今その凄さを改めて実感させられます。
    みどりちゃんには理事というお仕事は向いてないように思います。
    彼女にできる事、彼女にしかできない事、まったく表に出てこないわけではありませんし、ファンであるならば信じましょう。
    少し前に書いた真央ちゃん記事、読んでもらえましたでしょうか?中国杯直前の。
    あの記事とコメ欄に少し触れてありますのでそちらもご覧くださいね。
    天賦の才能に恵まれた選手ばかりでもないし、どんな選手も努力してるし、人間だから体力体型モチベーション様々な変化で毎年同じって事はないんですよね。
    真央ちゃんは今シーズン、スコーンと抜けたというか取れて一歩飛び出せた感じがして信夫先生の元じっくり取り組んできた成果がようやく形になって現れてきたかなといったところ。
    あっこちゃんは20代半ばで3T-3Tをモノにして年々感性表現が磨かれていっているのには頭が下がります。
    フィギュアスケートって本当にいろんな側面から楽しめる素晴らしいスポーツですね。
    それを教えてくれたのは私にとってはみどりちゃんなので勝手に感謝しています。

    返信削除
  3. 中国杯直前の記事、読ませてもらいました。
    ��Qさまの、みどりちゃんへの愛がいかに深いかというのを感じました。
    真央ちゃんの重圧がわかるのは、やはりみどりちゃんなのでしょう。
    たぶん、真央ちゃんに対するコメントなどでは顔を出してくれるでしょうね。
    ところで、ROSE OF PAIN私も見たいです。
    あのプログラムは、私の中ではみどりちゃんの一番のプログラムなんです。期待してますね(^o^)

    返信削除
  4. RA様
    お久しぶりです。
    今NYでふらふらしてます。
    李子君 ジジュン・リー、いいですよねって!
    いや、どこがすごいって、きっとこれからすごいことになるっていうのは、勘でしかありませんけど。
    私、今日、あっこちゃんの演技に泣いてしまいました。
    彼女がフィッシュしたとき、感極まる表情をみせるまで、どれだけ、ためたものがあるかと思うと、切なくて、でも、賞賛したくて。
    遅ればせながら、彼女の魅力を素直に認めて、これから独りのアーティスト&アーチストとして、堪能したいです。
    フィギュアは人生のビタミン剤。然り、これなくては、かすかすです。
    では。

    返信削除
  5. 初めまして!
    実は以前からいつも“そうそう、そうなんですよ!”と心の中で言いながら
    このブログを拝見していました。初めてコメントさせていただきます。
    25日の『サンデーモーニング』でのみどりさんのこと。
    動画の神様のお役目は他の方にお願いするとしまして・・・(申し訳ありません)。
    スポーツコーナーの冒頭ではいつも“ではちょっと懐かしい映像を”と
    いう部分がありますよね。ここで'80年の(多分)全日本選手権、'91年ラリック杯
    フリー直前練習での3A-3T(!)、そしてアルベール=ビル五輪での3Aが流れましたよ。
    でも、これらをちゃんと評価・解説してあげられる人がスタジオ内に誰も
    居なかったのが正直もどかしかったですけれど(^^;
    今季のNHK杯、順位どうこう関係無く、私も鈴木明子選手のFSの演技に感動
    しました。彼女の演技はどれも、ただ音楽に合っているというのとも違い
    音楽自体も大好きで完全に自分のものにしているのだなあ、本当に音楽が
    踊っているみたい、という様子が全体から伝わってくるから大好き
    なんです。この点はみどりさんとも通じる部分がある気がします。
    ファイナルでも観られるのが嬉しい、楽しみです!

    返信削除
  6. �� ゆり様
    みどりちゃんの話してたばかりのところへジャストタイミングというかまさかというか突然みどりちゃんが出てきましたよ!
    と言っても私はフィギュアの話題で話してる部分は見逃してしまったのですが。
    この後にコメントいただいたYukipe様が内容を書いてくださったので読んでくださいね。
    フリーの結果がどうであれ翌日の朝の番組ですから出演することは決まっていたのでしょう。
    真央ちゃんの重圧がわかるのはみどり・・・やはりそうなりますね。
    Rose of Pain記事、いっぱい約束したのでこれはもう後には引けませんね。年明けに出せるよう頑張ります。

    返信削除
  7. �� TAMAMI様
    久しぶりで私の名前忘れちゃいましたか?w
    海外生活は大変でしょうが、こうやって今はネットで拾える時代になりました。
    このブログのサブタイトルはブログ開設時にパッと思い浮かんで付けたものでしたが、今でもこの気持ちに変わりはありません。
    むしろますますフィギュアスケートどっぷりで魂吸い取られていってます。
    現在の日本男子の状況はこれまでの日本女子以上といってもいいくらいの過酷なものですが、やはりじんわりとあの頃が思い出されます。
    バンクーバー前後、もう3年も経ってしまいました。
    3年経てば選手も成長し状況も変化します。そして我々フィギュアスケートファンも。
    ゆかりん、スポーツ局へ移動となって、さっそく全日本Jr.で選手にインタビューしていましたよ。
    http://youtu.be/uhnLKRE6ZII
    といってもこれがメインのお仕事ではなく本人もまだまだたどたどしくて、そこは喋りのプロではないし番組の一部として使われた側面もありますが、これから徐々に表に出てきていただきたいものであります。
    これこそが誰にも真似できない経験を持った彼女にしかできない事であり、選手の立場になって取材できる貴重な人材なのだとお台場さんにはわかってもらいたいですね。
    約3年経ちました。
    ゆかりんとあっこちゃんは道は分かれましたがどちらもとてもキラキラと輝いています。眩しいです。
    日が差せば雪は自然と溶けるのです。

    返信削除
  8. �� Yukipe様
    はじめまして。そしてありがとうございます!!!
    今の時点ではそれらしき動画は見当たりません。Yukipe様の書いてくださった内容で脳内補完させてもらってます。感謝です!
    ラリック杯の6分間練習の3A-3T、あの動画TBS持ってたんかい!早う出さんかい!って感じですね。(見逃したけど(´;ω;`) )
    TBSはみどりちゃんの時代ずっとフィギュアスケートに関わってきましたから貴重な資料はそりゃあもうたくさん持っているはずなので、これからも出し惜しみせずなんならDVD発売しちゃってもいいのよ?放映権再び獲得してみどりちゃん呼び戻しなさいねって感じで。
    まぁこれはみどりちゃん本人の意思もあるし、仮に再びTBSに戻ったところで昔のようにはいかないかもしれませんが。
    ソルトレイクシティ五輪直後の悪夢の長野ワールド放送は未だにトラウマ。
    サンデーモーニングは親分がご存命の頃は楽しく見れてたんだけどなぁ、日曜の朝だから速報も出すけどハリーが無知丸出しで最近は嫌気がさしてました。
    仕方ない、試合のある時はまたみどりちゃんを期待してチェックせざるを得ないかw
    あっこちゃんのSP戦う女キルビルは私は好きなんです。フリーとの対比がまたいい。
    報道がどうしても真央ちゃんに偏ってしまうのは致し方ありませんが、結果だけを報道するだけでは一向に中身は伝わらないのだということをマスコミは学べっつーんだバッキャローヽ(`Д´)ノウワァァァン
    めっきり寒くなってきましたが無駄に熱いこのエネルギー、これからも共に楽しみましょう。
    番組情報、本当にありがとうございました。大感謝です。

    返信削除
  9. �� Yukipe様
    とあるツテで番組の内容を大体把握したのですが、Yukipe様が書いていた91年ラリック杯ではなく、アルベールビル五輪直前の92年全日本選手権フリーの2Lz-3T(3Lz-3Tの予定)でしたね。
    なんでわざわざそこを使うのか謎ですが。
    同じプログラムの衣装なので見間違われたのでしょう、一応間違えたままではなんですので書いておきました。
    でもYukipe様がここに書いてくださった事には本当にありがたく思っております。
    動画はあがらなければしょうがないですが、久し振りに第一人者ならではの的確かつ愛のあるみどりらしい解説だったようで安心しました。

    返信削除
  10. RQさま
    早速のレス、それから訂正をありがとうございます!
    見間違い、早とちりで本当に失礼いたしました(平身低頭)。
    私はスポーツ全般大好きなのですが、張本氏の本職(プロ野球)に関する
    お説にも結構ツッコミいれています。
     「アナタが打撃はともかく他人の守備を語ってはイケナイと思いますよ」
    とか。↑現役時代を知る身σ(^_^;
    多少協会や連盟にとって耳痛い内容でも、第一人者としての的確な解説は
    各メディアも正しく受けとめ広めて欲しいと私も思います。何の競技でも。

    返信削除
  11. RQ様、
    すみません。
    お名前を忘れたわけではありません。
    ちょっとアルコールが入っていたのと、
    目がますます、悪くなってタイプミスに気づかなかったのです。お許しください。
    ゆかりん動画、見ましたよ。
    完全に吹っ切れていますね。
    それでフィギュアスケートファンは成長したんでしょうか。
    今回の採点をめぐる議論をきっかけに、自分の発言に整合性があるかどうかを見直し、選手自体への批判でなく、ジャッジへの批判であるとしても、その選手を応援しているファンにとって辛いものかというのを、分かってくれるファンが少しでも増えたら嬉しいです。だんだんと見ている人も賢く、理性的になれれば、いいなと。
    男子は高橋選手のお人柄のせいなのか、競争が激しくても、ギスギス感がなくていいなと思います。私は今季の道化師、好きなんですよね。重厚感があって。小手先ではこなせず、彼くらいの人で初めて滑れるプロだと思います。
    五輪に行くことはスケート選手にとって華であることはやっぱり否定できないと思います。
    年齢的に、来年が最後のチャンスという人は、日本にもアメリカにもいらっしゃいますね。
    でも、人生イロイロ。その過程をがむしゃらにやれば、悔いはない。ゆかりちゃんは今幸せ。
    スケートを続けて、毎期新しいことに挑戦し、成長を続けている明子さんも、素晴らしいですね。両方応援します。

    返信削除
  12. �� Yukipe様
    サンデーモーニングはゴルフやサッカーは専門家揃えてるからハリーの無知発言も補足訂正できますが、フィギュアスケートに関してはそりゃあもう酷いもんです。
    野球はハリーがいるから大丈夫!・・・じゃないんだよなぁ。
    野球ファンはいつも「はいはい、そうですかそうですか」ってなもんだと思いますよ。
    時代も考え方も違うしあの方はほとんど現場に関わってこなかったですしねーって最近はとんと野球ご無沙汰な私が言ってみました、ぶっw
    こうなったらみどりちゃんをサンモニレギュラー化でお願いしたいですが、やっぱり親分がいなくなったあのコーナーは結局ハリーだけじゃモノにならないからゲスト呼ぶわけでそろそろガラっと模様替えしてもいいんじゃないかなーって思うわけですはい。

    返信削除
  13. �� TAMAMI様
    今ここで採点云々の話は控えます。
    バンクーバー五輪の数ヵ月後に開設した当ブログではこれまで採点について多少疑問を呈する事はあっても感情的になって書くような事はしてきていません。
    いつかあきらかに疑問を強く抱かせるような採点があったとしたらその時に感じたまま書く事になろうかと思います。
    オリンピックが手に届きそうな位置につけている選手にとっては誰もが最大の目標到達点である大会であることでしょう。
    フィギュアスケートファンを長くやっている間、出場の有無に関わらずオリンピックで運命が変わる選手をたくさん見てきました。
    年末の全日本は一年と少し後に迫ったソチ五輪への輪郭が見えてくる大会になりそうで、怖くもありますが結局はずーっとかじりついて見届けることになりそうです。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...