2012-11-28

花になれ、花は咲く、きっと咲く


花は咲く
花は咲く 花は咲くプロジェクト 歌詞情報 - goo 音楽

1:10~ 荒川静香  3:16~ 本田武史





NHK杯前に数回テレビで流されていた「花は咲く」の曲に乗せて荒川さんとちびっこスケーターが仙台のリンクで滑っている動画を探している時に偶然見たこの動画、まずは目と耳をよーく凝らして“最後まで我慢して”お聴きください。


あなたはこの動画を見てどう感じたでしょう。
どう受け止めたでしょう。
念のため調べたところ、演奏団体は明治高校マンドリンクラブOB、2012年05月5日、明治高校創立100周年祝賀会での演奏だそうです。

同じ曲を2度演奏しているのも含めて全22曲演奏されています。
他の曲もざっと聴きました。苦行のようでした。

創立100周年というおめでたい祝賀会で演奏するのもまた同校出身のOB、しかし音楽を奏でるにはおよそふさわしい場所には到底思えません。
演奏するのにこれほど劣悪な環境はない。
誰も聴いてもくれないのに演奏するのって虚しいでしょ?
そこで演奏する意味ってあるの?

私と同じように「花は咲く」検索でこの動画を目にしたのでしょう、この動画は飛び抜けて再生数が多かったです。
「リベルタンゴ」「情熱大陸」「自由」(女子十二楽坊)などはマンドリンの音色にとてもマッチしていて素敵でした。
素敵・・・だったのでしょう。よく聴こえませんでしたが。

演奏の本当の素晴らしさと魅力はこの雑然とした場の空気からは伝わってこない。
演奏者はOBでありながら祝賀会で雑談することもお酒を飲むことも会食することもできず、演奏を聴いてももらえない。
会の出席者にとっては宴会芸の一部のような感覚なんでしょうか。
音楽に興味を持つOBはこの中にはいなかったのでしょうか。
誰一人拍手すらしない。指笛・・・大道芸だとでも?

この曲、この祝賀会が行われた5月の頃はまだ浸透してなかったかもしれないですね。
復興支援ソングだとわかっていたところで状況は変わらなかったでしょう。
そもそも音楽を聴かせるための演奏会でもないこの会でBGMにして演奏させること自体が間違っている。
出席者同士で懐かしい昔話に花を咲かせる場ですものね。
この場において残念ながら音楽に花は咲かなかったようです。
こんな扱いならずっとCDでも流していればよかったのではないですか?

演者に背中を向けて音楽に耳を傾けようともしない人たち、祝賀会という場だということを差し引いてもやはりこの動画からは不快感を強く感じてしまう。
音楽を、曲を、演奏者を傷つけられたような。踏みにじられたような。
音楽は人の心を和ませるものではなく空気なのか雑音なのか。
雑音はどちらなのか。

水と油は決して混ざり合うことはない。



 2012年 NHK杯 エキシビション日記帳

Yuzuru HANYU NHK 2012 Ex + encore (no commentary)

羽生結弦選手の演技で使用された指田郁也さんの「花になれ」、今回のNHK杯の放送でグンと注目されているそうですね。

・ 花になれ 指田郁也 歌詞情報 - goo 音楽
・ 指田郁也 「花になれ」|無料動画 GyaO![ギャオ] (Full Ver.)
・ 指田郁也_Fumiya Sashida official fanpage | Facebook

歌詞を読んでいると心が打ち震えます。
言葉のひとつひとつが胸を打ち、人の心を強力に動かす力があるのを感じます。

地元宮城で開催されたNHK杯で見事優勝したゆづのエキシビション、トリを飾るにふさわしいメッセージ性の濃い素晴らしい演技でした。
自らも被災したからこそ演じることができたプログラムでありメッセージ、反響は大きく、見ている人それぞれの心に深く染み渡り伝わったでしょう。

でもここで終わりじゃない。

まだまだこれから。


NHK杯 in 宮城 Opening & 震災支援に感謝 ありがとうスケーティング



2012NT_asA.jpg




自分に出来ること、こんな自分にだって出来ること。

今でも自分の中で葛藤している。
 2012年秋 東日本大震災クリック募金の今

無理をして答えを出す必要はない、人の目を気にすることはないのかなって最近は思う。

最初は二度と見たくないとさえ思ったマンドリン動画だったけど、人としての道を試されているようにも感じられてきた。
状況次第で演奏する側にもなり背を向ける側にもなりうる。
耳を傾けることなく背を向けて談笑し続けている人たちは普段の私たちの姿を映す鏡なのかもしれない。


「花は咲く」 ありがとうスケーティング




何が正解なのか、その判断は人それぞれ。

物の考え方嗜好価値観がすべて同じ人などいない。

答えはそれぞれが出せばいい。 
 

2012NT_as4.jpg


orange_flower.jpg

 

2012年12月25日 追記

2012.12/24 MOIより


 「Fantasy on Ice 2012 in Fukui」の話|指田郁也 オフィシャルブログ 「だいたいBメロ」

9月に行われたFaOI福井で初コラボ、そして先月宮城で行われたNHK杯でのEXでも指田郁也さんの「花になれ」で滑って大きな反響があったプログラム。
全日本選手権で激戦の男子シングルを制したゆづのEX、指田さんのピアノ弾き語り生演奏とオーケストラのコラボレーションが実現しました。

GPFでは2位になりながらも体調不良でEXは欠場となってしまいましたが、今度は大きな舞台で世界中の人に見て聴いて感じてもらいたいですね。


 指田郁也さんのなう | Amebaなう(アメーバなう)
 

2 件のコメント :
  1. あっ…過去記事ちらほら遡ってたら…元・吹奏楽部歴9年(中途半端)魂が疼いて、ようつべ行ってみました~♪
    個人的な意見を言うと、実はアマチュアの演奏家集団って、演奏できればそれでいいやぁ♪みたいなカラオケ気分がなきにしもあらずで。(コンクールは別
    …にしてもまぁ、全員カラオケ気分でなければあれは企画ミスですよね。
    音楽部OBどおしで合同演奏会企画するとか入場更新?+αくらいで止めとくとか。
    高校~大学時代は、演奏会以外にも意外といろんなトコ行きました。
    地域のお祭りの縁日から、地域の障がい者の施設、幼稚園。
    腕前もソコソコの楽団なもんで、後者ほど「掴みはオッケー!!」って感じじゃないとダメで…
    「楽器紹介考えといて(ソロで)」と言われコンクールと違った胃の痛さを味わったり……
    あの時は「顧問や先輩に起こられませんように」としか思ってなかった一方で、
    大学の頃は「自分達の演奏をもっと聞いてもらいたいと思いなさい!」ってよく言われましたね…ホールの人なんかにも(笑)
    ��だってうまい人はうまいけど…どうせB級楽団だもん…イジイジなんてね)
    今、音楽から全く離れて、言ってくれた方の気持ちがわかります。
    長くなりましたが…「花は咲く」名曲です(`・・´)キリッ

    返信削除
  2. �� ながすくじら様
    前にも言ってた記憶があるのですがサイトは携帯対応のようですね。コメント入れようとしてうまくいなかったのですが書いてらっしゃることがいちいち面白いw
    回転木馬はPCで閲覧するのを前提で書いてますので携帯またはスマホからだときっとこのブログは見づらいかと思います。ごめんなさい。動画も見づらかったのではないでしょうか。
    その動画ですが、くじら様が書いているのはマンドリン動画の方ですね。吹奏楽の話が出たので一番下のお花サムネの吹奏楽演奏バージョンの方かと一瞬勘違い。
    くじら様も経験者でしたか。9年って立派なキャリアですよ!
    演奏する場所に演目を合わせるっていうのは当然ありますね。
    幼稚園児に堅苦しいクラシックばかり聴かすのも無理があるし、お年寄り対象だったら懐メロが喜ばれるだろうし、じゃああらゆる世代だったらどうか、そこが難しい。
    あんまり書くとアレなんですが身内に関係者がおりまして、演奏会にはよく聴きに出かけるのです。
    中学高校の演奏で最近のヒット曲をやる・・・やりすぎるのは私は好きではないんです。
    自分がついていけないっていうのもありますけど、観客が置いてきぼりになってるケースがほとんど。聴いてもらう観客の事も考えなきゃダメですねーってこのブログも見てもらってる人置いてきぼりで暴走してるんで偉そうに言えませんけど。
    「花は咲く」、一番上のDailymotionの動画は見られましたか?
    いい曲なんだけど、いい曲なんだけど・・・秋吉久美子でズッコケました。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...