2012-12-18

2012年12月、高橋成美&マーヴィン・トラン組がペア解消へ 


全日本選手権を前にして衝撃的なニュースが飛び込んできました。


 高橋成美、トラン組がペア解消…フィギュア:冬スポ:スポーツ:スポーツ報知

 日本スケート連盟は18日、フィギュアスケートのペアで昨季の世界選手権銅メダルの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組がコンビを解消したと発表した。両選手とも競技を続ける意向で、新しいパートナーを探すという。
 高橋は「近年、競技に対する考えの食い違いからすれ違うようになり、大好きなスケートを継続する積極的な気持ちから、ペアを解消する決心をした」と談話を出した。
 千葉県出身の高橋はトランと2007年にペアを結成。ことし3月の世界選手権でペアの日本代表として五輪を含めて初のメダルを獲得した。団体が初採用される14年ソチ冬季五輪出場に向けてトランが日本国籍取得を目指したが、日本に居住実績がなく難航していた。
(2012年12月18日17時04分 スポーツ報知)
Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 高橋成美&マービン・トランがペア解消 - nikkansports.com

 日本スケート連盟は18日、フィギュアスケートのペアで昨季世界選手権銅メダルを獲得した高橋成美(20=木下ク)マービン・トラン(22=カナダ)組がペアを解消したと発表した。両選手とも引き続き競技を続ける意向で、高橋は14年ソチ五輪に向けて新パートナーを早急に探すという。
 高橋は連盟を通じて「マービンとは長年に渡りペアを組みながら、1人では決してかなわないさまざまな体験を共有させていただき、心より感謝の気持ちでいっぱいです。ただ近年、スケート競技に対する考えの食い違いからすれ違うようになり、自分として大好きなスケートを継続する積極的な気持ちから、ペアを解消する決心をいたしました」とコメントを出した。
 高橋は10月に左肩と右膝を手術し、GPシリーズを欠場していた。また、国籍の違う2人はこのままでは五輪に出場できないため、日本連盟はカナダ人のトランが日本代表としてソチ五輪に出場できるよう、日本国籍取得へ動いていた。
 [2012年12月18日17時23分]


120401-3a.jpg


今年4月の国別対抗戦でこういう記事を書きました。
 2012年・国別対抗戦の今とこれからを考える

ソチ五輪の団体戦へ向けて成功とされた春の国別対抗戦、先程のGPFの中でもテレ朝さんはこの先の全日本選手権や世界選手権をすっ飛ばして国別対抗戦の宣伝をしていましたっけ。
現在、高橋成美&マーヴィン・トラン以外に日本にペアはいないはずです。
春の国別対抗戦、東京で開催するんですがペアのない日本チームには参加資格はないのでは・・・

 世界フィギュアスケート国別対抗戦2013|テレビ朝日

k-sp-0331-0002-ns300.jpg


 フィギュア:高橋・トラン組がペア解消- 毎日jp(毎日新聞)
2012年12月18日  19時53分
 日本スケート連盟は18日、フィギュアスケートの世界選手権(今年3月、フランス・ニース)で日本ペアとして初の銅メダルを獲得した高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組がペアを解消したと発表した。来年3月の世界選手権(カナダ・ロンドン)に出場する他の日本ペアはなく、この大会でのソチ五輪出場枠獲得はなくなった。
 同連盟によると、ここ数年、ペア間でスケートに関する考えの食い違いが拡大したため解消に至ったという。同ペアを巡っては、五輪出場の条件となっているトランの日本国籍取得が難航していたが、同連盟は「今回のペア解消の直接的な原因ではない」と説明。2人とも、新たなペアでの現役続行を希望しているという。
 世界選手権での五輪出場枠獲得が不可能になったため、日本ペアが五輪を目指すためには五輪予選に回る必要がある。同五輪から採用される団体戦は最低3種目でエントリーできるが、メダル争いには影響が及ぶ。


オリンピックでは最低3種目でエントリーできるんですね。
でも高橋&トラン組の2013年3月の世界選手権出場がなくなったことでソチ五輪のペア出場枠獲得ができなくなったと・・・

スケート連盟側の
「ここ数年、ペア間でスケートに関する考えの食い違いが拡大したため解消に至った。同ペアを巡っては、五輪出場の条件となっているトランの日本国籍取得が難航していたが、今回のペア解消の直接的な原因ではない」
との説明を額面通り受け取る人は少ないでしょう。
世界選手権で銅メダルを獲りマーヴィンが日本国籍を取得する意思まで示していたのですから、やはり国籍問題が解決しそうにない事と大きく関わっているように推測されます。
3月の世界選手権に向けて頑張るとの談話を発表したばかりなのに・・・


 【フィギュア】ペアの高橋成美、術後は順調「世界選手権で復帰したい」- MSN産経ニュース
2012.12.10 18:56
 フィギュアスケート・ペアの高橋成美(木下ク)は10日、手術した左肩と右膝について「順調に回復している。できれば(来年3月の)世界選手権で復帰したい」と語った。グランプリ・ファイナルの観戦で訪れたロシア・ソチの空港で取材に応じた。
 マービン・トラン(カナダ)とのペアで昨季世界選手権の銅メダルを獲得した高橋は10月末に手術を受けた影響で、世界選手権の代表選考会となる全日本選手権の欠場を発表している。ただ過去に世界選手権で6位以内に入った選手がけがで全日本を欠場した場合には特例措置があり、世界選手権代表に選ばれる可能性はある。(共同)

Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 フィギュア:ペアの高橋成美GPファイナル観戦 ソチ五輪「出たい」- 毎日jp(毎日新聞)
2012年12月11日
 昨季世界選手権のペア銅メダリストで、今季はGPシリーズ、年末の全日本選手権も欠場する高橋成美がGPファイナルを観戦していた。
 「出たいという気持ちはある」という14年ソチ五輪を見据え、現地で会場の雰囲気などをチェックした。「イメージも膨らんできた」。10月に左肩手術を行った際、同時に右膝の手術も受けたことを明かし「来年の世界選手権で復帰したい」と気合を入れていた。(スポニチ)


 髙橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」
 [LIFE]フィギュア・高橋成美、ソチ五輪でペア世界一狙う:インタビュー:企画:スポーツ報知大阪版 (7月5日)


今は国別対抗戦についてはこれ以上書きません。
彼らが苦渋の大決断を下した心情は痛いほどに伝わってきます。
この決断が各方面に大きな反響をもたらすこともわかっている。
かといって選手も生身の人間なのだ。
機械ではない。命令されたとおりに動くロボットなどではないのだ。


にしても、まさかペアを解消するとは想像もしていなかった。
年末の衝撃的なニュースでした。




これがほんの2、3ヶ月前の現実。

 コスチューム!|髙橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」

今シーズンのプログラムを作り、スロートリプルフリップをモノにするため懸命に練習を積む。
これが「スケート競技に対する考えの食い違いからすれ違っているペア」の姿とは到底思えない。
どうして今こんなことになってしまったのだろう。胸が詰まる。


高橋成美、マーヴィン・トラン、両選手が今後も大好きなスケートをより良い環境で続けていけますように、それぞれにベストパートナーが見つかりますように。
オリンピックの話よりもまずは彼らの今後を心配したい。
成美ちゃんはまずはリハビリ頑張って。

今はこれぐらいしか言えません。


165315445_l.jpg

2012 WFS FS Narumi Takahashi & Mervin Tran 
COI Narumi Takahashi & Mervin Tran

なるのマーヴィンとるな

1587449_mp1akee_l.gif1587449_mp1akee_l.gif1587449_mp1akee_l.gif


b0038294_9291559.jpg




 高橋・トラン ペア解消 フィギュア団体、メダル遠のく 層の薄さ浮き彫り
産経新聞 12月19日(水)7時55分配信
 急成長でペア人気向上にも貢献してきた高橋、トラン組のコンビ解消。単に男子と女子のシングルに偏重した日本フィギュア界の構図に逆戻りしただけ、と割り切れないのは、ソチ五輪で団体が初採用されるからだ。
 世界トップレベルの男女に対し、アイスダンスとペアの強化が遅れてきたが、団体は全4種目のうち3種目以上出場すればよい。男女に高橋、トラン組の力を結集することで、ロシア、米国、カナダなどに対抗できる期待があった。
 トランの国籍取得にいちるの望みを託し、日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員が国会議員ら多方面に帰化の特例適用を働きかけてきたのも、このためだった。
 コンビ解消でソチ五輪団体のメダル獲得は完全に遠のいたが、若い2人の前向きな決断を嘆くべきではない。練習環境が整わず、本格的にペアに取り組む選手が皆無な現状こそが根底にある。
 白紙に戻ったペアの人選は、高橋の新パートナー探しから着手。連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は「できることをやるしかない」と切迫感をあらわにするが、経験の浅い男子選手との急造ペアでは、五輪の出場枠獲得すら厳しい。五輪までわずか1年2カ月しかないこの時期に、層の薄さが浮き彫りになってしまった。

Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 フィギュア高橋ペア解消 団体厳しく… - フィギュアニュース : nikkansports.com
 フィギュアスケートのペアで昨季世界選手権銅メダルの高橋成美(20=木下ク)マービン・トラン(22=カナダ)組が18日、日本スケート連盟を通じてコンビ解消を発表した。同大会で五輪も含めてペア初の表彰台に上がっていた。
 高橋は「近年、競技に対する考えの食い違いからすれ違うようになり、大好きなスケートを継続する積極的な気持ちから、ペアを解消する決心をした」と談話。五輪出場へ必要なトランの日本国籍取得が困難な状況だが、関係者は「それは理由ではない」とした。
 この決断で、ソチ五輪から採用される団体戦の表彰台が厳しくなった。日本人の男性選手を新パートナーとして模索するが、人材は欠乏。見つかったとしても、急造ペアでは五輪切符も危うい。出場20枠中16枠が決まる来年3月の世界選手権は欠場し、残り4枠を争う五輪最終予選の9月ネーベルホルン杯(ドイツ)を目標に置くが、道は険しい。団体戦は全4種目のうち最低3種目に出場すればよいが、それではメダル争いに加われない。
 高橋は現在、10月下旬に手術した左肩と右ひざのリハビリを日本で続け、来年2月の復帰を目指している。7日からソチで開催されたGPファイナルを志願して現地観戦し、五輪への意欲も燃やしていた。
 ソチ五輪のフィギュア団体戦 10カ国が出場し、男女シングル、ペア、アイスダンス各1組ずつ4種目6人で争う。各種目優勝者に10点、2位に9点…と与えられ、各国の合計点で競う。各SP終了時の上位5カ国がフリーに進む。出場者は各種目で五輪出場を決めている選手になる。各種目の出場枠は13年世界選手権で約8割(男女シングルは30枠中24枠、ペアは20枠中16枠、アイスダンスは24枠中19枠)が決まり、残る枠は同年9月ネーベルホルン杯で争う。
[2012年12月19日9時8分 紙面から]

Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 高橋・トラン組解消…ソチでフィギュア団体表彰台絶望 ― スポニチ [ 2012年12月19日 06:00 ]


成美&マーヴィンを非難したり追い込むような事はしてほしくない。
いつの時代もこの国はメダルきちがい。
勝手に国を背負わせて人生をも変えてしまう。
ペアを育てる土壌を作ろうともしてこなかったのに何を今更。

団体戦はこれっきりにしてシンクロを正式種目にすればいい。



2012年12月29日 追記  

 これからも宜しくお願いします!|髙橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」

成美ちゃん自身からの報告。
これまで応援してくれたファンへの感謝の気持ちと復帰に向けての意欲と。

「今は、大好きなスケートに一日でも早く復帰できるように」

そう、それが一番大事。
あなたの未来はまだまだこれから。

成美ちゃんもマーヴィンも、それぞれが新しい扉を開けるように、扉の向こうにさらなる可能性が開いてゆくことを心より願っています。
 


2013年01月30日 追記



 フィギュア・ペアの高橋、木原と新コンビ結成  :日本経済新聞
2013/1/30 2:23 フィギュアスケート、ペアの高橋成美(21)=木下ク=が、2011年世界ジュニア選手権男子代表の木原龍一(20)=中京大=とのコンビでソチ冬季五輪を目指すことが29日、関係者の話で分かった。高橋はカナダ人のマービン・トランと組んで昨季世界選手権で銅メダルに輝いたが、昨年12月に方向性の違いを理由にコンビを解消、新パートナーを探していた。 日本のペアは過去3大会の五輪に出場していないが、ソチで新たに実施される団体の戦力として注目される。ペア転向を決意した木原は愛知県出身で、身長174センチの大型スケーター。高橋、トラン組は国籍が違ったため五輪の出場資格を満たしていなかったが、木原であれば問題はない。

Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 高橋成美とペア結成 木原龍一「初めてで不安もあるが…」 ― スポニチ Sponichi Annex フィギュアスケート 
 日本スケート連盟は30日、フィギュアのペアで高橋成美(木下ク)の新パートナーに男子で2011年世界ジュニア選手権代表の木原龍一(中京大)が決まったと発表した。高橋はカナダ人のマービン・トランと組んで昨季の世界選手権で銅メダルに輝いたが、昨年12月に方向性の違いからコンビを解消した。
 誕生した新ペアはソチ冬季五輪で採用される団体の戦力として注目されており、高橋は「ペアの練習を再開できることを、とてもうれしく思っている」とのコメントを出した。木原は「ペアを組むのは初めてで不安もあるが、これまでの経験を生かしてトレーニングをしていきたい。一日でも早く国際大会へ出場できるように頑張っていく」との談話を出した。

Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉ Ԅ ҉ ӝ ҉ Ԅ ҉

 フィギュア:高橋の新ペア、佐藤有香コーチに師事:毎日新聞
 日本スケート連盟は30日、マービン・トラン(カナダ)とのコンビを解消していたフィギュアスケート・ペアの高橋成美(21)=木下ク=が、男子の木原龍一(20)=中京大=と新たなペアを組むと正式に発表した。米デトロイトを拠点とし、プロで夫婦ペアを組んだ佐藤有香、ジェーソン・ダンジェン両コーチに師事する。  同連盟の伊東秀仁フィギュア部長によると、木原は2年前に中京大で行われたペアの体験会に参加。この時、講師役を務めた高橋が「フィット感がある。ぜひ一緒に組みたい」と熱望し、今年に入って木原が応じた。  2人は2月から約2カ月間、デトロイトで合宿し、9月のソチ五輪最終予選での出場枠獲得を目指す。伊東部長は「実際に組んでみないと分からない面もあるが、せっかく日本人同士のペアができたので、積極的に強化していきたい」と話した。【芳賀竜也】


意外に早く相手が決まりましたね。木原龍一選手。
これを書いている時点では木原くんが出場した国体の成年男子演技が終了したばかり。個人の総合成績は7位でした。
 第68回冬季国民体育大会フィギュアスケート競技大会日記帳

木原くんにとっては一大決心だったでしょう。シングルとペアでは全然違う。それでも元々備わっている個人の能力がなければ務まらないのは言うまでもありません。

私個人としては成美ちゃんが今後ペア競技を続けていく上でのパートナーは外国人が適していると思っていましたが、背景の事情も透けて見えるのは致し方ありません。
佐藤有香&ダンジェン夫妻がコーチ、頼もしいですね。こんな時だからこそ有香ちゃんにオファーがきたのでしょう。
決まったからにはもう後ろは振り向かずに。前を向いて茨の道を掻き分けて一直線に突き進むのみ。
ファイト! 成美&龍一!!
元相方のマーヴィンにも最良の相手が見つかりますように。

嬉しいお知らせ|髙橋成美オフィシャルブログ「氷上のフェアリー」 

2 件のコメント :
  1. ながすくじら2012/12/22 6:13

    えーと、ものすごくお久しぶりですm(_ _)m。
    ご記憶に残ってたら嬉しいですが…こちらのブログ更新がなかなか難しくなってきて…
    でもこのニュースにあまりに寂しくなって、戻って来ました。
    国別対抗戦の記事、同感です。ホント、シンクロを五輪種目にすりゃあいいのに…と思うんですが
    男女揃ってる競技じゃないと新種目には難しいですかね。
    国別対抗戦。あの時のモヤモヤってホントそんな感じでした。で、結局何も変わってなかったんだなー…と。
    メダル一つで「ネ申」にされちゃう国も嫌だけど…、
    五輪のために国籍変えていいと思える精神構造って日本人特有なんですかね…猫ひろしさんくらいだと悲壮感なくていいけど(←)
    長い競技の歴史の中では、「高トラの悲劇」とかってネーミングして振り返れる時が来るのかしら…
    リード姉弟のブログに「自分たちもそうだったけど、すごく辛いときは誰もある」ってナニゲに書いてあるなー…と思って読みました。
    また彼女のはじける「ガッツポーズ」がみたいです。
    長文失礼しましたm(_ _)m

    返信削除
  2. �� ながすくじら様
    お久しぶりです!最近ご無沙汰してるなぁお元気かしら?って思ってたところですよ。ようこそいらっしゃいました。
    報道ではスケ連側が発表した「近年、競技に対する考えの食い違いからすれ違うようになった」っていうペア解消の理由をそのまま取り上げていますが、これは建前上こう発表するしかなかったのであって、怪我も治りきっていないのにGPFの会場にまで足を運んで、3月の世界選手権およびソチ五輪への意欲を示していたばかりの彼女がそんな風に思ってはいなかったであろうことは明白です。(と言い切ってしまうのも危険かもしれませんが)
    だからこの報道のままではあまりにも気の毒だなぁと泣けてくるのです。
    フィギュアスケートファンだけはその発表の言葉の裏に隠された現実の重みを汲み取ってあげたいです。
    ソチ五輪で最低3種目エントリーで参加できるっていうのは私は把握していなかったです。
    なので前に書いた国別対抗戦記事ではその観点で書いてしまっていたかと思いますが、春の国別対抗戦はこれまで通り全種目が揃わないとダメですよね?どうするんでしょうかテレ朝さんは・・・
    ホスト国でありながら日本チームが参加できなくても大会を中止する訳にもいかず、でも興行的視聴率的には恐ろしく厳しい現実が待っているでしょうね。
    これも冷静な云い方をすれば代わりのきかないペア、アイスダンスの高トラ・リード組に頼りきっていたツケでしょう。
    それは国別の時のギリギリもしくは限界を越えていたような状態でもクリスが出場せざるをえなかったあの時にも胸がチクチクするほど感じていたのであの時はああいう記事にしたのですが。
    普段フィギュアスケートをあまり見ない人だと「じゃあ別の日本人男子に相手させてソチ五輪出ればいいじゃん?」って思われるかもしれませんが、シングルの選手がそう簡単にペアという競技に転向して女性を支える・放り投げてしっかりキャッチする、相手とのタイミングを合わせてジャンプ、スピンをするetc
    スケーティングの基礎ができているだけではそう簡単に転向などできない過酷な種目です。
    前の記事で書いてたかなぁ?とあるブログでフィギュアスケートに興味もないくせに「メダルきちがい」の元体育部顧問高校教師が猫ひろし問題とマーヴィン問題を同等に扱って批判しているのを見てしまって。
    メダルのために簡単に国を捨てる的な。アホすぎるでしょ?
    成美ちゃんが今後組むであろう選手はきっと外国人でしょう。
    もうこういう事になったのだから成美ちゃんマーヴィン共に自分の理想の相手を自分の意思でそれぞれ選んで見つけて今後もより良い環境で競技を続けていってもらいたいですね。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...