2013-08-03

浅田真央の集大成、フリープログラムがお披露目になるまで妄想風船プゥ!


THE ICE 2013の愛知・大阪公演は無事日程を終了しました。
 THE ICE チャンネル - YouTube 

浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14(DVD付)
浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14 [CD+DVD]
Ima (アーティスト),ラン・ラン[郎朗] (アーティスト)
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 2,033 通常配送無料
発売予定日は2013年10月2日です。 

曲目リスト

1. ノクターン第2番
2. ピアノ協奏曲第2番第1楽章
3. スマイル/この素晴らしき世界
4. 白鳥の湖
5. 愛の夢
6. 誓い~ジュピター
7. 『仮面舞踏会」よりワルツ (真央SPエディット)
8. 前奏曲嬰ハ短調『鐘』 (真央FSエディット)
9. ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー
10. 幻想即興曲
11. 『カルメン』組曲
12. マイ・ガール2のテーマ
13. セイ・ヘイ・キッド
14. インカ・ダンス

商品の説明

内容紹介
●2014年、ソチオリンピック開催! 日本が誇るトップ・フィギュア・スケーターであり、CM等でも幅広く活躍し、日本中が常に関心を寄せる国民的スター、浅田真央選手唯一の公式コンピレーション、最新版! !
●今期は既に使用曲も全曲発表! 本人による「“ソチ・オリンピック"は、これまでの集大成」という言葉に合わせて、オリンピックイヤーでもあり、浅田真央の集大成として、2001年以降の競技活動で使用してきた曲も収録。

【今期の使用曲】
SP:ショパン:ノクターン(演奏:ピリス/DG) FS:ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(演奏:ランラン/DG)
EX:"Smile/What a Wonderful World" (歌:IMA)
●浅田選手が今シーズン使用する楽曲を全曲&初の2001年以降の過去楽曲も集大成として収録! (※過去曲全てではありません)
●ブックレットには、浅田選手の写真を多数掲載!
●CD+DVD仕様で、7月24日&25日に行われた「THE ICE@名古屋」での演技をDVDに収録。今期演目もお披露目。

まだCDジャケットも出来上がっていませんが、アーティスト名を真っ先に発表するというのはそういうことなのかな。よくあるフィギュアスケートミュージックなるCDは選手の使用音源とは別モノだったりしますが。
正直ラン・ランのラフコン2はフィギュアスケート向きではないなーなんて思ってたんですよ。CD音源はね。かなりクセがある個性的な音。
ラン・ラン音源だったら冒頭のね~~っとりした鐘の音を使わないのであればOKですが。冒頭抜きで第一楽章はないな、第三楽章でドラマチックに盛り上げるのねっ!てな感じでいろいろ妄想風船膨らませちゃうぞーぷうっ <3

 ラフマニノフピアノ協奏曲第二番を聴き比べ検証してみた その4 | みどりの森の回転木馬
この記事で紹介したラン・ランのところから抜粋。
とりあえずCD音源よりライヴ映像見てよ!30分なんてあっという間だから!!


音楽 ラン・ラン(Lang Lang〔中国語 :郎朗〕, 1982年6月14日 - )
  中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&パガニ-ニ狂詩曲

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&パガニ-ニ狂詩曲
ラン・ラン(p)
指揮: ワレリー・ゲルギエフ
演奏: マリインスキー劇場管弦楽団
2011年録音



指揮: サイモン・ラトル 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 
ジルヴェスター・コンサート 2009(2009年12月31日)


映像(オーバーアクションと顔芸)と音が楽しめる動画と違ってCDは音が全て。
冒頭ネットリゆったり弾くのはCDもライヴも同じ。曲の解釈のこだわりを感じます。好き嫌いは分かれるでしょうが。
終盤に向けてグイグイ加速、ラン・ラン独自の世界観に引き込まれていきます。左手がお休みの時はなぜかその手で指揮をしています。こりゃリピート止まらんなぁ。


っていうのは参考程度に。


本当にラン・ラン?・・・と思ったら30日放映の番組の中で出てきた練習風景、数秒しか映らなかったけど第一楽章の部分使ってました。
ジャンプ、いい感じで跳べてますね。


オーボエが入るところ (2A-3T) 金管鳴らすところ (3S)
(※ リンクさせてあるのはコチシュ・ゾルターン盤です)
撮された練習映像が短い上に音が反響しているので判断が難しいところですが、オーボエ部分はややゆったりなラン・ラン盤とはテンポが違って聴こえますねぇ。
このスローパート部分を使う選手はこれまでほとんどいなかったかな。大体はこの部分は飛ばしてる。

これまでに発売された浅田真央スケーティング・ミュージックCDはレーベルがEMIミュージックジャパン、今年3月に吸収合併されて今回はユニバーサルミュージックに変わっていますね。
ラン・ランのCDもユニバーサルミュージック(イエローレーベルのドイツ・グラモフォン)なので、版権に問題のないラン・ランを収録したのではないでしょうか。過去発売のものはレーベルの枠を超えて収録されたものもあったようですが。

ほんのわずかなオーボエの音を聴いただけなのですが、どうしてもラン・ラン盤の音には聴こえなかったの。
ラフコン1のために買ったコチシュ・ゾルターン盤、この速いテンポが一番近い(ていうかほぼ合ってる)ように感じました。あくまでも私の耳でそう感じただけなので鵜呑みにしないでねん。金管のところはゾルターン盤の溜めとは違うようにも聴こえるしね。
(ラン・ランやツィマーマン聴いた後でコチシュ聴くと倍速ぐらいに聴こえる)
他にも参考音源は聴き比べ検証記事にそれなりには置いてありますので、根気のある方はいろんな音を聴いてみるのもいいかもしれません。
(よく使用されるアシュケナージ盤もちょっとしっくりこなかったなぁ。)

コチシュ・ゾルターン盤に関してはこちらの記事に書いてあります。
ラフマニノフピアノ協奏曲第二番を聴き比べ検証してみた その3 | みどりの森の回転木馬

動画は第一楽章のみです。
 Amazon.co.jp: Ultimate Rachmaninov (5 CDs): Various artists: 音楽ダウンロード

 Amazon.co.jp: Rachmaninov: Piano Concerto No.2: Valentina Lisitsa: 音楽ダウンロード
テンポの速い演奏という点では発売されたばかりのヴァレンティーナ・リシッツア盤も気になっているのですが、こちらはAmazonやiTunesの試聴に該当部分は含まれていません。

ここまで書いて全然違ってたらごめんちゃー い (๑≧♉≦)
「音なんて曲が一緒なら同じ・気にしない」って人にとってはどうだっていい話なんですが、この曲は同じなんかじゃないから奥が深いの!ラーメンの味なの!
アテクシもここまでこの楽曲に関わってしまったからには多少のこだわりはあるんざますのよっ!(机ドンッ!)

真央ちゃんのラフマニノフのフリー演技お披露目は10月5日のジャパンオープンまでおあずけかな。

いつの間にか再生リストのど真ん中再生ボタン下に  PLAY ALL  なんてボタンが表示されるようになっていたでござる。



2013年08月15日 追記

コメント欄で話が出てきたものも含めての追記です。

 フィギュアスケート音源案内
こちらのサイトで様々な選手が使用した音源を紹介されています。
こちらでご紹介するのは管理人が聴き比べた上でこれが音源だ!
と思ったものだけですが、もし間違っていたらごめんなさい。

と書かれていますし、ここで書いていいものかどうかと考えましたが、大変音楽に造詣の深い管理人様だとお見受けいたしましたので紹介させていただきました。

もうひとつの理由は、この管理人様がそうではないかと書かれている音源は私の耳で聴いてもほぼそうではないかと思ったからです。
コチシュ・ゾルターン盤も大変近い感じではありましたが、3Sのところの金管の音の溜めがちょと違うみたいだなぁってしっくりこなかったんです。
ベレゾフスキーを聴いて電気走りました!!
(管理人様、もしここをご覧になられたら連絡してください!)

あくまでも断定でも断言でもありません。
「おそらくこれではないでしょうか」というものであります。なにしろ今はほんのわずかな練習動画しか参考資料がないわけですからね。

では該当部分をお聴きください。


ライヴ演奏動画はありましたが、CD音源は今のところ探せませんでした。試聴も該当部分はありません。ではなぜこれが聴けるのかというと


音楽 ボリス・ベレゾフスキー(Boris Berezovsky, 1969年1月4日 - )
  モスクワ出身のロシアのピアニスト。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、第3番 (Rachmaninov : Concertos pour piano 2 & 3 / Boris Berezovsky - piano, Dmitri Liss - direction) [輸入盤・日本語解説書付]
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、第3番
[輸入盤・日本語解説書付]
ボリス・ベレゾフスキー(p)
指揮: ドミトリー・リス
演奏: ウラル・フィル
2005年録音

Piano Concertos Nos 2 & 3
Piano Concertos Nos 2 & 3 [Import]
ボリス・ベレゾフスキー(p)
指揮: ドミトリー・リス
演奏: ウラル・フィル
2005年録音


買ったんだよ!
またやっちまったのさ!

後悔はしていない (`・ω・´)

動画サイトに転がってれば拾うけど全部は無理っす!今の所はこれで勘弁っす!


※ ライヴ演奏動画はCDのレコーディングとは全く別の音源です。参考まで。
 

 Amazon.co.jp: Rachmaninov concertos pour piano 2 & 3: Orchestre Philharmonique de l’Oural and Dmitri Liss Boris Berezovsky: 試聴 

もう一度念を押しておきますが、かなり近いとは思うけどこれは断言でも断定でもありません。
参考音源を聴いて興味を持たれた方はぜひご自分の耳で全体を通して聴いてみてください。


真央プロフィール&レコード | 浅田 舞・浅田 真央オフィシャルウェブサイト

2013-2014 プログラム曲

試合曲名作曲者
EXスマイル/What a Wonderful Worldチャーリー・チャップリン
FSピアノコンチェルト第2番作品18-1セルゲイ・ラフマニノフ
SPノクターン第2番変ホ長調作品9-2フレデリック・ショパン

FSの曲名が18-1となっていますので、第一楽章のみになるのではないでしょうか。
Piano Concerto No.2 in C minor,op18 1st Mov ; Moderato

個人的には第三楽章のラストで華やかに締めるのがいいなぁなんて思ってたのですが。
第一楽章を使用するのであればその後に第三楽章も入れるとなると演技する上では詰め込みすぎて全体的に統一感がなくなってしまうかもしれませんね。それなら第一楽章のみでまとめた方が作品としてはずっといいでしょうし。

第一楽章であれば冒頭の鐘の音を模した和音はまず外さないでしょう。
カナダ・バンクーバーで鳴らしたラフマニノフの鐘を4年の時を経てロシア・ソチの地へと引き継いで荘厳に鳴らす・・・
それが真央ちゃん自身と彼女を支えてきた人々にとって最高の幸せをもたらす鐘(金)であるよう願っています。



2013年09月25日 追記

本日は浅田真央選手23歳のお誕生日です。
:,\('ー'*)才×〒"├¬(*'ー')/,:・゚

15歳ミラクルマオないしょだよシーよしガッツポーズでたよっ真央ちゃんはもう笑顔ですぅ~レゴブロックプレゼントされてでっかいドラえもん抱えてたキスクラから月日が流れるのはあっという間だわねぇ。


 MAO ASADA 応援プロジェクト!浅田真央選手に応援メッセージを届けよう!

スミセイさん、ガッツリ応援、気合入ってます!どんだけ本気なんでしょう。素晴らしいです。
応援メッセージっていうのを30文字制限で書いてねーって言うんで何度かエラー出したけどなんとか通ったわ。
んで、応援メッセージくれたらFacebookのアイコンにもできる「MAO ASADA応援プロジェクト」デジタルバッジあげるよーって言うんでありがたく受け取ったんだけど、回転木馬のFBは個人のじゃないのでうまくいかなかったのね。
でもせっかくなんで自分で合成して無理矢理こんなの作ってみたのー。


時々コメント欄なんかで書いてたんだけど、このアイコンは'89年NHK杯のみどりがOn my ownで滑ってる時のものなんです。色合いが愛の夢衣装となんとなく合ってるかな。
あれ?日付変わったら応援プロジェクトページの画面がかなり変わってるんですけど。
お誕生日に合わせたのかしらね。YouTubeチャンネルも気合入ってます。

● 住友生命 公式チャンネル - YouTube

テレビCM第一弾【「一度きりの冬」編】(浅田真央応援プロジェクト)


練習シーン①【ステップ編】(浅田真央応援プロジェクト)


・・・ちょっとちょっと!!これってフリー!?
これ、どう見てもSPのノクターンじゃないですよね!?スミセイさんやりすぎそんなに出血大サービスしちゃっていいんすか!?
音がないのがまた妄想を掻き立てられますなぁ。(*´Д`)ハァハァ
使用するのは第一楽章のみらしいんで、ていうことはこの映像見た感じだとやっぱりこれまでよくあるパターンの編集なのかしらね。

ほぼ同じ部分のパート使用でほぼ同じ演技構成っていうラフマニノフ記事では何度か引用してる動画だけど見てもらった方がわかりやすいんでしつこいけどドゾー
(サーシャの演技年の記載がミスってるのはないしょだよシー!)

Figure Skating "Rachmaninov" Piano Concerto No. 2


たまたまではあるけれどここに出てくる選手、ほとんどがパープル系衣装なのね。
SPのノクターンはまだ流動的ではあるけれど、SPがパープルのイメージでいくみたいだし、さて真央ちゃんのフリーはどんな衣装のどんなカラーのどんなデザインになるのでしょうか。
(肌襦袢だけは・・・肌襦袢だけはナチュラルにたのんます (-人-;)  )

じゃあ私もちょいとサービスしましょうかね。それっぽいの。


はいはい、妄想風船プゥって膨らませてね。深夜のやっつけ編集、繋ぎが強引なのも愛嬌愛嬌。
(編集作業って大変ね・・・いつもブーブー言って申し訳ございません (´ε`;) )
ジャパンオープンの演技見てこれと全然違ってたとしても気にしない気にしない一休さぁぁぁーんはぁーーい!一休さんの声はキテレツ→月影先生、千の声を持つ声優でござるよ。ねぇムーミンこっちむいて って歌ってたのも一休さんでござる。豆知識でござる。

ちなみにこれはフェードイン&フェードアウトかけたり音を被せたり後半は音量上げたりってなことテキトーにやってたんで元の音源そのまんまじゃありません。
これまでよく使われていたアシュケナージ×プレヴィン盤よりはフィギュアスケートの演技に向いた音なんじゃないかなぁ。速すぎず遅すぎず管楽器とのバランスも程良い感じ。ティンパニーのドコドコ音の響きも心地いい。
(再度念を押しときますけどまだベレさん確定じゃないっす!!)


スミセイさん動画に音ハメ動画
(一部埋め込み無効のためリンク先でご覧ください)


これまで当ブログではこの曲に関していくつか記事にして様々な演奏も耳にしてきたので、「それが頭と耳に残っているうちに」と前の追記から今日の追記の間に動画をいくつか作って、それに合わせたラフマニノフ冒頭&クライマックス聴き比べを記事にしました。

真央ちゃんが今シーズンこの曲で滑るからここまで記事にしたというわけではないですが、真央ちゃんが第一楽章のみで滑るのだとしてもぜひ全楽章通して聴いてみて曲のテーマ性や全体の印象を感じ取ってもらいたいですね。
その中から「うわぁ~こんなところを使ってるんだ!へぇ、あの部分がこのステップかぁ」みたいに使用した部分が判ればさらに曲に対する造詣は深まるのではないでしょうか。

9月30日 追記
浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14(DVD付)の曲目リストの詳細が出ましたので、この記事の最初に記載しておきました。
過去に使用した曲、THE ICEの模様を収録したDVD付きでこのお値段はお得ですね。
ただ、コンピレーションアルバムとはこういうものだと理解した上でのCDではあります。
私個人としては「あの」ラン・ランの第一楽章だけを聴かされるのは物凄く違和感を感じるでしょうね。ラン・ランに関しては「全部通して聴かないと意味はない、中途半端」、この曲の虜になった人・クラシックファンであれば必ずそう言うでしょう。

ラン・ランの冒頭、ラフマニノフピアノ協奏曲第二番の冒頭を聴き比べしてみた その1でも書いたけど激遅です。あれをフィギュアスケートで使うとかまず考えられない。
部分的に違うピアニストの音をミックスするという手もないこともないですが。
第三楽章の畳み掛けるような音の波、あれを最後に味わうための第一楽章だもの。冒頭の極度に遅い鐘の音はその対比。

この記事に関しては浅田真央選手のフリーがどんなものになるのかというテーマなので、第一楽章だけ聴ければ十分という人はそれでいいでしょうし、このブログではここまでラフマニノフ記事を書いてきて様々な音源も聴いてきた上で私の感想をここに書いています。
それぞれの好みで鑑賞すればいいってことで締めくくりとさせていただきます。


img450bc6b8zik9zj.jpeg

はぁ~い。面白かったぁ?
ジャパンオープンの演技お披露目まであわてないあわてない、一休み一休み。

じゃぁ~ねぇ~。




2013年10月07日 追記

浅田真央選手の今シーズンのフリープログラムが解禁・お披露目となりました。
ジャパンオープン2013日記帳 | みどりの森の回転木馬 

詳しくは試合記事を見てもらうとして、演技の全貌がわかってしまえばこの記事でこれ以上書く事もないかなとも思ったのですが、この記事にはこれまでにかなりの数アクセスいただいているので、ここでずっと書いてきた音源について少し触れます。

浅田真央(日本) 135.16  リザルト プロトコル

第一楽章のみで構成された音の編集に関してはやはりブツ切り感は否めません。何度も書いているのですが、フィギュアスケートの全体の演技構成に合わせるための再編集なので、この曲に馴染んだ方が違和感を持ったとしてもそれは致し方ないでしょう。
(さっそく「ひどい 編曲」てな検索がきてた (;´д`) )
3:02の繋ぎは褒めてやってくださいよ。終盤のステップも見せ場なんで、あそこでリピートさせないとリンク端にたどり着くまでに曲がいいところで終わっちゃうんです。(と思ってください)
曲そのものを堪能するのであればCD聴くしかないし。
この演技でさらにこの曲に興味を持つ人は必ず増えます。その時に改めて知って聴いてもらう、そのきっかけになるというのもいいじゃないですか。


音源はやはりボリス・ベレゾフスキーで間違いないと思います。
某頭部分のみ、これで最後です。
曲を聴かせて音源を探るアプリってのもあるそうなんですが、機械ではなく生身の人間・ご自分の耳で確認してみてください。
真央ちゃんの演技はそれはそれで楽しむもの。楽曲は全楽章通して聴かなければ堪能できません。
聴くのはベレゾフスキーではなくてもいいんです。興味があったら聴き比べ記事の動画も見てやってください。


ちなみに、11月中旬にベレゾフスキーが来日、N響との競演でこの曲も演奏されます。
KAJIMOTO | アーティスト | ボリス・ベレゾフスキー
 NHK交響楽団 定期公演 2013/14 シーズン

来年3月にはニコライ・ルガンスキーが来日、京都市交響楽団とこの曲を演奏。
 京都市交響楽団 - コンサートスケジュール
その頃にはソチ五輪も終わってますね。どうなるんでしょう、どちらもベストタイミングです。


集大成のフリーにこの曲を選んだ真央ちゃんに特上の星が輝くように祈って、この記事はここでお開きとさせていただきます。












11 件のコメント :
  1. こんにちは!

    はじめてコメントします。みかんと申します。
    よろしくお願いいたします。
    いつも、楽しく拝読しております。

    わたしもあの短い動画をみて、真央ちゃんのラフマニノフの音源はなんだろう???とすっごく、気になってまして、あの金管楽器の響きは、ロシアンオーケストラ&ロシア人指揮者じゃないかなあと想像して探してます。

    ランランさんもゲルギエフ指揮&マリインスキーなんでアリかなと思います。でも、タラソワさんのことだから、ピアニストもロシア人で攻めてくるかなあと思ったりして、ニコライ・ペトロフ&エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮のCD買って聴いてみようかな?って思ってます。
    しかし、あまりにも動画が短いんで検証が難しいですよね(笑)
    それでは、また!

    返信削除
    返信
    1. みかん様はじめまして! でいいんですよね?
      確かガラカメ記事だったかに同じハンドルネームの方が訪問されてた記憶があるのですが別人ってことで。

      いやぁ、私より随分お詳しそうでこれは頼りになりますっていうか頼らせてくださいっ!w
      みかん様がおっしゃってるのはこれでしょうか。
      http://bit.ly/1cFzmCJ
      amazonさんで調べたら出てこなかったわ・・・

      真央ちゃんの練習動画がもうちょっとメロディーがハッキリ聴き取れる特徴のある部分だとよかったんですが。
      とはいってもこのブログ記事で取り上げてないものもまだたくさんありますし、聴いてもやっぱりわかんないかもしれないし。
      「音源はこれ使ってます」って言ってくれれば売上に大きく貢献して差し上げるのにね ( ̄∀ ̄)

      真央ちゃんが使用するかどうかは別として、買いたいなー気になるなーって盤が二つありまして・・・
      病気ですなぁ。ルガンスキー買ったばかりなのに。

      そうそう、ルガンスキーはロシア人ですけど真央ちゃんの使ってるものではなさそうです。
      タラソワさんが演奏者の国籍までこだわって採用するかなぁって気もしますが。
      気持ちはわかるんだけど、やっぱり演技を最大限に生かしてくれる音であってほしいですし。
      試合で演技する上ではゆったりしたものは滑りづらい曲だと思うのですが、じっくり聴くときは壮大に少し溜めを効かせた演奏の方が好みだったりします。

      まだまだ奥が深いぜラフコン2。

      削除
  2. 猫のみかん2013/08/08 11:15

    RQさま、みかんです、こんにちは!
    確かはじめての書き込みだったのですけど、ごっちゃになるといけないので名前を「猫のみかん」にしますね。

    いやあ、ぜんぜん、詳しくないんですよ。確かにラフコン2は大好きなんですが、予算不足で(苦笑)レンタルで借りたリヒテルのCD1枚を繰り返し聴いてるだけなんで(笑)ですから、RQさまの記事で沢山動画を紹介していただいて、ほんと感謝してます!!!

    ペトロフさんのCDは、ご指摘の通りです。ほとんど廃盤状態なんで、タワーレコードで申し込みましたが、入荷待ち状態で、手に入るのかどうかわかりません。ショパンのバラードとかスケルツォとか盛り沢山のCD集なんで欲しいのですが・・・

    リヒテルとワルシャワフィルのは真央ちゃんの音源じゃないと思います。RQさまのご指摘通り、ランランさん&ゲルギーもオーボエの部分のテンポがぜんぜん違いますよね。ピロコさま&スヴェトラ先生も動画で聴きましたが、こちらも音源じゃないと思います。しかし、この演奏は、今までに聴いたことのないラフコン2でした(爆!)さすが、スヴェトラ先生です、ひと味違います。スヴェトラーノフのファンなんで、あれはあれで、面白いです。

    >「音源はこれ使ってます」って言ってくれれば売上に大きく貢献して差し上げるのにね ( ̄∀ ̄)

    ほんと、そうですよ!村上春樹みたいに音楽業界とコラボして欲しいわ(笑)

    タラソワ先生がどういう戦略でくるか???ひとつのプログラムで、部分的に違う演奏家を組み合わせたりするので(白鳥がそうでした)、いろんな演奏家のコラージュ状態の可能性もありますよね。難しいです。

    >まだまだ奥が深いぜラフコン2。

    ほんとにそうです。ぜんぜん、聞き飽きません。傑作ですよね。
    それでは、また!

    返信削除
  3. では改めまして猫のみかん様、よろしくお願いいたします (*´∀`*)

    最初ラン・ランの名前が真央CDに出てたのを見た時は半信半疑だったんです。
    練習動画と聴き比べてもやっぱり同じようには聞えない。
    なので同意見が増えたってことでちょっと安心しましたw
    あのオーボエ部分ばっかり聴いていたので頭(耳)混乱して半分訳わかんなくなってますが、やはり真央ちゃんが使用してる音源はかなりの速さですね。
    3S跳ぶ直前に別の音が被ってるような気もするし、早く全体の演技を見て音を聴いてみたいです。
    あの後いくつか別の演奏を聴いてみたけどどれも遅すぎるって感じたくらい。
    演技で使用するのとじっくり腰を落ち着かせて聴くのとではやはり違うのだなと思いました。

    実はあれから気になっていたというCD二枚をポチってしまいまして。ビョーキビョーキ (´ε`;)
    前々から聴いてみたかったスティーヴン・ハフとリシッツァ。
    真央ちゃんが速いのを使ってるからというわけではないのですが、どちらも超絶技巧の速めの演奏らしいです。
    CDが届いて聴いてから短い感想を聴き比べ記事の方に追記する予定です。

    真央ちゃんの白鳥は別の音源が混ざってたのですか。
    すぐりんのラフコン2もアシュケナージとツィマーマンの混合。
    クラシックファンが聴いたらありえない!って怒るのかもしれませんが、その選手にとって合わせやすく滑るのに最適になるようにやってるわけだから多少は多目に見てもらいたいなーなんて思います。

    ピロコ様・・・CDの方も独創的な音でしたよね・・・
    N響との迷演奏、時々脳裏に浮かんで困ってますwww

    返信削除
  4. RQさま

    こんにちは!猫のみかんです。
    こちらこそ宜しくお願いいたします。

    前のコメントで、あれも違う、これも違うといいましたが、音源通りのテンポでなく、機械でテンポアップを計る場合もあるので、油断大敵だと思いました(汗)真央ちゃんの音源のオーボエはけっこう速いですよね。そういうテクを使ってる可能性もあるかもです・・・(弱気)。

    やっぱ、あの動画だけじゃヒントが少なすぎる!
    ぜんぶ聴かないとわかんないですよね。JOまでおあずけなんて長すぎるわ・・・

    >前々から聴いてみたかったスティーヴン・ハフとリシッツァ。
    わたし、あんまり詳しくないのでハフさんは知りませんでした。でも、いろいろググってみましたが、彼のラフコン2も凄そうですね。ヴァレンティーナ・リシッツァさんは動画サイトが盛り沢山で、惜しげもなく披露してくれて、ありがとう!って感じです。そのうえ美人だし。

    聴き比べ楽しみにしてます!

    >真央ちゃんの白鳥は別の音源が混ざってたのですか。

    おそらくそうではなかろうかと・・・。
    そのことを自分のブログで書いてるので、よかったら読んでみて下さい。
    こんな記事です↓

    ★真央ちゃん、スヴェトラーノフとコラボ?!
    http://blogs.yahoo.co.jp/delightful_mikan/66430504.html

    >クラシックファンが聴いたらありえない!って怒るのかもしれませんが、その選手にとって合わせやすく滑るのに最適になるようにやってるわけだから多少は多目に見てもらいたいなーなんて思います。

    わたしもそう思います。フィギュアスケートって、なんでもアリだとおもうんですよ。芸術としては発展途上だとおもうし。なにしろ演技時間が短いから、どうしても映画の予告編みたいに、おいしいとこ取りしたり、順番変えたり、スケートにあわせてテンポを変えたりとか・・・

    >N響との迷演奏、時々脳裏に浮かんで困ってますwww

    わたしもです。なごませてもらってます(爆!)

    すみません!長くなって!
    それでは、また!

    返信削除
    返信
    1. 拝見しましたよ。8CDって!!!
      インポート盤と日本盤って値段が倍くらい違ってたりするし、ブックレットにこだわらないんだったら断然インポートの方がお得!

      音源案内サイト、こんな素晴らしいサイトがあったのですね。今後大いに参考にさせてもらいます。
      真央ちゃんのところに早速書いてあるじゃないですか。
      ここの管理人様の意見というか予想はベレゾフスキー。
      ベレゾフスキーは試聴も該当部分ではないし、つべにあがってる動画もCD盤ではなくライヴなんですよね。
      JOの演技披露でおそらくコレだろうとハッキリすればまたこの記事か別の記事にでも追記します。

      ついでに他のラフコン2で滑った選手のところも見ましたが、私と同意見のものもあれば全然違うものもあり。
      いやぁ~ん、困ったわ、偉そうに書いちゃってw (でも直さないけどwww)
      聴き比べ1記事で書いたのは手持ちのCDと同じように聴こえたものを書いたので、あれは私の感想であって断定ではないと思ってもらえればね。
      音源サイトの方も一応「もし間違っていたらごめんなさい」とは書いてありますけど、クラシック全般に造詣が深いかなりのマニアでらっしゃるようなので私よりも相当耳は肥えているでしょう。
      (この管理人様、そちらにコメント欄がないのでここ見てたら連絡ください!是非!)

      ピッチを変えるっていうのもままありますね。
      私自身音の編集ソフトでピッチを変えずに演奏のタイムを微妙に縮めるという事をやった経験があって、そういった点では恐ろしく高い音に変えてしまったリッポンのやつは最悪でした。
      あんなのラフマニノフじゃねぇ!(演技ではなくて音楽の編集が、です)

      いろいろ聴き比べしてたら動画作りたくなっちゃってどうしましょうかw
      自分自身に余裕が出来て音源もある程度集められたらいづれは作るかもしれません。
      聴き比べ記事で紹介した動画、つべの方は削除されてしまったし、その手の動画事情は厳しいのかもしれません。

      削除
    2. RQさま、こんにちは!
      当方のブログをお読み下さり、ありがとうございました。

      音源サイトの管理人さん、すごいですよね。真央ちゃんのラフコン2も140人155種類の演奏を調べたとのこと、私なんぞとは、次元が違います。これだけの数の演奏の聴き比べって、大変だったでしょうね。

      アマゾンのベレゾフスキーさんのCDレビューによると、かなりの演奏スピードだそうで、オケも指揮もロシアンだし、聴いてみたいなって思いました。MP3ダウンロードなら1500円なのも魅力的です。

      >ついでに他のラフコン2で滑った選手のところも見ましたが、私と同意見のものもあれば全然違うものもあり。

      いやあ、当たってようが違ってようが、いろんな意見があって、それが楽しいって思います~

      >いろいろ聴き比べしてたら動画作りたくなっちゃってどうしましょうかw

      それ、すごくおもしろそう!動画作りって大変そうですけど、楽しみにしてます。

      それでは、また~!

      削除
    3. 音源案内サイトはあれから当ブログのリンク集に早速追加しておきましたよ。
      そこの管理人様には遠く及びませんが、つべで動画を出していた初期の頃は選手の滑ってる曲や音源を可能な限り調べて説明のところに載せていたんです。
      そのうち、それが逆に動画の寿命を縮めることにもなりかねないっていう感じになってきたので途中でそれまで書いてたものを泣く泣く消しちゃったんですけど。
      私の出してる動画はほとんどが昔の演技動画なんですが、それでも選手が演技の中で編集で滑っているものに対しても厳しかったりするのです。
      そういうこともあって、今このブログでこういった記事を書けるのはありがたいことであります。

      私はMP3で購入するよりCD派なんですよ。
      先に届いたスティーヴン・ハフ、速いといっても部分的にでした。私は好きですけどね。ライヴ音源なんですよ。最後鳥肌!!!
      ハフは真央ちゃんのものではなさそうでした。

      動画は素材を揃えるのに時間がかかりそうですが、頑張って作るつもりではいます。(既に選考中)
      フィギュアスケートの動画ではないけどまったく無関係ではないのでスケートファンにもきっと興味を持って見てもらえるのではないかな。

      削除
    4. 猫のみかん2013/08/13 12:50

      RQさま、こんにちは!

      なんか、わたし、とんでもない勘違いというか、読解力がないというか、こちらであげている動画の数々は、RQさまの作品だったんですね。

      今更、気づいてごめんなさいm(__)m
      大変失礼いたしました。

      あれだけのものをお作りになって、ほんと凄いです!!!すごく凝ってるし。

      実は私も真央ちゃんのバラード1番の動画にリストのエステ荘の噴水をあわせて、なんちゃって動画を作ったことがありますが、音楽編集がほんと大変で、思うような仕上がりになりませんでした。RQさまのご苦労はほんの少しだけわかります。

      取り急ぎ、お詫びだけ申し上げさせていただきました。(お盆なんでいろいろ時間がなくって・・・)今後の記事&動画楽しみにしています。

      それでは、また!
      ありがとうございました。


      削除
    5. むむ?私も読解力が足りませんが、
      ラフマニノフ聴き比べ記事で紹介した動画でしたら大ちゃんがフィニッシュで両手を広げてるサムネの Figure Skating "Rachmaninov" Piano Concerto No. 2 という動画以外はつべやニコ動にあがっている動画を私が再生リストにまとめたものですし、
      つべへアップしたフィギュアスケートの演技動画に添える説明文に今は必要以上の詳細は書けないので、ブログで記事として取り上げる際に余裕があればどういう曲を使用しているのかを記載している、そういうことです。

      マイチャンネルを見てもらえば大体こんな感じだとわかってもらえるかと。
      http://www.youtube.com/user/richq10

      ピッチを変えずに速さを縮めたっていうのはその中にあるボイタノイーグル集を制作した時ですね。
      http://blog.richq10.net/2011/05/blog-post_10.html

      ブログをやり始めてからは本格的な動画はほとんど作れないでいます。
      ラフマニノフ動画は時間はかかりそうですが出来上がればここで記事にして紹介しますので、その時はまた見てやってください。

      削除
  5. 猫のみかん2013/08/16 12:39

    RQさま

    こんにちは!追記部分読みました。
    音源あげてくださって、ありがとうございます。
    ベレゾフスキーさん、かなりの確率で真央ちゃんの音源ではないかと思いました。
    はやく、全編聴きたいですね。タラソワさんがどんな編集をしているのか楽しみです。

    >Figure Skating "Rachmaninov" Piano Concerto No. 2 という動画以外はつべやニコ動にあがっている動画を私が再生リストにまとめたものですし

    そうなんですか、いろいろ勘違いしてしまって、失礼いたしましたm(__)m
    でも、ボイタノイーグル集は素晴らしいです。

    ラフコン2聴き比べ動画楽しみにしてますね!
    それでは、また!

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...