2013-09-29

2013年 ネーベルホルン杯 エキシビション日記帳&総括


これから2013年ネーベルホルン杯を増殖記事にしていきます。
女子/ペア アイスダンス/男子 エキシビション&総括

 タイムスケジュール
 オンラインリザルト
 Nebelhorn-Trophy 2013 - Deutsche Eislauf-Union e.V.
 TVスケジュール 放送予定

※ 動画はここに全部は貼り付けられないので選手名にリンクさせてあります。


エキシビション

男子14位 キム・ルシーヌ(モナコ)&トマシュ・ベルネル(チェコ)
このスーパーマリオをSPで見た時は正直楽しめなかったなぁ。この手のプログラムは真剣勝負の試合でやるもんじゃない、EXでおやりなさいっての。ピコーンピコーンうるせぇのなんのって。ジャンプもダメダメじゃん。
・・・え?これもモロゾフ振付け?あの男バッカでねーの!?(言っちゃった言っちゃった!)
ドミ息子にロロパクリやらせる節操のなさといい、もうあの男の時代は終わったわよ (* ̄Д ̄)y-~~~
選手に対して誹謗中傷するような事は書かない(書くこともなければ書く理由もない)と言ってる私がここまで書くのはこの男にだけ。若いうちからさんざもてはやされて才能枯渇しちゃったんじゃないの?
・・・ていうのは試合に限った話。結局EXに呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン、ハクション大魔王実写版はボヤッキー実写版と化して大コケしそうなヨカーン!
同じマリオでもSPの時とは衣装が全然違うんです。(動画を比べて見てみてね)
スペシャルゲストのトマシュ・ベルネル(チェコ)がゲームプレーヤーで湧いて出てきた!ゲームクリアでやったやったー!\(^o^)/ってお前も試合でダラダラしてんじゃねーよ!

男子12位 ルイス・マネッラ(ブラジル)
男子7位 マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
男子3位 ジェレミー・テン(カナダ)

男子2位 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
男子1位 織田信成(日本)

アイスダンス5位 アリサ・アガフォノヴァ/アルペル・ウチャル(トルコ)
アイスダンス4 シントン・ファン/シュン・ジェン 黄欣彤/鄭汛(中国)
アイスダンス2 クセニヤ・モンコ/キリル・ハリャヴィン(ロシア)

アイスダンス1位 マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー(アメリカ) 

女子7位 アンネ・リネ・ヤシャム(ノルウェー)
女子5位 ブルックリー・ハン(オーストラリア)
女子4位 ヴェロニク・マレ(カナダ)
女子3位 アシュリー・ケイン(アメリカ)

女子2位 安藤美姫(日本) 
女子1位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア)

ペア6位 ナターシャ・ピュリッチ/マーヴィン・トラン(カナダ)
ペア4位 アナベル・プローレス/ルーベン・ブロマールト(ドイツ)
ペア3位 マリ・ヴァルトマン/アーロン・バンクリーブ(ドイツ)

ペア1位 タチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ(ロシア)

男子 トマシュ・ベルネル(チェコ)アントン・コワレフスキー(ウクライナ)


トwwwマwwwシwwwュ 金パンツといい、最近はEXの方で弾けてるけど試合しっかりしなさいよっ!でも面白いので許すwww
面白くて楽しいやつは技術も伴ってないと面白みが半減するってことがあるんだけど、これはバッチリよ。楽しい!でも試合頑張れ。
ちなみにトマシュはこのネーベルホルン杯に出場してませんが、ホームリンクがここなのでゲスト出演ってことになったのかな?
オンドレイ・ネペラ杯には出場します。しっかりやれよ!!
Musicals on Ice Oberstdorf 2013 Carmen - Tomas Verner & Anton Kovalevskyi
フィナーレ



ソチ五輪の残りの枠をかけた予選大会でもあった2013年ネーベルホルン杯は無事閉幕しました。
結果はこのようになりました。

Figure Skating 2014 Sochi Olympic Games qualified all countries ソチオリンピック出場国・出場枠 

 2014年ソチオリンピックフィギュアスケート団体戦ルール - Yahoo!知恵袋






今大会に出場を予定していたフィンランド女子のキーラ・コルピは直前の骨折により出場を断念、ユーリア・トゥルッキラだけでは代表枠獲得の責務はあまりにも重く・・・


「これも人生、明日は明日の風が吹くわ」だなんて言うにはあまりにも残酷な結末。
スイスもどこも枠取れなかったんですね。ランビやサラ・マイヤーが抜けた後数年でこうなってしまうんだなぁ・・・

日本だって今シーズンが終わればトップがごっそり抜けるわけですから決して他山の石ではないわけで。
マーヴィンの国籍問題がこじれてのペア解散、成美自身も足の怪我を乗り越えてペア経験のない新パートナーの木原くんとは短期間でよくここまでやったけれど、一年足らずの急造ペアに重責を背負わせるのはあまりにも酷だった。
古傷をまた痛めてしまったクリスの限界を超えた血のにじむ様な枠確保。

朝日新聞デジタル:ひざ痛クリス「死んでもいい」 重責果たしたリード組 - スポーツ


ひざ痛クリス「死んでもいい」 重責果たしたリード組

写真・図版
アイスダンスで五輪出場を決めた、キャシー・リード、クリス・リード組のフリーの演技=遠藤啓生撮影
写真・図版
五輪出場を決め喜ぶ、アイスダンスのキャシー・リード(左から2人目)、クリス・リード(同3人目)組=遠藤啓生撮影
(28日、フィギュアスケート・ネーベルホルン杯)
 アイスダンス・フリーの演技を終えたリード組のクリスは、その場に両手両ひざをついた。「ひざは痛いが頑張った。最後は死んでもいいと思った」とクリス。最後のリフトでわずかに減点されただけで、ほぼ完璧な演技だった。
 8月に着氷の衝撃で右ひざの半月板がちぎれ、まともに走ることもできなかった。動揺すると思い、姉のキャシーには重傷だとは告げずに練習を続けた。今後、手術を検討する。
 日本がソチ五輪から採用される団体戦に出場するには、既に獲得していた男女と、もう1種目の出場枠が必要。前日に高橋成美、木原龍一組(木下ク)がペアの出場枠を逃し、2人には団体戦の枠取りの重責もあった。キャシーは「プレッシャーはあった。コーチや家族の支え、ファンの声援が後押しになった」と泣いて喜んだ。
 男女各30、ペア20、アイスダンス24の枠が確定。男子でフィリピン、女子でブラジルが1枠を確保し、五輪のフィギュアスケートに初めて出場する。
 団体戦出場を争う11カ国には、英国、エストニアなど、国際大会での表彰台が遠い国もあり、男女が強い日本の団体戦の出場確率は高い。

これらの報道は日本国内でどれだけされているのだろう。信成だって男子ぶっちぎりの優勝だよ?
安藤美姫だけの大会のような報道一辺倒。
それでもオリンピックが近づけばメダルメダルと騒ぐんだ。

キャシー・リード&クリス・リードのオフィシャルブログ「華麗なるアイスダンス」

ペアが育たない、日本で練習できる環境にない、アイスダンスもこれからもっと強化しなければ。
男女シングルともに今後複数表彰台を狙えるくらいの選手は育つのか。
これまでのフィギュアスケート人気に胡座をかいてたツケが一気に押し寄せてきた時、ただ離れていくだけなのか、それとも将来を見据えてより良い方向に向かっていけるようサポート体制を作っていけるのか。



ソチオリンピック開幕まであと130日。
必死で練習を積み重ね、試合をこなして、代表を勝ちとった選手も夢が叶わなかった選手も、高い山を目指して汗を流すその姿をこの目に焼き付けたい。

そこまでの過程もオリンピックのひとつだと思うんだ。


 2013-14 GPSアサイン出ました。うひょー!
 (2013 GPS 各試合出場選手)
  1. スケートアメリカ 10/18(金) - 10/20(日)
  2. スケートカナダ 10/25(金) - 10/27(日)
  3. 中国杯 11/01(金) - 11/03(日)
  4. NHK杯(東京・代々木) 11/08(金) - 11/10(日)
  5. エリックボンパール杯 11/15(金) - 11/17(日)
  6. ロシア杯(ロステレコム杯) 11/22(金) - 11/24(日)
  7. グランプリファイナル(福岡) 12/05(木) - 12/08(日)

GPシリーズ6戦の日本人出場選手
第1戦スケートアメリカ 高橋大輔、小塚崇彦、町田樹、浅田真央
第2戦スケートカナダ 羽生結弦、無良崇人、織田信成、鈴木明子
第3戦中国杯 小塚崇彦、村上佳菜子
第4戦NHK杯 高橋大輔、無良崇人、織田信成、浅田真央、鈴木明子、宮原知子
         高橋成美/木原龍一、キャシー・リード/クリス・リード
第5戦フランス杯 羽生結弦
第6戦ロシア杯 町田樹、村上佳菜子、今井遥、宮原知子、高橋成美/木原龍一

ソチ五輪 日程

日付時間種目
2月7日0:30チーム男子SP
2月7日0:30チームペアSP
2月8日23:30チームアイスダンスSD
2月8日23:30チーム女子SP
2月8日23:30チームペアFS
2月10日0:00チーム男子FS
2月10日0:00チーム女子FS
2月10日0:00チームアイスダンスFD
2月12日0:00ペアSP
2月13日0:45ペアFS
2月14日0:00男子SP
2月15日0:00男子FS
2月17日0:00アイスダンスSD
2月18日0:00アイスダンスFD
2月20日0:00女子SP
2月21日0:00女子FS
  
0 件のコメント :
コメントを投稿

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...