2014-10-14

高橋大輔の道




2014年10月14日 高橋大輔、引退表明


※ Webニュース、動画はこれから新しいものが出てくれば一部差し替え・追加していきます。





近い将来にこの日が来ることはわかっていました。
「突然の引退・早すぎる引退」という報道も見ましたが、地元に戻っての決断・発表はいかにも彼らしく、彼にとっては最良の選択だったのではないでしょうか。



高橋大輔が歩んできたこれまでの道程


もろく壊れやすいガラスのハート



見ていてハラハラ、時にはイライラもさせられたガラスのハートを持つ選手が徐々に力を身に付けて、いつしか日本男子のレベルを底上げし牽引する存在に。
日本はおろか世界のトップに食い込む選手に成長していくその姿を見ているのはとても楽しくて嬉しくて、フィギュアスケートの魅力を彼によって何度も再認識させられました。
引退の報道で映像がトリノ五輪の演技からバンクーバー五輪の演技へ、さらにソチ五輪の演技と移っていったのを見て、「その間に男子のフィギュアスケートは大きく変わっていったなあ」といろいろなことが思い出されました。



成長と躍進、怪我



怪我との戦いでもあった現役生活、中でも世界選手権で銀メダルを獲得し、翌シーズンの四大陸選手権では当時の世界歴代最高得点をマーク、「さぁこれから!」というバンクーバー五輪前年の右膝前十字靱帯断裂は選手生命を左右する転換期でもありました。
あの辛い時期を乗り越えての日本男子に初めてのオリンピックメダルをもたらしたバンクーバー五輪銅メダル、欲を言うならばあの時はもう少し時間が欲しかった。高橋大輔の100%ではなかったから。
4年に一度のオリンピック出場とメダルは本人の努力とはまた別に運とタイミングの巡り逢いがぴったりと重なった選手に幸運と栄光がもたらされる。
高橋大輔にあっては「二年ズレていたら」と思わされて、たらればでしかないとはいえそこは運がなかったのかなぁとは感じます。





数字だけでは表せない何か



いつだって思うように完璧な演技ができたわけではありません。体調不良に襲われたり、ブレードのビスが外れるというアクシデントに見舞われたこともありました。


2012年、大きな大会が終わってお祭りムードの要素が強い国別対抗戦にあって、この時のフリー演技には同じ競技者である他国のライバル選手が彼の演技に心からの敬意を表して拍手と喝采を送りました。
フィギュアスケートの魅力とはまさにこれなのだと、国別で争うという大会の趣旨などどこかへ吹き飛んでいった、それを自らの演技で引き寄せた強く印象に残る演技と出来事でした。

Aq7TiUdCQAAtqTj.jpg



記録と記憶に残る選手



日本男子のフィギュアスケートを語る上で外せない人といえば佐藤信夫・佐野稔・本田武史・そして高橋大輔。もちろん羽生結弦も。
彼を語る上でステップや表現力というものは欠かせないけれど、常に新しいものにチャレンジし音楽の中に繊細な動きを同化・融合させて作品として作り上げていくセンスは彼だけにしか成し得ない世界で、バンクーバーSPの「Eye」に代表される振付師宮本賢二との出会いも彼の能力と魅力を引き出してくれたものと思います。


「次は何をやってくれるんだろう」と期待感を強く持たせてくれて、そしてその期待を裏切らない・期待にしっかり応えてくれる選手でした。

脂が乗った時期だったら金メダルを獲る実力は持ち合わせていたと思っている。
「大輔は優しすぎて」と言っていた歌子先生。彼にもうひと押しが足りなかったのであればやはりそこだったのかもしれない。



ゴール間近



最後のシーズンはやはり不本意だったと思います。
個人的には道化師のようなプログラムをオリンピックシーズンで見たかったなぁと思ったけれど、あの時だったからこそあの全日本選手権の演技だったのだろうし。
自分が思い描いた理想の引き際とはいかなかったことで引退の決断もすぐにはできなかったのではないかと感じます。
スッキリ、納得できる形で引退できる選手の方が少ないのだけど、それも勝負の世界の非情。
競技でしか味わえない喜び。磨かれる技と感性。それと引き換えに競技を続けることで増してくる肉体と精神への過酷な負担。
やっと、やっと重い荷物を下ろすことができたね。軽くなれたかな。

次から次へと思い出されることもあって、ここに書き足りないことはまだまだたくさんあります。これから少しづつ思い出を手繰り寄せていくことにしましょう。

ボーカル曲解禁となった今シーズン、「オペラの声楽入りの道化師で滑る高橋大輔を見てみたかった」、真っ先にそう思いました。
これも時代の巡り合わせ。一期一会。



高橋大輔が歩むこれからの道


The Long and Winding Road






 The long and winding road     長く 曲がりくねった道が
 that leads - to your door    きみの もとへと通じている
 Will never disappear      決して 消えることのない
 I've seen that road before    ぼくが以前に見たことがある その道は
 It always leads me here     いつもぼくを ここに導(みちび)いて
 Leads me to your door       きみのもとへと 誘(いざな)ってくれる

 The wild and windy night     風が ひどく吹き荒れた夜
 that the rain - washed away   雨が 洗い流したあとに
 Has left - a pool of tears     涙の(ような) 水たまりを残していった
 crying for the day        この日のために 泣き続けた(かのように) 
 Why leave me standing here,  なぜぼくを ここに残して立ち去ったのか
 let me know the way       その道(方法)があるのなら 教えてほしい

 Many times I've been alone    これまでぼくは ずっと一人きりで
 and many times I've cried    何度も何度も 泣いていたんだ
 Anyway you'll never know    いずれにせよ きみには決して分からないだろう
 the many ways I've tried    ぼくが色々なやり方で 努力してきたことが

 And still they lead me back   いまだにぼくを もと(の場所)へと連れ戻す
 to the long - (and) winding road 長く曲がりくねった あの道へと
 You left me standing here    きみはぼくを ここに置き去りにしていった
 a long, long time ago       ずっと、 ずっと以前に
 Don't leave me waiting here,  ぼくをここに置き去りにしたまま 待たせておかないで
 lead me to you door      きみのもとへと ぼくをいざなっておくれ

 But still they lead me back    いまだにぼくを もと(の場所)へと連れ戻す
 to the long - (and) winding road 長く曲がりくねった あの道へと
 You left me standing here     きみはぼくを ここに置き去りにしていった
 a long, long time ago      ずっと、 ずっと以前に
 Don't keep me waiting here    ぼくをここに ずっと待たせておかないで
 lead me to you door       きみのもとへと ぼくをいざなっておくれ





高橋大輔の「道」はこれからも続いていきます。
もちろん寂しさはありますが、彼がこれからどんな未開拓の地を切り開いてゆくのか、それを楽しみにしています。

大ちゃん、お疲れ様。歌子先生、ありがとう。
しばらくはゆっくりしてね。




 2014年10月18日
 皆様へ
ご存じかと思いますが、先日引退を発表しました。
このHPでの報告が遅くなりすみません!!!
スケートを始めた頃、日本代表に入ること、グランプリシーズ、全日本選手権、そして世界選手権で優勝すること、ましてやオリンピックに3回も出場し、銅メダルを獲得することは夢にも思っていませんでした。それらの夢を、沢山の方々の力を借りて現実のものにする機会に恵まれました。
競技生活は大変なこともありましたが、どれもこれも本当に色々な方に支えられ、やり抜くことができました。スケートを始めて20年、スケートを通じて色々な機会に恵まれ、これほど長い間、競技選手としてスケートを続けてこられたのも皆様のおかげです。この場をお借りして、皆様に感謝と御礼を申し上げます。
ファンの皆様には、ジェットコースターのような僕の競技人生にお付き合い頂き、いつでも温かく見守ってくださり、僕を支え、挑戦し続ける強さを与えてくれて、本当に感謝しています。
引退してから競技者に一度戻れる、ということもフィギュアのルールにはあります。僕自身、競技者として未練がないわけではないです。ただ、競技者に戻るとしても、新しい道に進むとしても、一度区切りをつけることが必要だと思い、この決断をしました。この決断が僕をどのように導いていくかは未知の世界です。競技生活での充実感を越えるような新しい目標を考える日々には不安もあります。でも、それと同じぐらいこれからが楽しみです。
こんな僕ですが(笑)、今後も温かく見守って頂ければ幸いです!
また皆様とお会いできる日を楽しみにしています!
Daisuke



誰も知らない高橋大輔 [DVD]誰も知らない高橋大輔 [DVD]
高橋大輔

ポニーキャニオン 2014-11-19

Amazonで詳しく見る

2 件のコメント :
  1. エミリン2014/10/20 2:00

    以前から、時々読ませていただいていたものです。
    正直、あと2年ずれていれば、それはバンクーバー後の2年、ソチ前の2年ですよね。本当にそう思います。
    昨季も、ファイナル前は非常に良い演技をすることができた。ただし、今期は迷いがあった。年齢もあり、体力のこともある。迷いが生じたこともある。それが、シーズン始まりの状態でもあり、NHK杯後のケガでもあったかと。
    五輪の出場とメダルは、本人の努力とは違うところにあり、運と巡り合わせが必要。まさに、その通りだと思うし、高橋選手に合っても全くそうだと同感です。
    体の動きから音楽そのものを表現できる選手、彼ほどの選手は今現在も今後もいないだろうと思います。一つの時代が終わり、寂しさとともに感謝をささげたいです。

    返信削除
  2. この日がいつか来ることはわかってはいたし、こうして発表されたことには驚きはなかったのですが、きっとその寂しさをズッシリと実感するのは年末の全日本選手権が始まった時なのでしょうね。
    そこにいるのが当たり前だった光景がいつもと変わってしまっているその時に。
    こればかりは継続を願っても誰にもどうにもできないことだから。



    「(一旦引退はするけれど)もしかしたらまた戻ってくるかもしれない」
    という話は勝負を度外視するのであればなくはないけど、実現の可能性は極めて低いと思われます。
    アマチュア引退の届けを出さずに数年お休みして競技に復帰した選手のほとんどは数年間のブランクで「ショーで観客に見せるために滑る」と「競技として滑る」事の違いを感じてそっとフェードアウトしていくというケースが圧倒的です。
    でもそういう選手たちの気持ちもわかるんですよねぇ・・・だから切なくなってしまう。


    復帰の前例としてみどりの話が持ち出されていましたが、あれは当時長野五輪で上位に食い込める期待をできる選手がいなかったことで復帰させられたようなものなので、あのケースと同じにはできないけど
    ・・・うーん、やっぱり「引退」という形でとにかく気持ちに整理を付けたかったけれどまだ後ろ髪ひかれる思いが残されてるってことなんでしょうか。
    これからの数年をどう過ごすかでまた本人の気持ちも周りの状況も変わってくるでしょうし、何をやるにしても目の前の道を突き進んでいって欲しいと願います。


    後に続く選手にはしっかり道を開拓してくれたし、彼のような選手を見られたという巡り合わせには心から感謝したいです。
    彼の存在でまた新たなフィギュアスケートの魅力も可能性もたくさん教えられました。

    返信削除

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...