2014-12-02

2014年 NHK杯 エキシビション日記帳



これから2014年GPSNHK杯をそれぞれ増殖記事にしていきます。
ペア/アイスダンス 女子 男子 エキシビション

 タイムスケジュール
 14-15シーズン NHK杯 日程・結果|スポーツナビ
 オンラインリザルト 
 14-15シーズン GPシリーズポイント表 男子 女子 ペア アイスダンス
 放送予定 
 2014 NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会
 2014NHK杯国際フィギュアスケート|NHK
 2014NHK杯国際フィギュアスケート|動画  

※ 動画はここに全部は貼り付けられないので選手名にリンクさせてあります。

エキシビション



樋口先生が「後進に道を譲りたい」とのことで解説&毎年恒例の「豊の部屋コーナー」を勇退、「豊の部屋がないNHK杯なんてコーヒーを入れないクリープのようだわ、って書いても若い人には意味が通じないのかしら」とか思ってたら、


なんだかちゃっかりうまくノブナリが後釜に座っちゃってるんですけど。樋口先生の男子選手に嬉しそうにくっついてお触りして温かく熱~い視線で見守るコーナーから、選手と和気あいあいお友達トークのノブナリの部屋ってのもなかなかいいんでないかい。


ノwwwブwwwナwwwリwww

涙流して笑いが取れるのって君だけやで。失笑じゃなくて「また泣いたのかよしょうがないなぁw」っていう温かい笑い。これまたいいタイミングで泣けるよねぇ。つかみはOK。泣き芸というニュージャンルを確立。マリオン放置プレイw







男子6位 エラッジ・バルデ(カナダ)

女子5位 加藤利緒菜(日本)

アイスダンス8位 平井絵己/マリオン デ・ラ・アソンション(日本)

男子2位 セルゲイ・ボロノフ(ロシア)

ペア7位 高橋成美/木原龍一(日本)

女子7位 ジジュン・リー 李子君(中国)


女子4位 村上佳菜子(日本)

ペア3位 于小雨/金揚(中国)

男子4位 羽生結弦(日本) 


男子 三宅星南(日本)

女子 本田真凛(日本)



男子5位 ジェレミー・アボット(アメリカ)

ペア2位 川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ(ロシア) 

女子3位 宮原知子(日本)

アイスダンス2位 クセニア・モンコ/キリル・ハリアービン(ロシア)

男子3位 無良崇人(日本) 

ペア1位 メーガン・デュアメル/エリック・ラドフォード(カナダ)

女子1位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 

アイスダンス1位 ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)

男子1位 村上大介(日本)

フィナーレ

オープニング&フィナーレ




君君さん(@lizijunn)が投稿した写真 -






GPS6戦が終了、GPF進出の選手は以下の通りです。

男子シングル男子シングル
順位選手名ポイント第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦備考
1
ロシア
3015(優勝)15(優勝)
2 2813(2位)15(優勝)
3
日本
町田 樹
(関西大学)
2815(優勝)13(2位)
4
日本
無良 崇人
(HIROTA)
2615(優勝)11(3位)
5
ロシア
セルゲイ・ボロノフ
(ロシア)
2613(2位)13(2位)
6
日本
羽生 結弦
(ANA)
2213(2位)9(4位)

女子シングル
順位選手名ポイント第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦備考
1 3015(優勝)15(優勝)
2 2813(2位)15(優勝)
3
ロシア
2815(優勝)13(2位)
4 2611(3位)15(優勝)※★辞退
5 2613(2位)13(2位)
6 2413(2位)11(3位)
7
日本
本郷 理華
(愛知みずほ大瑞穂高校)
227(5位)15(優勝)

12月05日 追記
総合ポイント4位のグレイシー・ゴールド(アメリカ)が左足疲労骨折のためGPFを辞退、繰り上げで本郷理華選手が出場となりました。
グレイシーはNHK杯後に違和感を感じたのでしょうか。本郷さんは急な出場で調整が大変かと思いますが、チャンスをいただいたのだと前向きに考えて頑張っていただきたい。


ペア
順位選手名ポイント第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦備考
1
ロシア
クセニア・ストルボワ、ヒョードル・クリモフ組
(ロシア)
3015(優勝)15(優勝)
2 3015(優勝)15(優勝)
3 2815(優勝)13(2位)
4
中国
彭程、張昊組
(中国)
2611(3位)15(優勝)
5
中国
隋文静、韓聰組
(中国)
2613(2位)13(2位)
6
中国
于小雨、金揚組
(中国)
2413(2位)11(3位)

アイスダンス
順位選手名ポイント第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦備考
1 3015(優勝)15(優勝)
2 3015(優勝)15(優勝)
3
フランス
ガブリエラ・パパダキス、ギョーム・シゼロン組
(フランス)
3015(優勝)15(優勝)
4 2613(2位)13(2位)
5
カナダ
パイパー・ギレス、ポール・ポワリエ組
(カナダ)
2613(2位)13(2位)
6 229(4位)13(2位)








ソチ五輪・世界選手権と大きな大会が終わってひと区切り、実力者の引退&休養と若手の台頭がある五輪翌シーズンは寂しさもあり、また未来への飛躍を感じさせてもらえるという楽しみもあります。


2014年グランプリファイナル(スペイン・バルセロナ) スケジュール
 タイムスケジュール
 14-15シーズン グランプリファイナル 日程・結果|スポーツナビ
 フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2014|テレビ朝日
 テレビ朝日 フィギュアスケート Facebook 
 放送予定  テレビ朝日
 Web oficial - ISU Grand Prix Final Barcelona
 大会情報|キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ


GPF進出を決めたゆづに関しては未だ懸念の声も聞かれますし、私としては今回はファイナルに進めなかったら全日本まで程よく調整が出来るのではないかと思ったのですが。
どうしても出たいとの強い思いで万全でない体で戦いギリギリで出場の切符を手に入れたことで、ますます手を抜かずに無理をしてしまうのではないだろうか。
これから徐々に元の感覚を取り戻していくだろうけど、彼がここまでやっているのは金メダリストのプライドや意地だけではなく、失敗もあった中での金メダルだったことの不完全燃焼が原動力になっているのだろうと思う。
再び追う立場になったという点で、この経験が目指すものができた彼をさらに強くしてくれると願いたい。


今の選手・とりわけ日本人選手は手を抜くということが下手。頑張りすぎて体を酷使しすぎていると常々思わされます。
もちろん近年の試合に次ぐ試合、アマチュア選手でも合間にガンガンアイスショーに参加というハードスケジュールにも問題はあります。特にGPFに出場する選手は全日本選手権までの日程が本当にキツい。昔のように一月中旬開催に戻せないものでしょうか。

本当にあの事件以来たくさんのことを考えて考えさせられてきました。改革できることがあれば今だからこそやっていただきたい。教訓を今後に生かすためにも。再び同じことを繰り返さないためにも。切にそう願います。


0 件のコメント :
コメントを投稿

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...