2016-03-31

2016年 ボストン世界選手権 男子日記帳



これから2016年世界選手権をそれぞれ増殖記事にしていきます。
アイスダンス/ペア 男子 女子 エキシビション 

 タイムスケジュール│figure skating memo
 オンラインリザルト
 世界選手権 日程・結果|フィギュアスケート|スポーツナビ
 2016 ISU World Figure Skating Championships®
 ISU World Figure Skating Championships - ISU 
 大会情報|キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ
 ISU Figure Skating Facebook Twitter Instagram
 ISU Figure Skating Instagram Page
 Eurovision Sports Live
 世界フィギュアスケート選手権2016 - フジテレビ
 【公式】フジテレビスケート(@online_on_ice) | Twitter

※ 動画はここに全部は貼り付けられないので選手名にリンクさせてあります。



男子


男子SP  リザルト プロトコル

SP1位 羽生結弦(日本) 110.56
もう彼ひとり異次元の世界で滑ってますね。別格。そして漲る気合が怖いくらいだった。
これだけの演技をしても本人曰く出来は70%らしい。
試合前の公式練習の曲かけの時にテンくんに進路を妨害されたとして声を荒げたということですが、この時の動画を見たわけではないのでなんとも言えません。これまでテンくんにそのような言動があったというのを聞いたことがなかったのでにわかには信じ難かったですが。
今、孤高のチャンピオンになりつつある彼の一挙手一投足が取り上げられます。中にはそれが微妙に書き換えられて伝わることもあるでしょう。様々な要素の積み重ねでナーバスになっていたところでの出来事だったのかもしれません。
このような事があると必ずどっちが悪い論争が起こります。テンくんを何も知らないであろう普段フィギュアスケートなんて見ない層は口汚くテンくんを叩き、何かとゆづを叩かないと済まない「一部の人たち」はここぞとばかりに攻撃。そういうのはもううんざりなんですよ。
ゆづはこれまで何度か選手と接触しそうになったり激しくぶつかったこともありますが、自分の曲かけ時となるとまた事情は違ってきます。一概に一緒には出来ません。

追記
その後、ニュースでゆづの曲が流れている時の公式練習の動画・画像が流されているのを見ました。うーん、確かにあれではテンくんに非があると言われても致し方無いかな・・・ただ、スポーツ新聞の見出しも怒りを煽るような作りになってしまっていましたし、発言・行動の影響力の大きさもまた感じました。
試合で競う以外の部分での対立は望みません。公式練習の場にはテンくんのコーチのフランク・キャロルもいましたからテンくんだけが責められるものではありません。これ以上は試合そっちのけになってしまうので、この問題に関しては後日別記事で書いていく予定です。

日本のメディアは当然「ウチの大事な羽生くんに何してくれるんだ」的報道に偏ってしまいます。なんとか後味が悪くならないよう穏便に収束してくれるといいのですが。
2014年中国杯の衝突事件もありましたし、これが暗黙の了解とか常識と思っているだけではなく明確なルール決めや再確認の場を早期に設けていただきたいものです。

今シーズン、点数の高騰で感覚が麻痺しまくっています。110.56で世界最高点更新かと思ったら昨年末のGPFでの演技が110.95。ほぼ一緒ですが、シーズンの集大成である世界選手権でこの点数を叩きだしたことに大きな価値がありますね。
そして、二年にわたって滑り込んできたこのショパンのバラード一番のSPも今日が見納め。多分。これからもこのSPでもいいんじゃない?なんて思うくらい。私、同じプログラムを次シーズンも持ち越すのって前はあまり好きじゃなかったのに、「いつまでも見ていたい」と思わせるほどにまで完成度を高めるっていうのは誰にでもできることではないんだよなぁ。
名残惜しいので、時々エキシビションで滑ってください。

SP2位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 98.52
4Sの痛そうな転倒はあったものの、さすがは本場仕込みのフラメンコですな。いや、日本人ならみんな日本舞踊踊れるのかっていうようなもんでスペイン人がみんなフラメンコ踊れるってわけでもないけど。コレオで10点出してるジャッジもいますね。
彼が凄いのは昨年のディフェンディングチャンピオンでありながら同門のゆづの実力を認めて自分のレベルもさらに引き上げていっているというところ。昨年より格段によくなってるもの。
ハイレベルの争いは見ていて燃えるね。

SP3位 パトリック・チャン(カナダ) 94.84
“休日のお父さん、日曜大工でもやっちゃうぞ”パトリックが滑る時だけリンクがセラフィットに変わります。
「滑る滑る!僕はセラフィットを滑る目玉焼き!」
先月の四大陸は久しぶりに絶対王者パトリックの本気を見せてくれました。たった一年の休養で勢力図も変わりクワド数種類を何本跳ぶかという時代になってもPさんのツルスケは誰にも真似できない生きるお手本なので、フリーでは今持てる力を存分に出してもらいたい。
大会前に「(今回の結果で)区切りをつけるか二年後を目指すかを決める」と言っていたようだけど、まだこんなところで終わるのは許さないからね。

SP4位 宇野昌磨(日本) 90.74
ここのところ不安もあった4Tは綺麗に着氷、イーグルからの3Aごちそうさん!3Fはちょっと詰まって3F-2Tになったものの、初のシニアワールドデビューとは思えない堂々とした演技だったのではないでしょうか。きっと本人は全然納得してないだろうと思いますが。SPはこれぐらいの方がフリーでうまくやれるんじゃないのぐらいに思ってフリーは今出せるものを全部出しきるくらいでやってもらいたい。

SP5位 ボーヤン・ジン 金博洋(中国) 89.86
彼にしか跳べない盤石の4Lzですが着氷でつまづいてセカンドとの間にターンが入ってしまいました。余裕のクワド二本。初のシニアワールドの緊張もあったのかちょっと小さくまとまった印象もあります。ジャンプ以外の要素をこれからどれだけ伸ばせるか。4Lzという最強の武器と複数の4回転、それ以外でまだまだ伸びしろがあるからこそ楽しみな選手であります。

SP6位 ミハイル・コリヤダ(ロシア) 89.66

順位選手名国名得点
1位羽生結弦jpn日本110.56
2位ハビエル・フェルナンデスespスペイン98.52
3位パトリック・チャンcanカナダ94.84
4位宇野昌磨jpn日本90.74
5位金博洋chn中国89.86
6位ミハイル・コリヤダrusロシア89.66
7位アダム・リッポンusa米国85.72
8位マックス・アーロンusa米国81.28
9位イヴァン・リギーニitaイタリア81.17
10位デニス・ヴァシリエフスlatラトビア81.07
11位ミハル・ブレジナczeチェコ79.29
12位デニス・テンkazカザフスタン78.55
13位マキシム・コフトンrusロシア78.46
14位ヨリック・ヘンドリックスbelベルギー77.72
15位ミーシャ・ジーuzbウズベキスタン77.43
16位グラント・ホッホスタインusa米国74.81
17位ブレンダン・ケリーausオーストラリア71.04
18位イ・ジュンヒョンkor韓国70.05
19位アレクセイ・ビチェンコisrイスラエル69.86
20位シャフィック・ベセイエfraフランス69.23
21位フィリップ・ハリスgbrイギリス68.53
22位ジュリアン・ジー・ジェイ・イーmasマレーシア67.60
23位マイケル・クリスチャン・マルティネスphiフィリピン66.98
24位イワン・パブロフukrウクライナ65.20
25位ハビエル・ラジャespスペイン65.06
26位閻涵chn中国62.56
27位ナム・グエンcanカナダ61.61
28位フランツ・シュトロイベルgerドイツ57.19
29位デニス・マルガリクargアルゼンチン52.31
30位スラビク・ハイラペティアンarmアルメニア49.36
実況 | スポーツナビ
Pl.  Qual.NameNationTSS
=
TES
+
PCS
+
SSTRPECHINDed.
-
StN.
1QYuzuru HANYUJPN110.5661.5249.049.899.619.939.799.820.00#29
2QJavier FERNANDEZESP98.5253.0646.469.149.189.219.509.431.00#26
3QPatrick CHANCAN94.8448.6347.219.579.329.329.509.501.00#28
4QShoma UNOJPN90.7447.1743.578.968.508.798.688.640.00#25
5QBoyang JINCHN89.8652.0837.787.757.397.687.507.460.00#23
6QMikhail KOLYADARUS89.6651.0638.607.717.467.827.797.820.00#2
7QAdam RIPPONUSA85.7243.9641.768.328.008.548.368.540.00#22
8QMax AARONUSA81.2842.9638.327.867.327.797.647.710.00#24
9QIvan RIGHINIITA81.1742.6438.537.507.397.897.758.000.00#15
10QDeniss VASILJEVSLAT81.0742.7038.377.617.507.797.687.790.00#12
11QMichal BREZINACZE79.2941.2639.037.897.617.687.967.891.00#19
12QDenis TENKAZ78.5538.4441.118.367.898.188.258.431.00#27
13QMaxim KOVTUNRUS78.4638.3540.118.147.688.118.148.040.00#30
14QJorik HENDRICKXBEL77.7241.2236.507.217.007.437.367.500.00#7
15QMisha GEUZB77.4339.9637.477.297.297.687.507.710.00#20
16QGrant HOCHSTEINUSA74.8138.6237.197.437.297.367.507.611.00#5
17QBrendan KERRYAUS71.0438.8732.176.506.216.466.546.460.00#13
18QJune Hyoung LEEKOR70.0537.9932.066.466.146.506.466.500.00#8
19QAlexei BYCHENKOISR69.8635.4035.467.256.717.187.147.181.00#16
20QChafik BESSEGHIERFRA69.2336.8132.426.716.296.466.466.500.00#14
21QPhillip HARRISGBR68.5334.5933.946.866.506.796.866.930.00#9
22QJulian Zhi Jie YEEMAS67.6035.5632.046.436.046.506.466.610.00#11
23QMichael Christian MARTINEZPHI66.9833.5533.436.716.466.796.686.790.00#17
24QIvan PAVLOVUKR65.2036.2030.006.185.756.116.075.891.00#1
25Javier RAYAESP65.0635.3431.726.296.116.366.466.502.00#10
26Han YANCHN62.5627.6535.917.437.046.867.297.291.00#18
27Nam NGUYENCAN61.6129.8032.816.716.326.506.716.571.00#21
28Franz STREUBELGER57.1930.2028.995.965.645.646.005.752.00#4
29Denis MARGALIKARG52.3124.0929.225.795.715.795.936.001.00#3
30Slavik HAYRAPETYANARM49.3623.4025.965.505.005.215.215.040.00#6

大自爆のハン・ヤンと調子の上がらないナムくんがまさかのフリー進出ならず。特にハン・ヤンには期待をしているだけに「そんなことでどうするよ?」というイライラモヤモヤが収まりません。
15位のミーシャは順位以上に心に響くプログラムを見せてくれました。ラフマニノフピアノ協奏曲第二番はこれまで数多くの選手が使用してきた曲ですが、第二楽章はスローパートで繋ぎにちょっとだけ入れる、または最初から省かれてしまうといったいらない子扱いされることが多い楽章でした。(組曲は大概第二楽章はそうなりがち。) 派手さのないしっとりとした第二楽章のみの構成で観客をひきつけ魅せられる演技をした96年・女子のルー・チェンを思い起こさせます。
怪我が治りきっていないらしいですが、昨シーズン以降スケートに対する取り組み・考え方にも変化が見られるミーシャのこれからにますます期待したいです。



男子フリー  リザルト プロトコル 最終結果

1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 314.93
公式練習で右足首を痛めて満足に練習も出来ず不安を抱えてのぞんだ演技でしたが、人間はそんなときにこそ開き直って実力以上のものを発揮できてしまうのかもしれません。パーフェクトな演技で世界選手権で300点超え!昨年の優勝ではゆづに「君が勝者だってわかってるから」と悔し泣きするゆづを慰めてたけど、今年は文句のつけようがない素晴らしい二連覇です。
同じ一門で競い合って切磋琢磨して互いに強くなっていった凄まじいまでの相乗効果。最高品質・極上の演技をありがとう。二連覇おめでとう!!

2位 羽生結弦(日本) 295.17
最初の4Sで手をついた時からここ最近の「やってやるぞ!」という気迫が薄いように感じられたのですが・・・ジャンプの軸・着氷が安定してなかったですね。今日のこの日のために一位の座を奪還するためにやってきたはずだけど、これが試合。これがフィギュアスケート。むしろ人間に戻れてよかったんじゃないの?まだまだ学ぶこと修行することはあるよっていうフィギュアスケートの神様からの試練を与えられたと思って、この悔しさからたくさんのことを学んで技術以外の面でも強さを身につけてもらいたい。何事にも動じない真の強さを。
ゆづならきっとできるから。

3位 ボーヤン・ジン 金博洋(中国) 270.99
勢いが止まらないボーヤンだったけど、世界選手権ともなるとやはり違ってきますね。いつもの安定感とキレ・スピードがなくて動きが硬かった。それでも3種類の4回転4本の構成は強いね。他の選手の点数が伸びなかったことで頂いた銅メダル、それでも世界選手権中国男子初の表彰台は立派!おめでとう。これからさらに技術表現を磨いていってください。

4位 ミハイル・コリヤダ(ロシア) 267.97
すまん謝ります、SP終わって最終グループに残った時、「このグループの中じゃキツイだろうなぁ」とか思ってましたごめんなさいごめんなさい!やっとロシアにも期待の新星が・・・あ、いやその小布団しっかりせぃという意味も含めて。決してベストとは言えなかったボーヤンの出来次第では表彰台の可能性だってあったわけですから。滑走順も最初でノープレッシャーだからこそ思い切って滑ることができたでしょう。これから大いに期待したいですね。あれ、もう21歳なのかー。

5位 パトリック・チャン(カナダ) 266.75
四大陸のパトリックどこいったんやーーーー!!!(TдT) 今日は覇気のない良くないPさんだった。多少のミスはあっても、4回転は少なくても表彰台はほぼ大丈夫だろうと思っていたけど。
なんだかんだ言ってもこの人のスケーティングは世界遺産モノなんですよ。絶対王者として君臨していた頃とは周りが変わっていってもまだここで終わってもらいたくないよ。

6位 アダム・リッポン(アメリカ) 264.44
正直メドレーってブツ切り感があってあまり好みじゃないんだけど、今日のリッポンの演技は気にならなかった!演技内容にもよるのかな。やっと決めた4Lz(ちょっと足りなかったけど)を降りた後も地元の熱狂的声援にも後押しされて最後まで勢いを切らさず滑りきりました。元祖ルッツ王子(今初めてこんな言葉使った)としては意地を見せつけてくれたってところかしらね。

7位 宇野昌磨(日本) 264.25
ハビエルの驚異的な演技と点数の興奮が収まらない中での演技スタート。勝つために3Aを後半に持ってくる構成に変えてきたけれど、4Tの軸が曲がって変な転び方をした時にどこか激しく打ったのでしょうか。悔しさと痛みといろんなものが入り混じった涙のキスクラ。
君の未来はまだまだこれからだよ!悔しさを強さに変換してみせろ!美穂子の入念にお手入れされた爪がしょーまに喰い込んでるんですが


2016 WC Men FS G2 [BBC]
Brendan KERRY AUS  Grant HOCHSTEIN USA  Misha GE UZB
Jorik HENDRICKX BEL  June Hyoung LEE  Maxim KOVTUN RUS

2016 WC Men FS G3 [BBC]
Denis TEN KAZ  Deniss VASILJEVS LAT  Max AARON USA
Michal BREZINA CZE  Ivan RIGHINI ITA  Adam RIPPON USA

2016 WC Men FS G4 [BBC]
Mikhail KOLYADA RUS  Yuzuru HANYU JPN  Boyang JIN CHN
Javier FERNANDEZ ESP  Shoma UNO JPN  Patrick CHAN CAN

 Pl.  NameNationTSS
=
TES
+
PCS
+
SSTRPECHINDed.
-
StN.
1Javier FERNANDEZESP216.41118.0598.369.619.619.9610.0010.000.00#22
2Yuzuru HANYUJPN184.6193.5992.029.299.188.969.299.291.00#20
3Boyang JINCHN181.13104.9976.147.867.257.717.617.640.00#21
4Adam RIPPONUSA178.7293.0885.648.438.188.828.648.750.00#18
5Mikhail KOLYADARUS178.3193.6784.648.548.218.508.578.500.00#19
6Shoma UNOJPN173.5187.9386.588.868.508.618.618.711.00#23
7Max AARONUSA172.8693.1679.708.327.578.217.897.860.00#15
8Patrick CHANCAN171.9179.3192.609.369.189.049.369.360.00#24
9Grant HOCHSTEINUSA162.4485.0277.427.757.437.897.827.820.00#8
10Michal BREZINACZE158.7081.1278.588.077.617.827.867.931.00#16
11Alexei BYCHENKOISR156.2182.5773.647.577.047.507.327.390.00#5
12Denis TENKAZ151.5873.8678.728.187.547.718.007.931.00#13
13Ivan RIGHINIITA147.3573.3176.047.577.467.647.647.712.00#17
14Misha GEUZB146.1072.1273.987.397.147.437.467.570.00#9
15Jorik HENDRICKXBEL143.7171.0772.647.187.117.327.257.460.00#10
16Deniss VASILJEVSLAT143.4766.9176.567.687.507.757.647.710.00#14
17Brendan KERRYAUS139.5273.9665.566.826.216.646.576.540.00#7
18Michael Christian MARTINEZPHI137.1271.8265.306.646.326.616.546.540.00#1
19Julian Zhi Jie YEEMAS135.3471.5463.806.546.006.616.366.390.00#2
20Chafik BESSEGHIERFRA133.9768.9766.006.826.186.616.716.681.00#6
21Maxim KOVTUNRUS131.6858.8274.867.647.327.187.687.612.00#12
22Phillip HARRISGBR121.8960.7562.146.365.966.116.326.321.00#4
23Ivan PAVLOVUKR113.6954.1959.506.215.795.756.045.960.00#3
24June Hyoung LEEKOR104.8344.1362.706.396.146.046.396.392.00#11
実況 | スポーツナビ
順位選手名国名得点
1位 ハビエル・フェルナンデスespスペイン314.93
2位 羽生結弦jpn日本295.17
3位 金博洋chn中国270.99
4位ミハイル・コリヤダrusロシア267.97
5位パトリック・チャンcanカナダ266.75
6位アダム・リッポンusa米国264.44
7位宇野昌磨jpn日本264.25
8位マックス・アーロンusa米国254.14
9位ミハル・ブレジナczeチェコ237.99
10位グラント・ホッホスタインusa米国237.25
11位デニス・テンkazカザフスタン230.13
12位イヴァン・リギーニitaイタリア228.52
13位アレクセイ・ビチェンコisrイスラエル226.07
14位デニス・ヴァシリエフスlatラトビア224.54
15位ミーシャ・ジーuzbウズベキスタン223.53
16位ヨリック・ヘンドリックスbelベルギー221.43
17位ブレンダン・ケリーausオーストラリア210.56
18位マキシム・コフトンrusロシア210.14
19位マイケル・クリスチャン・マルティネスphiフィリピン204.10
20位シャフィック・ベセイエfraフランス203.20
21位ジュリアン・ジー・ジェイ・イーmasマレーシア202.94
22位フィリップ・ハリスgbr英国190.42
23位イワン・パブロフukrウクライナ178.89
24位イ・ジュンヒョンkor韓国174.88

FPl.NameNationPointsSPFS
1Javier FERNANDEZ
ESP
314.9321
2Yuzuru HANYU
JPN
295.1712
3Boyang JIN
CHN
270.9953
4Mikhail KOLYADA
RUS
267.9765
5Patrick CHAN
CAN
266.7538
6Adam RIPPON
USA
264.4474
7Shoma UNO
JPN
264.2546
8Max AARON
USA
254.1487
9Michal BREZINA
CZE
237.991110
10Grant HOCHSTEIN
USA
237.25169
11Denis TEN
KAZ
230.131212
12Ivan RIGHINI
ITA
228.52913
13Alexei BYCHENKO
ISR
226.071911
14Deniss VASILJEVS
LAT
224.541016
15Misha GE
UZB
223.531514
16Jorik HENDRICKX
BEL
221.431415
17Brendan KERRY
AUS
210.561717
18Maxim KOVTUN
RUS
210.141321
19Michael Christian MARTINEZ
PHI
204.102318
20Chafik BESSEGHIER
FRA
203.202020
21Julian Zhi Jie YEE
MAS
202.942219
22Phillip HARRIS
GBR
190.422122
23Ivan PAVLOV
UKR
178.892423
24June Hyoung LEE
KOR
174.881824
Javier RAYA
ESP
FNR25
Han YAN
CHN
FNR26
Nam NGUYEN
CAN
FNR27
Franz STREUBEL
GER
FNR28
Denis MARGALIK
ARG
FNR29
Slavik HAYRAPETYAN
ARM
FNR30

ゆづとテンくんのあれこれに関しては別記事で続報も含めて書いていくことにします。
そのテンくんですが、怪我を抱えながらシーズン最後に攻めの構成の新プログラムを滑りました。シーズンを通して滑り込んだプログラムではないので彼本来の出来とは程遠かったですし、今回の問題もやはりメンタルに影響はあったでしょう。
リッポンのところでも書きましたが、リッポンやアーロンは地元の大声援を力に変えて素晴らしい演技を見せてくれました。心にジーンと染みる演技の二人に敢闘賞をあげたいです。

男子フリーの試合後半でリンクの一部、ジャッジ席前辺りが黒く見えるのが気になっていたらどんどん氷が溶けて水たまりになっていきました。この会場で大会が開催されるのは前から決まっていたことだし、アイスホッケー仕様のリンクを今狭いと言っても仕方がないけれど、製氷コンディションは運営側の責任が問われます。
選手はこのシーズン集大成の大事な大会に照準を合わせ皆必死で戦っています。その環境を整える側がこれでは非常にいただけない。
やり直し・滑り直しなんて出来ないんです。しっかりしてくださいよ!!!

補足
会場の空調の問題が大きかったようですね。5℃だった会場の温度が17℃にまで上がればそりゃあ溶け出してもおかしくないし、ゆづに関しては長袖手袋衣装での演技は体力をいつも以上に消耗させてしまったのかもしれません。

男子表彰式


ボストンから帰ってきました。 - 田村岳斗 -華麗なる舞- | J SPORTS http://www.jsports.co.jp/skate/yamato/fs1516/post-197/ヤーマートーwwwちゃっかり話題の二人の間に入る人。腰屈めて写真に収まるのが子供と一緒に写る時みたい。

みどりの森の回転木馬さんの投稿 2016年4月7日






0 件のコメント :
コメントを投稿

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...