2016-04-01

2016年 ボストン世界選手権 女子日記帳

 

これから2016年世界選手権をそれぞれ増殖記事にしていきます。
アイスダンス/ペア 男子 女子 エキシビション 

 タイムスケジュール│figure skating memo
 オンラインリザルト
 世界選手権 日程・結果|フィギュアスケート|スポーツナビ
 2016 ISU World Figure Skating Championships®
 ISU World Figure Skating Championships - ISU 
 大会情報|キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ
 ISU Figure Skating Facebook Twitter Instagram
 ISU Figure Skating Instagram Page
 Eurovision Sports Live
 世界フィギュアスケート選手権2016 - フジテレビ
 【公式】フジテレビスケート(@online_on_ice) | Twitter

※ 動画はここに全部は貼り付けられないので選手名にリンクさせてあります。



女子


女子SP  リザルト プロトコル

SP1位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 76.43
この前の四大陸選手権でのSPで大自爆だったのが嘘のような会心の演技、地元観客の大声援にも後押しされてのSPトップ。いやー、正直ここまでの演技と順位と点数は予想できなかったですね。彼女はいい時と悪い時の差が激しくてムラがある印象ですが、この勢いをフリーまで繋げられるか。ところでこのSPのメイク、どう思う?

SP2位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 73.98
超ハイレベルなロシア女子勢の中では頑張って食らいついているけどいつも3番手くらいに甘んじていた彼女が、今日は大舞台で迫力かつしなやかな演技でこれまた予想を裏切るハイスコアでのSP2位という順位につけました。これだけの演技をしてもほとんど笑わずに実にクールです。素敵です。NHK杯での痛々しいSPで泣いてた選手がたった数ヶ月でこれですもん。だからフィギュアスケートって面白いの。

SP3位 エフゲーニャ・メドベデワ(ロシア) 73.76
今一番波に乗っている優勝候補筆頭の選手メドベデワでしたが、ちょっといつもよりは慎重で固い印象。タノジャンプの多用にどうしても目が行きがちですが、全体を通して柔らかい滑りがいいですね。

SP4位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 73.16
ここ数年で一番のSPだったんじゃないかな。この年令にして今が最も技術表現共に熟した感じ。無理にドヤ顔するんじゃなくて自然と音楽に体が動いて観客と一体になれた演技。素晴らしかったです。

SP5位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 71.70
この一年二年で身長がグングン伸びて今成長期真っ盛り。バランス感覚も随分変わってきてると思うのですが、技術を落とさずにこれだけ滑れているのは凄いことです。牙が生えていた頃は子供っぽさを全面に押し出していたのにすっかりレディになっちゃってまぁ。

SP6位 宮原知子(日本) 70.72
いつの間にかミスパーフェクトなんて呼ばれるようになって、今回もミスなくしっかりまとめたように見えたのですが思ったほどには点数が伸びず。最後の3Fで回転不足を取られたのが少し順位を落とすことになってしまいましたが、6位といっても上位陣はそれほど点数差はないので(上位6人70点台って!!)、フリーはいつも通りのさとこちゃんで気負うことなく頑張ってもらいたい!きっといける!!

SP7位 本郷理華(日本) 69.89
スピーディ・パワフル・ダイナミック。これを体現できる数少ない女子選手リカホンゴー。かっこいいわぁ。ただ、ベストの演技が出来ても今はまだトップレベルまでには及ばないのが現状。オリジナリティを追求しつつまだまだ進化し続けてほしい。期待してるよ!

SP9位 浅田真央(日本) 65.87
練習では3Aをバンバン決めていたという報道だったのですが、やはり試合の中で跳ぶとなるとまた別。3F-3Loも確実に跳べる3-2に変更、最後の3Loは軸が曲がってしまいました。確実にこなせる構成だったはずだけど、全日本選手権から3ヶ月でまだ完全には狂った歯車を戻せてないよう。今は追われる立場ではなく追う立場。ソチ五輪シーズン、集大成だと言っていた気持ちを、復帰したばかりの頃の気持ちを今一度思い出して25歳の今だから表現できるものを見せてもらいたい。

順位選手名国名得点
1位グレイシー・ゴールドusa米国76.43
2位アンナ・ポゴリラヤrusロシア73.98
3位エフゲーニャ・メドベデワrusロシア73.76
4位アシュリー・ワグナーusa米国73.16
5位エレーナ・ラジオノワrusロシア71.70
6位宮原知子jpn日本70.72
7位本郷理華jpn日本69.89
8位ガブリエル・デールマンcanカナダ67.38
9位浅田真央jpn日本65.87
10位長洲未来usa米国65.74
11位李子君chn中国65.39
12位エリザベート・トゥルシンバエワkazカザフスタン61.63
13位ロベルタ・ロデギエーロitaイタリア57.90
14位エイミー・リンtpe台湾57.50
15位ニコル・ラジコワsvkスロバキア56.56
16位チェ・ダビンkor韓国56.02
17位アレイン・チャートランドcanカナダ55.67
18位アンゲリーナ・クチバルスカlatラトビア54.78
19位アンナ・フニチェンコワukrウクライナ53.86
20位アナスタシヤ・ガルスチャンarmアルメニア53.24
21位趙子センchn中国52.80
22位パク・ソヨンkor韓国52.27
23位ヴィヴェカ・リンドフォースfinフィンランド50.18
24位ニキ・ヴォリーズnedオランダ49.86
25位マエ・ベレニス・メイテfraフランス49.50
26位アンネ・リネ・ヤシェムnorノルウェー49.39
27位カイラニ・クレインausオーストラリア48.86
28位トース・イヴェットhunハンガリー47.92
29位エリシュカ・ブレジノバczeチェコ47.75
30位ジョシ・ヘルゲションsweスウェーデン47.67
31位ローリン・レカヴェリエfraフランス46.92
32位ケルシュティン・フランクautオーストリア46.77
33位アレキサンドラ・ゴロフキナltuリトアニア44.58
34位ヤスミン・キミコ・ヤマダsuiスイス43.65
35位ナタリー・ヴァインツィアールgerドイツ43.25
36位クリスティン・スポウルgbr英国42.64
37位ソニア・ラフエンテespスペイン39.99
38位ダーシャ・ゲルムsloスロベニア37.95
実況 | スポーツナビ
Pl.  Qual.NameNationTSS
=
TES
+
PCS
+
SSTRPECHINDed.
-
StN.
1QGracie GOLDUSA76.4340.5135.928.828.829.049.009.210.00#37
2QAnna POGORILAYARUS73.9839.7734.218.548.328.618.618.680.00#38
3QEvgenia MEDVEDEVARUS73.7639.9333.838.398.328.438.578.570.00#33
4QAshley WAGNERUSA73.1638.4334.738.438.468.938.718.890.00#31
5QElena RADIONOVARUS71.7038.2933.418.328.118.438.368.540.00#34
6QSatoko MIYAHARAJPN70.7237.2133.518.258.218.468.468.500.00#36
7QRika HONGOJPN69.8938.2931.607.867.687.898.008.070.00#35
8QGabrielle DALEMANCAN67.3837.4629.927.367.297.617.507.640.00#28
9QMao ASADAJPN65.8733.2732.608.217.898.118.118.430.00#30
10QMirai NAGASUUSA65.7434.7331.017.797.547.867.717.860.00#29
11QZijun LICHN65.3937.2228.177.076.827.216.967.140.00#20
12QElizabet TURSYNBAEVAKAZ61.6335.0926.546.616.436.826.646.680.00#25
13QRoberta RODEGHIEROITA57.9031.1426.766.896.576.686.646.680.00#32
14QAmy LINTPE57.5032.7224.786.255.866.366.186.320.00#17
15QNicole RAJICOVASVK56.5630.5626.006.686.366.546.436.500.00#24
16QDa Bin CHOIKOR56.0234.4821.545.575.045.465.435.430.00#2
17QAlaine CHARTRANDCAN55.6729.8726.806.866.686.436.826.711.00#22
18QAngelina KUCHVALSKALAT54.7829.3226.466.716.466.686.616.611.00#27
19QAnna KHNYCHENKOVAUKR53.8632.2921.575.715.115.505.435.210.00#13
20QAnastasia GALUSTYANARM53.2429.6123.636.075.795.935.935.820.00#21
21QZiquan ZHAOCHN52.8032.4120.395.394.935.185.114.890.00#5
22QSo Youn PARKKOR52.2727.0425.236.466.186.366.296.250.00#23
23QViveca LINDFORSFIN50.1828.7321.455.645.215.365.395.210.00#9
24QNiki WORIESNED49.8627.6722.195.465.435.715.505.640.00#19
25Mae Berenice MEITEFRA49.5026.8722.635.795.325.685.685.820.00#6
26Anne Line GJERSEMNOR49.3927.8221.575.435.185.615.365.390.00#8
27Kailani CRAINEAUS48.8625.6923.175.895.505.965.795.820.00#10
28Ivett TOTHHUN47.9225.5622.365.755.365.615.615.610.00#15
29Eliska BREZINOVACZE47.7526.6021.155.575.115.255.325.180.00#16
30Joshi HELGESSONSWE47.6723.6425.036.326.046.186.296.461.00#26
31Laurine LECAVELIERFRA46.9224.8022.125.755.215.615.505.570.00#3
32Kerstin FRANKAUT46.7726.8619.915.214.645.045.074.930.00#7
33Aleksandra GOLOVKINALTU44.5823.7821.805.615.255.435.395.571.00#11
34Yasmine Kimiko YAMADASUI43.6523.9119.745.074.685.074.964.890.00#4
35Nathalie WEINZIERLGER43.2522.3421.915.685.255.435.545.501.00#14
36Kristen SPOURSGBR42.6424.1019.545.044.614.964.934.891.00#1
37Sonia LAFUENTEESP39.9920.5320.465.214.895.255.115.111.00#12
38Dasa GRMSLO37.9519.3520.605.294.865.255.185.182.00#18

ポリーナ・エドモンズの大会直前の出場取りやめによる急遽出場となったミライちゃんは調整する間もなく大変だったかと思いますが、男子のミーシャのような順位に関係なく強く印象に残る演技を見せてくれました。
なんと6年ぶりの世界選手権。バンクーバー五輪の後の。もうそんなになるんですね。その間に紆余曲折辛いことも多かったですが、それらの経験が演技に集約されていたように感じました。
フランスのマエちゃんフリー進出ならず。残念・・・


女子フリー  リザルト プロトコル 最終結果

1位 エフゲーニャ・メドベデワ(ロシア) 223.86
もう何年もシニアの上位で滑っているような落ち着き。あんまり彼女のタノジャンプが多すぎるので数えてみました。このフリーだけで7回です。3連続で全部手上げてます。「最後のジャンプも手を上げました!」(西岡アナ)、ってわかりやすいけど凄いって意味に聞こえないんだけどw それがいかに難しいことをやっていて加点が付いてもやり過ぎ感でお腹いっぱいではありますけど個人の好みの問題ってことで。この年齢で音を掴んで表現するのはうまいですよね。堂々とした落ち着き払った演技でなんとフリー世界記録更新の150.10!おそろしあ!



フィギュア女子メドヴェージェワ選手、日本語で詩を朗誦http://sptnkne.ws/aX5f
Sputnik 日本さんの投稿 2016年4月4日


ニホンゴヲヒロウシマス、ってセーラームーンは反則よw これから何度優勝を重ねていくのだろうか。ごめんね素直じゃなくて。優勝おめでとう。セーラームーンのフィギュアスケートの回置いときますね。

http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=songokuu12&prgid=44072825「みんなの愛する冬の花、フィギュアスケートを武器にして罪のない女の子いたぶるなんて、ぜ~ったい許せない!私の大好きなカタリナ・ヴィットさんと伊藤みどりさんに代わってこのセーラームーンがおしおきしちゃうかんね!」
みどりの森の回転木馬さんの投稿 2016年4月3日


2位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 215.39
24歳になったThe almost girlにようやく訪れた栄光。プレッシャーもあっただろうに地元の大歓声を大きな力に変えてこれだけの演技をやってのけたアシュリーにあっぱれだ!!数年前飛躍したブラックスワンやサムソンとデリラの頃とはまた違う経験値が付加された成熟の演技で立派な銀メダル。アメリカ女子の実に10年ぶりのメダルでもありました。おめでとう!
このブログを開設したのもアシュリーがきっかけのひとつだったので、あれから6年弱の間にたくましく立派に成長したものだと感無量の思いであります。

3位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 213.69
ポゴ子がついに覚醒!ロシア女子勢の中では身長も高くて見栄えがするもののこれまでどこか気弱そうな部分を拭いきれなかったのが、やっと持て余していた能力をこの大舞台で発揮できてSP・フリー共に揃えての堂々の銅メダル!ダイナミックなシェヘラザードでした。おめでとう!

4位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 211.29
うーん、フリーは少しミスが目立ってしまいましたが、それでもSPトップの貯金で4位。もう一歩で表彰台には手が届きませんでした。火の鳥は難しいプログラムだよねぇ。

5位 宮原知子(日本) 210.61
メドベデワの高得点の興奮がまだ場内に残る中での演技にも動じず、落ち着いて大きなミスは何もなくほぼ完璧に演じて表彰台はまず大丈夫かと思ったのですが、思ったほどには点数が伸びなかったですね。この後に滑った選手たちがいつも以上の演技をしてハイレベルな争いの中での僅差の5位という結果。ここまで安定して滑ることができるようになった今シーズンの成長に自信を持って、これからさらに足りない部分を磨いていってもらいたい。より高得点を狙える構成、尚且つどこか要所で強く印象に残るものがこれから求められるかな。
心が洗われるような美しい演技でした。私の中では表彰台。

6位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 209.81
この衣装がなぜタイタニックのイメージなんだろう。ジャンプはひとつひとつを慎重に跳んでいて、その分演技全体の流れ・まとまりに欠けたのが点数が(他選手ほどには)伸びなかったのかな。

7位 浅田真央(日本) 200.30
不思議な力を持ってますよね。ソチ五輪大失敗の後のフリー演技を思い起こさせるような。どん底まで追い込まれた時になぜここまでの演技が出来てしまうのだろう。反面、SPとフリー両方揃えることの難しさもまた感じるけれど。
ソチ五輪フリーも細かいことを言えば回転不足やエッジエラーもあったし、今回も不安のあったルッツはeのダブルだったりとか細かい部分でいろいろあるけれど、平たく簡潔に言えば「心に残る演技」を要所要所でできてしまう選手なんだよなぁ。不思議だ。
正直今大会でアマチュアとしては見納めになるのを覚悟していたけれど、本人の口から続投宣言が出たようです。後二年というよりは一年一年、一試合一試合になってくる。これからがさらに厳しい茨の道だと思うけれど、決めたからには納得がいくところまでやっていってもらいたい。シーズン終わりにやっとやっと安堵の表情。

8位 本郷理華(日本) 199.15
地元の大歓声と手拍子に乗せられて、って地元じゃないけどアメリカ人リバーダンス好きだよねぇアイリッシュじゃないけど。観客を自然と味方につけて引き付けるものが彼女に備わっているんだよねぇ。なんだよ、200点くれよ審判!二度目の世界選手権は順位以上に収穫のあった大会になったことでしょう。


2016 WC Ladies FS G3 [BBC]
Mirai NAGASU USA  Mao ASADA JPN  Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
Rika HONGO JPN  Zijun LI CHN  Gabrielle DALEMAN CAN

2016 WC Ladies FS G4 [BBC]
Elena RADIONOVA RUS  Evgenia MEDVEDEVA RUS  Satoko MIYAHARA JPN
Anna POGORILAYA RUS  Gracie GOLD USA  Ashley WAGNER USA


Pl.  NameNationTSS
=
TES
+
PCS
+
SSTRPECHINDed.
-
StN.
1Evgenia MEDVEDEVARUS150.1077.7672.348.898.799.219.049.290.00#20
2Ashley WAGNERUSA142.2368.4573.789.078.869.369.329.500.00#24
3Satoko MIYAHARAJPN139.8973.5466.358.188.008.398.368.540.00#21
4Anna POGORILAYARUS139.7171.6068.118.578.188.578.548.710.00#22
5Elena RADIONOVARUS138.1170.1767.948.508.258.578.468.680.00#19
6Gracie GOLDUSA134.8666.0169.858.618.438.868.868.891.00#23
7Mao ASADAJPN134.4365.1369.308.548.398.798.648.960.00#14
8Rika HONGOJPN129.2665.6663.607.937.647.868.008.320.00#16
9Gabrielle DALEMANCAN128.3065.1563.158.047.577.967.868.040.00#18
10Elizabet TURSYNBAEVAKAZ121.9967.3955.607.076.717.006.937.041.00#15
11Mirai NAGASUUSA120.9160.9759.947.577.217.507.507.680.00#13
12Zijun LICHN119.1359.4059.737.617.187.547.467.540.00#17
13Nicole RAJICOVASVK116.4961.8754.626.936.397.006.757.070.00#8
14Angelina KUCHVALSKALAT104.2152.5551.666.576.186.546.436.570.00#11
15Da Bin CHOIKOR103.9057.6646.246.115.545.755.755.750.00#10
16Viveca LINDFORSFIN102.7557.0845.676.005.435.795.615.710.00#1
17Alaine CHARTRANDCAN102.1550.4352.726.866.436.436.616.611.00#7
18So Youn PARKKOR101.9753.2748.706.115.866.146.116.210.00#3
19Roberta RODEGHIEROITA100.5149.8850.636.466.076.366.326.430.00#12
20Anna KHNYCHENKOVAUKR100.1657.6043.565.685.185.505.435.431.00#6
21Niki WORIESNED91.0147.8944.125.545.295.575.505.681.00#4
22Amy LINTPE89.0542.8248.236.325.795.796.076.182.00#9
23Ziquan ZHAOCHN86.8744.7042.175.504.865.325.295.390.00#2
24Anastasia GALUSTYANARM82.8340.3043.535.685.255.395.395.501.00#5
実況 | スポーツナビ
順位選手名国名得点
1位 エフゲーニャ・メドベデワrusロシア223.86
2位 アシュリー・ワグナーusa米国215.39
3位 アンナ・ポゴリラヤrusロシア213.69
4位グレイシー・ゴールドusa米国211.29
5位宮原知子jpn日本210.61
6位エレーナ・ラジオノワrusロシア209.81
7位浅田真央jpn日本200.30
8位本郷理華jpn日本199.15
9位ガブリエル・デールマンcanカナダ195.68
10位長洲未来usa米国186.65
11位李子君chn中国184.52
12位エリザベート・トゥルシンバエワkazカザフスタン183.62
13位ニコル・ラジコワsvkスロバキア173.05
14位チェ・ダビンkor韓国159.92
15位アンゲリーナ・クチバルスカlatラトビア158.99
16位ロベルタ・ロデギエーロitaイタリア158.41
17位アレイン・チャートランドcanカナダ157.82
18位パク・ソヨンkor韓国154.24
19位アンナ・フニチェンコワukrウクライナ154.02
20位ヴィヴェカ・リンドフォースfinフィンランド152.93
21位エイミー・リンtpe台湾146.55
22位ニキ・ヴォリーズnedオランダ140.87
23位趙子センchn中国139.67
24位アナスタシヤ・ガルスチャンarmアルメニア136.07

FPl.NameNationPointsSPFS
1Evgenia MEDVEDEVA
RUS
223.8631
2Ashley WAGNER
USA
215.3942
3Anna POGORILAYA
RUS
213.6924
4Gracie GOLD
USA
211.2916
5Satoko MIYAHARA
JPN
210.6163
6Elena RADIONOVA
RUS
209.8155
7Mao ASADA
JPN
200.3097
8Rika HONGO
JPN
199.1578
9Gabrielle DALEMAN
CAN
195.6889
10Mirai NAGASU
USA
186.651011
11Zijun LI
CHN
184.521112
12Elizabet TURSYNBAEVA
KAZ
183.621210
13Nicole RAJICOVA
SVK
173.051513
14Da Bin CHOI
KOR
159.921615
15Angelina KUCHVALSKA
LAT
158.991814
16Roberta RODEGHIERO
ITA
158.411319
17Alaine CHARTRAND
CAN
157.821717
18So Youn PARK
KOR
154.242218
19Anna KHNYCHENKOVA
UKR
154.021920
20Viveca LINDFORS
FIN
152.932316
21Amy LIN
TPE
146.551422
22Niki WORIES
NED
140.872421
23Ziquan ZHAO
CHN
139.672123
24Anastasia GALUSTYAN
ARM
136.072024
Mae Berenice MEITE
FRA
FNR25
Anne Line GJERSEM
NOR
FNR26
Kailani CRAINE
AUS
FNR27
Ivett TOTH
HUN
FNR28
Eliska BREZINOVA
CZE
FNR29
Joshi HELGESSON
SWE
FNR30
Laurine LECAVELIER
FRA
FNR31
Kerstin FRANK
AUT
FNR32
Aleksandra GOLOVKINA
LTU
FNR33
Yasmine Kimiko YAMADA
SUI
FNR34
Nathalie WEINZIERL
GER
FNR35
Kristen SPOURS
GBR
FNR36
Sonia LAFUENTE
ESP
FNR37
Dasa GRM
SLO
FNR38


女子表彰式







昨年の女王トゥクタミシェワでさえ出られないくらいの国内の群雄割拠を勝ち抜いてきただけあってロシア勢はさすがに強いですね。ジュニア世代が順調に育っていけばロシア勢独占状態がこれから何年も続くのではないかと言われてきましたが、この勢いはまだまだ続いていきそうです。
そんな中に割って入ったアメリカ女子10年ぶりのメダルをもたらしたアシュリーの演技は賞賛されるべきですし、日本勢も順位こそ最高が5位とはいえ上位は僅差の争いで今後に繋がるものでした。

ちなみに昨年と今年の180点以上の選手の成績です。

2015年上海世界選手権
順位名前ショート
プログラム
フリー
スケーティング
合計
1エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)77.62132.74210.36
2宮原 知子(日本)67.02126.58193.60
3エレーナ・ラジオノワ(ロシア)69.51121.96191.47
4グレイシー・ゴールド(アメリカ)60.73128.23188.96
5アシュリー・ワグナー(アメリカ)57.81127.20185.01
6本郷 理華(日本)62.17122.41184.58

2016年ボストン世界選手権
順位名前ショート
プログラム
フリー
スケーティング
合計
1エフゲニア・メドベデワ(ロシア)73.76150.10223.86
2アシュリー・ワグナー(アメリカ)73.16142.23215.39
3アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)73.98139.71213.69
4グレイシー・ゴールド(アメリカ)76.43134.86211.29
5宮原 知子(日本)70.72139.89210.61
6エレーナ・ラジオノワ(ロシア)71.70138.11209.81
7浅田 真央(日本)65.87134.43200.30
8本郷 理華(日本)69.89129.26199.15
9ガブリエル・デールマン(カナダ)67.38128.30195.68
10長洲 未来(アメリカ)65.74120.91186.65
11李子君(中国)65.39119.13184.52
12エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)61.63121.99183.62

昨年銀メダルの宮原知子選手に注目して見ていくと、今年5位だった210.61は昨年3Aを決めて優勝したトゥクタミシェワの210.36を上回っています。
こうやって並べて見てみると今年がいかにハイレベルな争いであったかがわかりますね。
これからシニアに上がってくる選手が加われば上位の顔ぶれはさらに変わってくるでしょう。来年、再来年と平昌五輪の頃にはどこまで行っているのだろう。



【フィギュア】真央、来季も世界最高難度に挑戦 : スポーツ報知http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20160409-OHT1T50231.html真央、決意のオフ封印「状態キープしながらレベルアッ...
みどりの森の回転木馬さんの投稿 2016年4月10日


「日本女子、11年ぶりにメダルを逃す」「日本女子惨敗」
なんですって。マスコミが言うには。
「真央以降の若手が育ってないけど本田真凛ちゃんがこれからの期待」
なんですって。真凛ちゃんが期待されてるのは認めますけど、マスコミはいわゆる「真央二世」ってやつを求めてるだけでしょ?絵になる選手的なものを。

この11年を当たり前だなんて思ってるんじゃないよ。この11年、真央一人だけでメダルを獲ってきたとでも思ってるの?
今大会、女子の報道は見事に真央一色だった。いつものことだからしょうがないとは思いながらも、あまりにも中身を伴わないうわべだけのイメージによる決め付け報道はいかがなものか。

日本人はいつの時代もメダル基地外。そのくせ中身なんてなーんにも見ちゃいない。



0 件のコメント :
コメントを投稿

新しい記事 以前の記事
  
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...